留学生の声

1年間のセブ島留学の最後にはTOEIC、TOEFLなり形に残せるものにチャレンジしたい。
そうすれば「100%充実した留学だった」と言えると思う。

名 前:
松澤 英夫さん
年 齢:
22歳
プラン:
インターンシップ留学(24週間~)
寮タイプ:
3人部屋
留学期間:
2015年5月から現在8ヵ月目
  

セブ島留学に至ったきっかけを教えてください。

英語を勉強したかった、ということもあるのですが友達がこの学校を紹介してくれたというのが一番大きいです。 僕の友達もインターンをNILSでやっていて、その子は営業チームでインターンしていたんですが、相談したらNILSがいいんじゃないか?と。
同じ大学の友達ですか?
はい、そうです。

こちらにいらっしゃった当時の英語レベルは?

日常会話程度なら聞き取れる、ただしそれの反応は出来ないという感じですね。

インターンのお仕事内容はどんなものですか?

教室のスケジューラーとして、先生と生徒のスケジュールを決めています。

仕事と勉強の両立は大変だと思いますが・・・。
そうですね、それが一番大変です。仕事が終わったらちゃんと勉強のスイッチに切り替えるところが一番難しいところです。
セブ島に来てどのくらいになるんですか?
もう8ヵ月になります。
来た時と今のレベルはどのくらい変わりましたか?
来たときは挨拶くらいしかできませんでした。今は日常会話であれば自信を持ってしゃべることができます。
NILSのインターン留学に実際に来てみて感じたギャップはありますか?
想像以上に仕事が大変だなと感じました。それはまだ僕が学生なので社会に出て働いた経験がないということもありますが、今は社会人経験を積んでいるという感じです。

NILSの満足度について教えてください。

残りあと1ヵ月とちょっとですが今のところは仕事も勉強も充実しています。 ちょっと欲を言えば勉強のほうにもっと少し力を入れて、最後はTOEIC、TOEFLなり形に残せるものがあれば100%充実したものになるのかなと思います。

それをしていくにあたって、先生の指導や環境はどうですか?
いまベストの状態です!!
授業にはちゃんと出られていますか? 以前は仕事の都合上難しいときもありましたが今はちゃんと上司の方が授業に出るよう取り計らってくれているので改善されました。

寮生活はどうですか?イメージ通りでしたか?
学校提携の寮の3人部屋なんですが、みなさん良い方たちばかりでご飯をくれたり、気をつかってくれたり、人数が多いのもいいなと感じました。 実は日本にいる時は1人部屋申し込もうと思ったのですが、インターンシップは基本的に3人部屋なので仕方なかったですね(笑) 元々、大学1年2年のときに大学の寮に住んでいたので、共同生活にも慣れていましたし抵抗もなかったです。
そんな僕でもやはり最初はほんの少しだけ抵抗はありましたが、あったのは最初の1~2週間くらいですね。そのあとはルームメイトと一緒に遊びにいったり、先生とも一緒に出掛ける機会も多かったです。そこで友好関係を築けたりしました。

ご自身の学習方法について教えてください。

先生たちが良く言うのは日本人は理解していなくてもうんうんとうなずいて、わかった分かったとなってしまうので、僕の場合はなにか分からないことがあれば必ず聞くようにしています。時間があればノートに書きとって、あとでちゃんと調べるようにしています。

平日~休日、プライベートの過ごし方を教えてください。

自主学習の時間はどれくらいですか?
一日3時間~4時間ですね。平日は仕事が7:30から始まって、授業が終わるのが7時になるので、少なくとも2~3時間は勉強するように心がけています。もし出来なかったら休日に繰り越すようにしています。
土日はもっと多いですね!朝の8時~午後1時くらいまでは勉強時間に充てています。
2時からは先生とご飯にいったり、モールに出かけたりして、実用的な英語も使うように心がけています。
何かそこから学ぶことはありますか?
授業はもちろん大切ですが実際に使いたいという単語を使う機会でもあるのでこういう外に出て使う機会も重視しています。
フリートーキングや、お店で使うとっさの一言だったりとか?
そうですね、そっちの方が絶対使うと思うので。

この留学で最も力を注いだことを教えてください。

一番の目的はやはり英語力の向上ですが、インターンをやらせてもらっているので社会に出る前の社会人経験を積ませてもらっています。
元々の目的は英語力の向上なのでそこは必ずやるようにしてそれに合わせて社会人経験も勉強させてもらってます。

セブ島での留学の成果はどのくらい?

