【体験談】不安だったワーキングホリデー・だからこそ選んだセブ島でのITインターンシップ(後編)

2019.07.30
カテゴリ:セブ島留学体験談
タグ: / / /
  • Twitter
  • Facebook
  • line

ワーキングホリデーに向けた準備の為、フィリピン・セブ島にある語学学校NILS(ニルス)のITインターンシップに参加した古関 万倫子さん。前回の記事では、IT講義について語ってくれました。今回はセブ島での英語学習について語ってもらいました。

 

※前回の記事

 

体験者プロフィール

名前:古関 万倫子さん

年齢:26才

職業:元アパレル関係 

受講概要

授業:インターンシップ0円留学・ITコース※(6時間のインターン、3時間のIT講義、1時間の英語のマンツーマンレッスン)

期間:6ヶ月(24週間)

宿泊施設:クラシックキャンパス(4人部屋)

いきなり英語圏に飛び込む前にセブ島を選んで良かった

セブ島・ニルスのインターンシップに参加した理由を語る古関さん

カナダへワーキングホリデーに行く前にセブ島でしっかり準備する事を選んだ古関さん。

ーー次は英語について聞かせてください。セブ島に来る前はどれぐらいの英語力だったんですか?

海外旅行が好きでたくさん海外に行っていたので、レストランで注文したり、ホテルに要望を伝えることができる程度の英語力ですね。英語、全く分かりません!ってレベルではなかったんですけど、いきなり英語圏に飛び込んで生活するのは不安でした。

 

ーーワーホリに向けた準備ということでセブ島で英語を学ぼうと思ったんですよね?実際、セブ島で英語を学んでみていかがですか?

すっごい良かったです!マンツーマンのレッスンなんで、何でも気軽に質問できましたし。

 

ーーニルスは1人に長い時間英語に触れて欲しくて、マンツーマンレッスンに力を入れているんですよ。グループレッスンだと英語に触れる時間が減りますからね。

確かにそうですね!ちょっと、人目を気にしてしまう性格なので、正直グループレッスンだと発言できてなかっただろうなぁと思います(笑)。

多くの日本人が気にする訛りの問題

 

ーーフィリピン人の英語訛りなどは気になりませんでしたか?

フィリピンに来る前までは気にしていました。ワーキングホリデー先がカナダなので、発音とか違ったら嫌だなぁと思っていましたね。

 

ーーそうですよね。古関さんと同じようにフィリピン訛りを気にされる方は多いですね。実際はフィリピン英語だから通じないなんてことないんですけどね。

私が訛りを気にしながらも、フィリピンで英語を学ぼうと思った決心した要因の1つが友達からのアドバイスだったんですよ。

「英語って標準語はカリフォルニア州の英語だと言われてるらしいんだけど、厳密に言ったらカリフォルニアに住んでいる人以外の英語はみんな訛ってるってことだよね?そう考えると訛りってあって当然じゃん!」って言われて、確かにそうだなと。

 

ーーお友達いいこと言いますね!実際にフィリピンの英語に触れてみて違和感を感じたりしましたか?

いえ、全然ないです!日本にいた時、アメリカのアクセントでリスニングの勉強してたんですけど、フィリピンの英語はそれよりも聞きやすいです。それに、フィリピン人の先生はみんな優しくて、私が上手く英語で言えなくて四苦八苦している時も笑顔で待っててくれました。

英語で返答するスピードが格段にUP

カランメソッドに取り組む古関さん

カランメソッドは英語脳を作る最適なカリキュラム

ーーセブ島に来てから、自分の英語力がアップしたなと感じる瞬間はありましたか?

英語で聞かれた事を英語で返答するスピードがめちゃくちゃ上がったなと思いますね。セブ島に来る前までは一度、日本語に変換してから英語に直していたので、言いたい事を言うまでにめちゃくちゃ時間がかかってたんです。けど、セブ島で24時間英語環境で生活する事で英語脳になったのかな〜と思っています。

あ、英語脳といえばニルスのカランメソッド!この授業で相当鍛えられました(笑)。

 

ーーありがとうございます(笑)。カランメソッドは英語で聞かれた事を瞬時に英語で返す。これをひたすら続けるので、リスニングとスピーキング力がめちゃくちゃ伸ばせますからね。

最初はひたすら英語で質問されて、頭がパンクしそうになるんですけど、だんだんスムーズに英語で返せるようになってくると楽しくなってくるんですよね。それに文法や発音も覚えれるのでスピーキングに関しては自信つきました!カナダでも自信を持って英語話せます!

 

※スピーキングとリスニングの能力を飛躍的に向上させる英語学習法「カランメソッド」

ワーキングホリデーが不安な人は、セブ島でITインターンシップをすべき

セブ島でインターンシップを終えた古関さん

最初は大変だったけど、ニルスのインターンシップに参加してよかった!

ーー6ヶ月間に及ぶ、セブ島でのITインターンシップを振り返ってみていかがでしたか?

留学前は不安でしたが、結果的にITスキル・英語力を身に付ける事が出来たので思い切って参加して良かったなと思います。

セブ島にはワーキングホリデー前の準備として留学している人が多く、ワーキングホリデー先が同じ国の人もいて現地に行く前から友達が出来ました。同じ境遇の人が近くにいると「1人じゃないんだ」って安心しましたし、負けないように「もっと勉強頑張ろう!」と思いました。

 

ーー古関さんと同じようにワーキングホリデー前に不安になっている方にメッセージをお願いします。

ワーキングホリデーで仕事が獲得できるか?英語がちゃんと話せるか?不安な人はニルスでのITインターンシップをオススメしますね!

ワーキングホリデーが上手くいくかどうか?はその人次第になっちゃうんですけど、しっかり準備して臨んだ方が自信にも繋がりますんで、ちょっとでも不安な人はセブ島でITインターンに参加した方がいいです。

フィリピン・セブ島でスキルアップしませんか?

ワーキングホリデーに行った時に「英語でコミュニケーション取れるかな?」「仕事はちゃんと見つけられるかな?」と不安な人はセブ島・ニルスでITインターンシップをしてみませんか?

フィリピン・セブ島にあるニルスではインターンシップ留学生を募集しています。

 

 

少しでも興味のある方はお気軽にお問い合わせください。セブ島在住の日本人スタッフが親身に対応致します。

 

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称