セブ島の気候について

2016.08.03
カテゴリ:セブの生活
タグ: /
  • Twitter
  • Facebook
  • line

こんにちは!インターン生のYです。

今回は、セブ島の気候についてご紹介させて頂きます。

気候1

セブ島の気候は雨季・乾季に分かれますが、気温は一年を通して温かく、平均気温は約26℃です。
いわゆる常夏です。テンション上がります!

日本のように四季はなく、6月から11月が雨季12月から5月が乾季となります。

雨季といっても、日本の梅雨のように1日中雨が降り続けることはありません。
間隔を開けて1時間ザーーっと雨が降るといった様子です。
さっきまで晴れていたのに突然雨が降り出すという天気なので、この時期は折りたたみカサが必須です!

現地でも折りたたみカサが売られていますが、値段も500円程と日本とさほど変わらない上に重量が非常に重い!!
日本クオリティーはやっぱりすごいと実感します。
日本からの持参をお勧め致します。

そして乾季(12~5月)は本当に暑いです!
日中は常に30℃ほどですが、湿気がなくカラッとしているので日本のようにムシムシという感じではないです。

ただ、日差しは比べ物にならないくらいジリジリ強く、歩いているだけで肌が日焼けしていることを実感します。
それゆえ現地にはなんとSPF130の日焼け止めも売っています。心強い味方ですね。

気候2

また、さらに日焼けが気になる方には、日傘・サングラスをおすすめします。

次に、服装についてです。
服装は、Tシャツ・短パンと、日本の夏の格好で生活しています。
身軽で、渡航時は荷物もかさばらないのがいいですね!
※洗濯機の質の関係で(?)真っ白なTシャツは数回の洗濯でくすみましたので注意。。

ただ、授業を受ける教室・ショッピングモール・映画館などでは、エアコンの効きすぎで寒いなあ~と思う事がしばしばあります。
羽織りものはお忘れなきよう!

以上気候・服装についてのご紹介でした。

まとめると、1年を通して過ごしやすいです。
毎日が海日和!是非セブにおこしあれ~!!!!

 

↓NILSの事が気になったらLINEにてお気軽にお問合せください!(^^)!Friends Added

カテゴリ:セブの生活
  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称