海外旅行するたびに感じていた言葉の壁― それを乗り越えるための語学留学。海外に滞在していても「どれだけ勉強に時間を費やせるか」というところが一番のミソだと思います。

2016.08.10
カテゴリ:セブ島留学体験談
タグ:
  • Twitter
  • Facebook
  • line

IMG_5880お名前:広川 元志さん
年齢:26歳
プラン:インターンシップ留学(48週間)
寮タイプ:3人部屋
留学時期:2015年7月から現在7か月目

留学に至った理由

⇒セブ島留学に至ったきっかけを教えてください。
僕は学生のころから海外旅行が好きでよく友達と行くんですが、いつも言葉の壁というものにぶつかって、なかなか現地の人とコミュニケーションが取れないんです。そこで世界共通の英語を勉強しようと思って留学に来ました。

もうどのくらいになるんですか?
6ヵ月経ちました。

最初と比べてレベルはどのくらいまで変わったと思いますか?
来たときは先生の言っていることも100%理解できなかったですし、話すことにも抵抗があったんですが、6ヵ月先生と喋ってきて今はもうはっきり理解できますし、僕自身も言ってること「ちょっと間違ってるなー」とは解っているんですが、伝えようとする恥ずかしさっていうのもなくなりましたし、とにかく何でも喋ってみようという気になりました。

NILSを選んだ理由を教えてください。
去年友人がインターンシップを経験していて興味を持ちました。 それでサイトを検索して一番上に出てきたのがNILSだったんです。

実際に語学学校に通ってみてどうでしたか?
英語の伸びしろといいますか・・・自分の中で半年海外で生活したら上達すると思っていたのですが・・・例えば映画を字幕なしで観れるくらいまで成長するのかなと思っていました。でもそれは甘ったれた考えで、そこまでは伸びないな と。自分の思っているほどは伸びないな。というのが正直なところですね。

NILSの満足度について

教え方はどうですか?
マンツーマンで先生も明るい人ばっかりなので、授業自体は楽しいです。でも楽しさの延長で私語が増えてしまう時があるのでそこは自分でもブレーキをかけて「先生喋りすぎやから次行こうよ」という風に促しながらやる必要がありますね。

寮生活はいかがですか?
ここに来る前にもルームシェアしていたので、まったく気になりませんでした。

勉強の仕方について

⇒ご自身の学習方法について教えてください。
ネイティブの英語に触れることが大事だと思っているので、空いた時間にリスニングの教材をポータブルプレーヤーで聞いたりとか、夜寝る前に海外ドラマを英語字幕で鑑賞してから寝るようにしています。

 

NILSでの生活について

⇒平日~休日、プライベートの過ごし方を教えてください。
平日は朝7:30~14:00まで仕事、そのあとは50分授業を4コマ受けています。
科目はカラン2コマ・スピーキング・フリートーキングです。カランが人気あるだけあって、個人的にも良いと感じました。他にも、話すことは力になるのでスピーキングもオススメですね。
平日は寮に帰って夕飯をとったあとは自由に過ごしてます。勉強するなり、友人と飲みに行ったり・・・。
休日は主に一日勉強していますね。無料でグループレッスンが受けられるのでそれに参加したりとか、日本から持ってきた教材を解いたりだとか。

hirokawa_002_300_240

インターンのお仕事内容について

BPOという部署で働いています。日本の企業様の仕事を受託するような形で入力作業だったり、確認の架電だったりとかしています。ですので携わっている仕事内容は多岐に渡っていますね。

留学の成果と目標について

大学も卒業してしばらく経って勉強からもかけ離れていたので、英語の知識はほとんど残っていませんでした。でも今はそこから6ヵ月みっちり勉強して、今月TOEICを受けました。今までTOEIC受けたことなかったんですけど今回830点までスコアを伸ばすことが出来ました。

⇒すごいですね!

はい。まあそれが一つの成長の指針になるかな?とは思いますね。

⇒この留学後の目標を教えてください。
帰ったら就職活動をしようと思っています。
もちろん!ここで培った英語力を生かして!無駄には出来ないんで(笑)

NILSに留学して良かった点・悪かった点を教えてください。

良い点は、すべてのレッスンがマンツーマンだということと、無料のグループレッスンが土日なら最長6時間受けることができるのでそれが非常にありがたい制度だなと思います。
悪い点は、生徒が全て日本人という点ですね。プライベートのかかわりが全て日本語になってしまうので、朝起きてから夜寝るまで英語を使う環境のほうが自分には良かったのかなとは思います。

留学を考えている方へのアドバイス

留学を考えている方とかにアドバイスはありますか?
留学というのは今住んでいる所から遠い所に離れて勉強に集中する期間でもあると思います。なので、海外に来て浮かれて遊びまわるのではなくて、そこをなんとか自分を抑え込んでどれだけ勉強に時間を費やせるかというところが一番のミソだと思いますね。
留学に来る前までに「自分がどれくらいまでスキルを伸ばしたいのか」というちゃんとした「目標」を設定した上で留学に来られたほうが自分を抑え込むための薬にはなると思うので、しっかり自分のプランを組み立ててこられるほうが良いと思います。

本日はありがとうございました!

カテゴリ:セブ島留学体験談
タグ:
  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称