憧れを現実にする為の35才でのセブ島0円留学【体験談】

2019.10.31
  • Twitter
  • Facebook
  • line
35歳で語学学校NILS(ニルス)の0円留学に挑戦した増井さんは0円留学を終えて世界で働ける確信を得た

35歳で語学学校NILS(ニルス)の0円留学に挑戦した増井さんは0円留学を終えて世界で働ける確信を得た

30代になってから留学するのは遅すぎる、留学をしたとしても役に立つような経歴にはならないんじゃないか、そう思っている方も多いのではないでしょうか。

今回、35才でニルスのセブ島インターン0円留学に参加された増井さんにお話しを伺いました。

増井さんは、0円留学を体験され、30代でも留学に挑戦して、英語を学び続けるためにも、半年のセブ島のインターンの経歴を利用して海外転職に挑戦すべきだと言ってました。

半年のセブ島0円留学ではセブ島のインターン生活でどんなことを感じ、海外転職に挑戦するべきだと思ったのか、お話しを伺いました。

英語を勉強したい留学をしてみたい、でも30代という年齢を考えると長期の留学には挑戦できない。そう思って留学を踏みだせない方に是非読んでいただきたい記事ですのでご覧ください。

体験者プロフィール

体験者: 増井 彬(ますい あきら)

年齢:35歳

性別:男性

受講概要

コース:0円留学ITインターンシップコース

期間:24週間

受講時間:英語:1コマ/日、IT講義3コマ/日

宿泊施設:クラシックキャンパス(4人部屋)

半年の0円留学の為に仕事を辞めたら、自分が思う勉強をひたすら進められた

留学中は休みの日も英語の勉強やITスキルの勉強をしていた増井さん

留学中は休みの日も英語の勉強やITスキルの勉強をしていた増井さん

ーー30代で留学に挑戦されたそうですが、なにかきっかけがあったんですか?

以前から英語をちゃんと学びたいと思っていたんですけど、なかなか働きながらだと始められなくて、何かないかと探していたら、0円留学を見つけた。そんな感じです。

ーーということは、お仕事を辞めてきたんですか?

元々フリーランスで自営業みたいな感じだったので仕事を辞めるか辞めないかは大きな問題ではなかったです。

ーー生活の心配はなかったんですか?

貯金でなんとかして、終わった後に日本でまた仕事しようかくらいにしか考えてなかったです。

ーー仕事を辞めてまでした留学では、どんなところが良かったですか?

自分の進めるべき勉強に没頭できたことですね。英語にしろIT授業にしろ自分が身につけたいと思うスキルだったんですけど、仕事していると時間が作り辛くて進められなかったので。

英語なら英語がある環境、私の場合はプログラミングを始めたいと思っていたので、始めるきっかけと環境を両方持てたのが良かったです。

ーー悪かったことはありますか?

やはり収入がないことですね。アパートも解約してきましたし。

ーーなかなかリスキーな状況ですね。

行き当たりばったりの性格で、計画が下手なんです。人として致命的だと思ってます(笑)。

半年のセブ島0円留学では英語をビジネスレベルに上げられなかった。だからこそ、続けたいと思った

0円留学の半年を無駄にしない為にも英語を学習し続ける決意をした増井さん

0円留学の半年を無駄にしない為にも英語を学習し続ける決意をした増井さん

ーー結果、半年の留学で英語は身につきましたか?

全然ダメでした。日常会話程度に終わってます。言い訳に聞こえるかもしれないですけど、1日1コマしか英語の授業がなかったので。

ーー0円留学のインターンって1日1コマなんですか?少なくないですか?

ITの講義が3時間あるから英語が1時間なんです。ずっと仕事してるわけではないですよ。

ーーでも、セブ島に半年いて、英語をビジネスレベルに上げるの難しかったですか?

難しかったです。私が甘かったです、勉強も足りなかったと思っています。あれもこれも手を付けて、少し英語圏の国に滞在したからと言って、ビジネスで使えるようになる程、都合良くはなかったです。

もちろん、スパルタ授業などでひたすら英語漬けになれば、できる人もいるとは思いますが、今回のセブ0円留学で英語もITスキルも得ようというのは甘すぎました。

だからこそ、この半年を無駄にしないためにも英語学習を続けなければいけないという決意と、もっと若い内から勉強をしておけばよかったという後悔も一緒に生まれました。

ーー日本でも英語を続けて行きたいと思うようになったということですか?

当然ですね。英語学習を続けずに日本にいるだけだと絶対に英語を忘れますから。それこそ0円留学の半年を無駄にすることになってしまいます

ーーそうですね、継続は必要ですね。また留学する可能性もあるんですか?

それはないと思います。これからは海外で仕事をしていきます。

海外で就活したら年齢は関係なかった。30代でも海外就職できるとセブ島0円留学で確信できた

ニルスのインターンシップ留学は海外転職にも役立つ

ニルスのインターンシップ留学は海外転職にも役立つ

ーー海外で働く!いいですね!もう決まったんですか?

まだですが、なんとかなりそうです。英語を続けるためにもなんとかしたいです。

ーーセブ島に来てから就活されたんですね。具体的にはどんなことをされたんですか?

日本と同じです。説明会に行ったり、紹介サービスの登録したりです。

ーー説明会はどんな感じでしたか?

日本と変わりなかったです。なにができるのか、大学であればどんなことをしてきたか、以前の仕事ではどんな仕事をしていたかを聞かれます。

ただ年齢には寛容といいますか、気にしない感じはありました。実際レジュメも英字で書く場合は年齢は書きませんし、出身大学もあまり問われません。

ーーやっぱりそうなんですね。ある程度の年齢でも可能性があるということですね。

そうですね、実際にお話しできた方で50歳過ぎてから一流の世界企業に転職できた方がいました。

ーーさすが世界企業は年齢を気にしないですね。英語のレベルは聞かれましたか?

訊かれはしますが、TOEICなどで明確な基準を作っている会社は少なかったです。もちろん、英語が全くできなかったり、英語を勉強する気がない人は別です。そもそも、会社に入って同僚とのコミュニケーションが取れないままでいいわけはないですから。

ーー日本の就活と変わらないんですね。

日本人採用をしている会社は日本の企業が多いですからね。だからこそ、日本人が海外でも働けて、日本語をしゃべれることが海外転職ではスキルになると思って、誰でも海外転職の可能性はあるなと感じました。さらに海外でインターン生として仕事をしていることも十分好印象につながります

ーー半年働くってそんな簡単なことではないですからね。なんだか、海外転職するのが簡単に思えてきました。

私はそう思います。職種や収入でも違いますが、海外転職のハードルは想像しているより低いと思いました。是非、セブ島で0円留学をされた方には英語学習を続けるためにも海外転職に挑戦するべきだと思っています。

まとめ

いかがでしたか。30代で半年ものセブ島留学に挑戦するのはなかなか勇気がいると思います。

留学しただけで、英語はマスターできません、海外にいるだけで海外転職できるわけでもありません。それでも、英語の必要性が高まりグローバル化する日本に対応する為には何か行動をしなければいけません

留学はその出発点にすぎませんが30代で遅れたスタートを取り返す為に、ニルスの0円留学でその一歩を踏み出してみませんか?

過去にはニルスの0円IT留学からカナダのIT企業に転職された方の記事もありますので合わせてご覧ください。

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称