セブ島留学の魅力

セブ島の経済

観光業だけでない、セブ島の経済の魅力

 フィリピンでは、ここ10年経済が安定しており、毎年平均6%以上の経済成長率を見せています。2010年からベニグノ・アキノ新政権が発足し、経済の期待も依然よりも盛り上がりを見せています。

フィリピン経済成長率推移グラフ

 GDP(国内総生産)が国力を計る確かな数字とは言えませんが、2013年度データを見ると日本の4兆9015億ドル(約500兆円)に比べると、フィリピンは2720億ドル(約27兆円)と日本の約20分の1ぐらいの規模と言えるでしょう。発展途上国の面もあれば、都心部は外資系の影響もあり非常に栄えてます。ここ数年で欧米型の巨大モールが都心部を中心に多く見られます。

 近年の経済の急激な成長は主に、海外出稼ぎ労働者とコールセンターを主軸としたビジネスアウトソーシング(BPO)が牽引しています。フィリピンでは、国民の約10%の1000万人が国外で働いていて、海外からの送金は2013年2兆3230億円にもなります。コールセンター部門も2011年にインドを抜き世界1位になり、売上も5000億円を越しました。

 ここセブ島は、フィリピンの中部地区の中では1番の盛り上がりを見せており、他の島が農業で生計を建ててる中、観光業を中心に盛り上がりを見せています。他に家具やギター産業も目立ちますが、ここ数年で情報通信・ソフトウェア業界が大きく成長しています。国が率先して外資系企業を誘致しており欧米などの企業の投資も増えています。他の島よりも安全でインフラも整っていることから、日本・韓国系の語学学校も盛り上がりを見せているます。

 まだまだ、人口の増加と若い世代が多いことから世界から投資の対象としてみられ、スタンダード&プアーズ(米国格付会社)など投資国としての格付けをしております。近年の急激な成長を感じることができる国の一つなので、セブ島に来たらぜひその空気を感じてみてください。

セブ・マクタン島の工業団地「MEPZ」 ビジネス特区「セブ ITパーク」 大型ショッピングモール「アヤラ」の周辺風景 建設ラッシュに沸くセブ市中心部

ご相談のお時間が取れない方や、まずはお一人で検討したい方へセブ留学検討に役立つ資料をご用意しております。(無料)

資料請求へ

セブ島留学のコンシェルジュが対応致します。
あなたのご要望やお悩みをお気軽にご相談ください。

留学相談へ

セブ留学"まるわかり"セミナーでは、ネットや雑誌では分からない最新情報をお伝えします。

■会場
東京池袋・大阪梅田

※東京池袋・大阪梅田セミナーに参加できない方へ
Skypeからセブ島留学セミナーに参加でますので、ぜひご参加ください!

セミナー申し込みへ

お電話でのご相談・お問い合わせ先

セブ島について セブ島で遊ぶ セブ島の美味しいもの キレイになる ショッピング セブ島のホテル ナイトスポット セブ島語学学校NILS公式facebook 長期留学プログラム
失敗しないセブ島留学入門 セブ留学“まるわかり”セミナー
会場 東京池袋・大阪梅田

セミナーご予約はこちら

※前日にお申込みの際は、メールではなく直接お電話にてご連絡ください。

上記日程が合わない方、遠方の方は個別相談も可能です。
何でもお気軽にご相談ください。

無料留学相談はこちら

工場見学 スタッフ募集
MENU
コース一覧
メールマガジン配信中 資料請求はこちら
NILS BLOG マブハイNILS

フィリピン政府公式認定語学学校現地法人 NILS
(Newtype International Language School)

提携代理店:
JICC (Japan Intertrade Callcenter Corporation)
ジャパンインタートレード コールセンター コーポレーション
TEL:03-4455-7714

ページトップへ