NILS(ニルス)公式ブログ|セブ島・語学留学学校

セブ島情報や留学生の体験談をお届けしています!

カリキュラム説明【Grammar】

      2017/02/16

%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e6%b8%88%e3%81%bf-3【英語レベル:全対象】

こんな方にオススメ

「英語で文法を学んでみたい」「文法に関する英単語を覚えたい」英語で文法を教えたい」

レッスンの進め方

基本的にはテキストを進めながら進めていきます。
テキストの種類によって難易度は違いますが、基本的には各単元(一般動詞など)ごとに先生がテキストを使って解説を行い、テキストの問題を解く流れで行います。
いざ、受けるとなるとテキストの説明が英語ばかりで不安になるという方も いらっしゃると思います。
テキストには分かりやすい表が付いていたり、時には絵が付いていたりして、非常にわかりやすい表記になっています。

※例えば
Do you….~?などの一般動詞の疑問形(Present Simple Questions)の 単元の時にはテキストに下記のような活用形を示した表が記載されています。

 (例)

positive

I
We
You
They

work
like
do
play

He
She
It

works
likes
does
plays

negative

I
We
You
They

don’t
(do not)

work
like
do
play

He
She
It
doesn’t
(does not)
work
like
do
play

 

上記のような表以外にも、絵なども載っていており簡単に理解を深めることが出来ます。
また先生が解説中にも面白い例を出してくれたりして楽しく文法を学べます。
解説が終わると実際に各単元ごとの練習問題に挑戦します。
途中で分からなければ先生に質問してもいいですし、自分で答えを見つけ出したい、自力で答えたいという方は自分でテキストを見直して回答してもいいです。
問題としては下記の例のようなものがあります。

(例)

Write the negative

①I play the piano very well.

②Jane plays the piano very well.

③We work very hard.

この問題は各例文をnegativeいわゆる否定形に変えなさいというものです。
試しに解いてみると①の例文は「I don’t play the piano very well.」という形に変わります。
すぐに答えが出てこない場合は上の表を参考にすると分かりやすいですよ。
このような流れで授業は進んでいきますが、進め方は人それぞれですので自分にあったやり方でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

授業を受けてみた感想

英文法はある程度理解したつもりでいましたが、英語で学ぶ英文法と日本語で学ぶ英文法は全く違うものでした。
特に最初は知らない単語ばかりで付いていくことに精いっぱいで予習と復習の毎日でした。
ですが、その甲斐あってか段々と理解することが出来る様になりました。
また先生も私が苦手だなと思うところがあれば何回も丁寧に分かりやすく説明してくださいました。
一通り受けてみて思うことは、英語で学ぶ英文法は日本語と違い、すごくシンプルで理解しやすかったです。
この授業を受けるまでは英文法は回りくどい説明ありきの面倒くさいものだと思っていましたが、この授業のおかげでイメージが180度変わりました。
英文法を苦手だと思う方、是非一度受けてみてはいかがでしょうか。

 

お問い合わせ・資料請求はこちら

 - カリキュラム説明, 授業

  関連記事