前までは先生が話すたびに、辞書が欠かせなかったのですが最近はほぼ必要なくなりました。なので、日常会話なら先生とでも知らない人とでも自信を持って出来るようになりました。ですが僕の知らない単語を先生が突然言ってきたりとかしたときは必ず聞き返すようにしたり、その単語の意味を聞いたりして、自分のボキャブラリーを最大限に使って、トライするように心がけてます。もちろん辞書無しで! ただしそのあと必ず辞書でチェックするようにしています。

今後の目標を教えてください。

もちろん英語を使った職業、使える環境に身を置く職業につきたいなと考えているのでチャレンジしてみようと思います。

では最後に、セブ島留学を検討している方へアドバイスをお願いします。

必ず英語の勉強は日本にいる時からしておいた方がいいですね。
僕もですが、安易な考えで、セブに来れば英語が勉強できると考えていましたがそれは大きな間違いで、日本でも絶対に自学習の時間は必要で、そういった基礎や習慣を築いてからこちらに来た方が絶対に伸び率は上がると思います。ゼロから1,2,3を築くよりは1持っているほうが強いのかなと感じます。
1から10作って、11,12作った方が卒業する時にはああ英語力のびたなと実感できると思うので、まずは日本にいる時から勉強をしておくべきだと思います。

もう一つは「なぜセブにいるのか」ということをもう一度考えてみてほしいですね。
なぜ、フィリピンなのか?なぜネイティブのいるアメリカやオーストラリアではないのか?ということをもう一度考えてほしいです。 ここは自分が少しだけ後悔しているところでもあります(笑) セブに来たことは後悔していませんが、例えば僕が今アメリカやイギリスにいたらもう少し違っていたのかな、と感じることはあります。
なぜなら今の僕の目標がネイティブスピーカーと自信をもって話すという事なので、もっと話す機会は多かったのかな・・・と思いました。 もちろんレストランなどにはネイティブの方たくさんいらっしゃるので、自分がやりたければどんどん話しかけていけるのではないかと思います。
日本で出来る勉強法はなにかありますか?
リスニングに関してはBBCワールドニュース、CNNステューデンツニュース、他youtubeなどでも有名な学習教材ありますし、スピーキングに関してはskypeレッスンを取ってもいいでしょうし、参考書1冊決めたものがあるのならやり通すのもいいと思います。
なるほど、日本で準備をしっかりしてくればその分次のステップへ進むのも速くなりそうですね!
本日はありがとうございました!

カスタマイズ事例のご紹介

お客様のご要望に合わせて留学プラン・授業のカスタマイズができる!

お客様のご希望やご相談に柔軟な対応できるのがNILSの強みです。
例えば、留学中に留学延長したり、レッスンの難易度を上げたり、お仕事の都合に合わせて留学のタイミングを調整するなど・・・
授業や寮、プランなどで、気になることや詳しく知りたいことがありましたら、お気軽にご相談ください。

カスタマイズ事例のご紹介

ご相談のお時間が取れない方や、まずはお一人で検討したい方へセブ留学検討に役立つ資料をご用意しております。(無料)

資料請求へ

セブ島留学のコンシェルジュが対応致します。
あなたのご要望やお悩みをお気軽にご相談ください。

留学相談へ

セブ留学"まるわかり"セミナーでは、ネットや雑誌では分からない最新情報をお伝えします。

■会場
東京池袋・大阪梅田

※東京池袋・大阪梅田セミナーに参加できない方へ
Skypeからセブ島留学セミナーに参加でますので、ぜひご参加ください!

セミナー申し込みへ

お電話でのご相談・お問い合わせ先

セブ島語学学校NILS公式facebook 長期留学プログラム
失敗しないセブ島留学入門 セブ留学“まるわかり”セミナー
会場 東京池袋・大阪梅田

セミナーご予約はこちら

※前日にお申込みの際は、メールではなく直接お電話にてご連絡ください。

上記日程が合わない方、遠方の方は個別相談も可能です。
何でもお気軽にご相談ください。

無料留学相談はこちら

フィリピン留学・セブ島留学を経験した学生たちの声 工場見学 スタッフ募集
MENU
コース一覧
メールマガジン配信中 資料請求はこちら
NILS BLOG マブハイNILS

フィリピン政府公式認定語学学校現地法人 NILS
(Newtype International Language School)

提携代理店:
JICC (Japan Intertrade Callcenter Corporation)
ジャパンインタートレード コールセンター コーポレーション
TEL:03-4455-7714

ページトップへ