【体験談】社会人でも遅くなかった!私が短期留学でしっかり成果が出たワケ

2019.05.14
  • Twitter
  • Facebook
  • line

「英語を話せるようになりたい!でも、いまさら遅いよな〜」「短期間の留学って意味あるの?」と思うことはありませんか?

なかなか決断が難しい短期留学ですが、短期間でも留学する意味はあります。それに英語力も伸びます!

実は今回、語学学校NILS(ニルス)に短期留学をした島田のぞみさんも留学前は「そこまで英語力は伸びないだろう」と思っていた1人でした。

しかし、2週間の留学を終えた島田さんは「英語力がめちゃくちゃ伸びた、本当に来て良かった。」と声を弾ませていました。

留学によって英語力だけでなく、今後の仕事に対するモチベーションも変わったという島田さん。
どのような留学生活だったのでしょう? お話を聞かせてもらいました。

 

体験者プロフィール

体験者: 島田 のぞみさん

年齢:24歳

性別:女性

職業:イベント会社勤務

受講概要

プラン:General ESL Speakingコース

期間:2週間

受講時間:8時間

宿泊施設:クラシックキャンパス(4人部屋)

 

伸びを感じなかった日本での英語学習

フィリピン・セブ島に短期留学した島田さん

フィリピン・セブ島に短期留学した島田さん

ーー島田さんは今回、なぜ留学しようと思ったのですか?

ネイティブスピーカーと話す機会が必要だなと感じたのと、転職したタイミングで前職の有給休暇が残っていてまとまった時間が取れたからですね。

ーー以前から英語へ興味はあったんですか?

実は母がニューヨークやスリランカで働いていた経験があり、めちゃくちゃ英語喋れるんですよ。母の影響もあって自分も喋れるようになりたいので、日本で英会話教室に通って勉強していたんですけど…。

ーーけど?

正直、英語力の伸びをあまり実感できなかったんですよね。テストに出るような文法は学べるんですけど、話せるようにはならない。やっぱりネイティブスピーカーと話す機会が必要だなと感じたんですよね。あと母の勧めもありまして(笑)。

ーーそうなんですね。ニルスを選んだのは何故ですか?

最初はどの国に行ったらいいか全く決めてなかったので、留学比較.comっていう留学比較サイトに相談したんですよ。そこで対応してくれたカウンセラーがセブ島にあるニルスの卒業生で、ご自身の留学体験を話してくれたんです。その話が凄く魅力的だったんですよ。

ホントはもっと料金が安い場所もあったんですけど、そのお話と過去に誰かがそこに行った事があるっていう安心感でニルスに決めました。あとニルスはマンツーマンレッスンだけだったので、そこもいいなぁと思いました。

短期でも英語脳にしてくれるマンツーマン授業

英語脳が作られるマンツーマンレッスン

英語脳が作られるマンツーマンレッスン

ーーニルスのマンツーマンレッスンはいかがでしたか?

正直、マンツーマンレッスンでかなり英語力が伸びたと思ってます。グループレッスンだと周りの目もあって、質問したくても出来ないってことあると思うんです。

でも、マンツーマンレッスンだと分からない点をすぐに聞けて、すぐ答えが返ってくるので成長のスピードが凄く早いんですよ!

ーー確かにそうですね。それにグループレッスンだと一人が英語を話す時間も短くなりますしね。

それにマンツーマンだと先生も私のこと覚えてくれているので「のぞみ〜、昨日質問した〇〇覚えてる?」って聞いてくれるんですよ。単純に覚えてくれてたんだ!って嬉しかったですし、もっと頑張ろう!って思えましたね。

スピーキングのレッスンで言いたい事が言えるようになった

ーー英語学習していると「アタマで言いたい事は浮かぶけど、英語で言えない」ってケースあると思うんですけど、そのあたりはどう乗り越えました?

