NILS(ニルス)公式ブログ|セブ島・語学留学学校

セブ島情報や留学生の体験談をお届けしています!

【フィリピンATM】フィリピン使えるカードとATMの使い方を徹底解説!

   

こんにちは。

今、留学を考えている人、留学が決まってるけどお金ってどうすればいいんだろう?
っていうか私のキャッシュカードってフィリピンで使えるの?
フィリピンってATMあるの?

というみなさん、安心して下さい。
今回はそんな不安を解消するべく、ATM使用方法・フィリピンで使えるキャッシュカードの種類を徹底解説!
フィリピンに来た際は是非これを見ながらやって下さいね♪

 

フィリピンATMを使うときは絶対必要「Cirrus」or「Plus」マーク

自分のカードをCheckしましょう

さて、まずATMを使う際に絶対に必要となってくるのが「キャッシュカード」。
でも日本で使っているキャッシュカードがそのままフィリピンで使えるとは限りません。
フィリピンのATMで使えるのは「Cirrus」か「Plus」マークが入っているカードだけなんです!

cirrusのマーク

cirrusのマーク

PLUSマーク

PLUSマーク

この様に、このマークのどちらかがカードに記載されていればフィリピンのATMで使用することができます。
自分のカードの裏面、もしくは表面にあればそのカードは使えます。
逆に、このマークのどちらとも記載がなければ新しく口座を作るか、国際キャッシュカードを発行しなければなりませんので注意してくださいね!

フィリピンで使える日本のカード各種

今回はフィリピンのATMで使うことができる日本のキャッシュカードの中でも筆者が使いやすいと考えるカードを厳選してみました!
是非ご覧ください。

 機関  換金手数料  ATM手数料   サービス一覧  年会費 
 住信SBIネット銀行(デビット)  2.5%  無料  SBIポイント  無料
 ジャパンネット銀行(デビット)  3.02%  無料  不正利用補償、Tポイント、自社キャッシュバックモール、Visa payWave  無料 
 楽天銀行(デビット)  3.024%  無料  盗難補償、楽天ポイント JCB 無料/VISA 1029円
 新生銀行  4%  無料  Tポイント   無料

 

おススメはこの4社のカード。
手数料はどこも無料で、かかるのは換金手数料と言って日本円をフィリピン通貨の「ペソ」に替える時にかかる手数料のみです。
住信SBIネット銀行なら2.5%しか、かからないですね!
しかもこの4種類のカードは全て現在ある残高が限度額なので、クレジットカードのように使い過ぎることがありません。
ちなみに、楽天銀行はブランドをVISAにすると年会費が1029円発生してしまうので気を付けて下さい。

※フィリピンのATMはカードの種類関係なく、手数料を取られるのでご注意を!

ATMは色々なところにあります

意外とそこら辺にあります

日本にはコンビニにATM、街角にATM、駅構内にATMと色々なところにATMがありますよね。
じゃあフィリピンは?ATM自体が少なくて探すのに大変そう…と思う方は多いでしょう。
ですが心配はいりません。
NILSのあるITパーク周辺はたくさんのATMがあります。
もっと言えば、NILSのあるTGUタワーの1階にも、AVC寮の反対側にもATMがあるので探さなくてもすぐに見つかります。

ちなみにフィリピンのATMは24時間稼働しているので、夜中に緊急でお金が必要!ということになっても大丈夫です。

操作方法

ATMの操作方法

ATMの操作方法

それでは操作方法に入ります。

今回はセブシティやITパーク周辺に多くある「BPI」のATMの使い方について紹介。
他のATMは引き下ろせる上限が10,000ペソなのですが、「BPI」のATMは上限が20,000ペソまで下ろせます。
また、「BDO」や「Metro Bank」のATMもほぼ同じ使い方なので心配はいりませんよ。

BPI銀行 外観

BPI銀行 外観

 

まずは右側にある緑のところにカードを入れて下さい。

番号入力とカード挿入口

番号入力とカード挿入口

 

言語選択です。Englishを選んでください。

言語選択画面

言語選択画面


右側のEnter Withdrawal Amount(お引き出し金額入力)を選択してください。

Enter Withdrawal Amount(お引き出し金額入力)を押す

Enter Withdrawal Amount(お引き出し金額入力)を押す


次に卸したい金額を入力してください。(BPIの上限は2万ペソです)

下ろしたい金額を入力

卸したい金額を入力


レシート

レシートは必要ですか?と聞かれています。
必要な方はYESを押してください。(念の為レシートはとっておきましょう)

レシートが必要な場合はYESを押しましょう

レシートが必要な場合はYESを押しましょう


暗証番号を入力してください。

次に暗証番号を入力してください。

次に暗証番号を入力してください。

 

SAVING(普通預金)を選んでください。

SAVINGを選択

SAVINGを選択


手続き完了

これでカードとお金がATMから出てきます。
どうでしたか?意外と簡単でしたよね?

今回紹介したBPIのATMはNILSがあるTGUタワーの1階にあります。
また、ITパークの近くにあるアヤラモール、SMモールにもあり、その他にも色々なとこにあります。
是非フィリピンでATMをご利用する際はこちらを参照してください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

 - 留学お役立ち情報, 留学生のいろは , , , ,

  関連記事