正直、最初は全然文章作れませんでしたね。単語ばっかり(笑)。

でも先生が私の言いたい事を汲み取ってくれて「のぞみの言いたい事ってこれじゃない?」ってホワイトボードに書いてくれるんです。で「うん、それそれ!それが言いたかった〜」って言いながらメモって覚える。覚えた文章は積極的に使う。このサイクルを繰り返してストックをどんどん増やしましたね。

ーー英語学習において反復って大事ですよね。

ホントにそう思いますね。スピーキングレッスンのおかげで、自分の言いたい事を言える場面が増えましたし、返答するスピードが格段に上がりましたね。

教科書では学べない実践的な英語力が身につくセブ島

学べるのは英語だけじゃない

学べるのは英語だけじゃない

ーーセブ島のような24時間英語漬けの環境だとレッスン以外でも英語を使う機会が多いと思うのですが、レッスン以外はどのように過ごされていましたか?

バッチメイト(クラスメートの事、フィリピン独特の呼び方です)の人達とご飯に行ったり、海に行ったりしました。そこでも英語を使わなくてはならない場面がたくさんあってとても勉強になりましたね。

ーー英語を使わなくてはならない場面…。興味あります(笑)。例えばどんな場面ですか?

ナイトマーケットにバッチメイト5人と食事に行ったんです。ナイトマーケットって席を自分で確保しないと座れないんですよ。私達が行った時は人がいっぱいで座れなくて、何も言わず待ってたんですけど、いつまで経っても座れないんです。

ーーそれは大変ですね。それからどうなったんですか?

ナイトマーケットのスタッフを捕まえて、次に席が空いたら座らせてくれるように交渉しました。日本だったら、定員さんが凄く丁寧に接してくれるので、何も主張しなくても大丈夫だと思うんです。

でも、海外は日本と違うから自分からアクションを起こさないと何も出来ない。その為には下手くそでもいいから英語を話さないとダメなので、実践的な英語力と気持ちの強さが身に付きました。

ーーそうですね。日本ではそういった機会がほとんどないですからね。我々も教科書では学べない実践的な英語が学べる機会が多いことがセブ島留学のメリットだと考えています。

社会人だったからこそ、新しい目標が見つかったセブ島留学

短期でも来てよかったと感じたセブ島留学

短期でも来てよかったと感じたセブ島留学

ーー今回の留学で色々な価値観が変わったようですね。

はい。セブ島でいろんな体験をして考え方がもの凄く変わりましたね。一人でいろんな国にも行ってみたいし、いろんな人と喋ってみたいです。最初は何も話せなかったんですけど、最終的に自分の意見を英語で言えるようになりましたし、ホントに来てよかったです!!

それに仕事でも新しい目標を見つけました。

ーーそれはおめでとうございます。どんな目標ですか?

今、イベント会社で働いているんですけど、今後は海外のクライアントさんと仕事したいって思います。正直、留学にくる前まではそんなこと全然考えていなかったんですけど(笑)。

ーーいい留学になったみたいで何よりです。実際、短期留学ってどうなんだろう?って様子見してる方も多いんですよね。

ああー、分かります(笑)。

私も2週間なんで「そこまで変わらないかな」と思っていたんですけど、実際に来てみると想像の5倍〜6倍は英語力伸びましたね。

社会人だと時間の確保が難しいと思うんですけど、有給使ってでも留学するべきですね。全然遅くないですから!

 

いかがでしたでしょうか。

徹底したマンツーマンレッスンと反復練習、実践的な英語を使う環境があれば、短期間でもしっかりと英語力を伸ばす事は出来ます。

期間の短さから「成果が出ないんじゃないか?」と思って短期留学に踏み出せない方、ぜひニルスにお問い合わせください。

ニルスではセブ島に在住している日本人スタッフが一人一人の目的に合ったカリキュラムをご提案致します。

 

今回、短期留学した島田さんのインタビュー動画はこちらから!

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称