【NILS×吉本興業 企画第3弾】おもしろ佐藤がフィリピンのアートを取材!

2019.04.09
  • Twitter
  • Facebook
  • line

おもしろ佐藤さんアート取材サムネイル

【NILS×吉本興業 企画第3弾】

フィリピン・セブ島にある語学学校NILS(ニルス)に、吉本芸人の御茶ノ水男子・おもしろ佐藤さんが2018年8月から3ヶ月間留学していました。ニルスでの勉強に加えて、現地での様々な体験を通して生きた英語も学んできたおもしろ佐藤さん。


そして今回はフィリピン人アーティストへ英語で取材をしてきました! 毎日英語漬けのおもしろ佐藤さん、この日はフィリピン・セブ島に来てから約2ヶ月が経過していました。セブ島に来たばかりの頃は全く会話ができなかったおもしろ佐藤さんですが、果たして英語力は伸びたのでしょうか…。

前回までのおもしろ佐藤さん

ニルス主催のチャリティーに参加したおもしろ佐藤さん

ニルスでは毎月1回、チャリティーイベントを開催しています。
ニルスの生徒さんと先生たちで一緒にセブの子どもたちのもとを訪れ、イベントを行っており、今年はマクタン島にあるコルドバ地区の子どもたちとの交流を深めました。

今回が初めての参加だったおもしろ佐藤さん。セブの子ども達とダンスやバスケを通して、たくさんパワーをもらったようです。おもしろ佐藤さんの意外!?な一面も見る事ができます。

セブのローカルフードにチャレンジしたおもしろ佐藤さん

フィリピンのローカルフードにチャレンジしたおもしろ佐藤さん。
ニルスがある地区“ITパーク”とニルスの寮のちょうど間あたりにあるUcma Street(オクマストリート)という、ローカルフードのお店が集まったエリアを体当たり取材しました。

この時は留学に来てから約1ヶ月後。英語で話す事に慣れてきたくらいの頃なので、今回この後ご紹介している「英語初心者の方の、留学約2ヶ月後の様子」と比較してみてほしいです。

それでは、留学2ヶ月目のおもしろ佐藤さんによる、フィリピン人アーティストさんへの取材をご覧ください!

留学芸人|おもしろ佐藤による英語でのインタビュー

フィリピンと日本のクォーター|KENICHI WANIさん

WANIさん写真

今回、おもしろ佐藤さんがインタビューに挑戦するのはフィリピンと日本のクォーターのKENICHI WANIさんです!KENICHI WANIさんは大学で絵画について学んだ後、アーティストとして活動をスタートしました。現在はフィリピンだけでなく、海外でも活動しており過去に台湾で個展を開催した事もあるグローバルなアーティストです。

さっそくお互いの共通点を発見!!

まずは自己紹介。おもしろ佐藤さんは過去に「NARUTO -ナルト-」や「BLEACH」のアシスタントを経験しており、最初は日本のアニメで盛り上がりました。そしてお互い同い年という事も分かり、早い段階でKENICHI WANIさんと打ち解ける事ができました。

フィリピン人アーティスト|KENICHI WANIさんがアートを始めた理由

ミッキーやハローキティのようなキャラクターをつくりたい

夢を語るWANIさん

KENICHI WANIさんが現在の作風に到ったのは学生時代。テストでこのキャラクターを書いた事が始まりでした。それから、このキャラクターを自分の代名詞にしたいという思いで、現在まで活動を続けています。将来的にはこのキャラクターを誰もが知っているキャラクター「ミッキーマウス」や「ハローキティ」のように有名にしたいと思い、日々活動を続けています。

アートの特徴は?

眉も耳もないアートに隠された秘密

WANIさん作品説明

KENICHI WANIさんの作品の最大の特徴。それは耳と眉毛と口がない事です。
なぜこのような表現をしているのでしょうか?

理由はアーティストが観たいものではなく、個々が観たいものを見れるようにする為です。作品を見る人のその時の気持ちや経験によって感じ方が変わるような作品にしたいというKENICHI WANIさんの気持ちが込められています。

フィリピン人アーティスト|KENICHI WANIさんによる作品解説

バラバラに見えるアートも実は1つのストーリーで繋がっていた!

WANIさんの作品たち

KENICHI WANIさんの作品は1枚に複数のキャラクターが登場するわけではなく、1つ1つバラバラに描かれています。一見すると、繋がりはないように思いますが実は各キャラクターは1つのストーリーで繋がっていたんです。こういったバックグラウンドを頭に入れてみると、より一層作品の世界観が広がります。
※ストーリーの詳細はおもしろ佐藤さんが動画で訊いています!

次なるチャレンジは?

WANIさん次の目標を語る

日々、精力的に活動しているKENICHI WANIさんですが、次なる目標は自分のが作ったキャラクターの大きなオブジェを作る事!今はまだ小さいオブジェですが、だんだんと大きくしていきたいそうです。

留学芸人|おもしろ佐藤さんの英語力はめっちゃ上がっていた!

英語でしっかりインタビュー出来るようになっていた!

前回ローカルフードにチャレンジした時は英語を喋る、聞き取る事に苦労していたおもしろ佐藤さん。しかし今回は WANIさんに英語で質問する→回答を聞き取る→日本語に翻訳するというレベルまで英語力がアップしました!セブに来た当初は全く英語を話せなかったおもしろ佐藤さんがここまで英語を話せるようになったのは、カランメソッドを中心としたカリキュラムに取り組んだおかげだそう。

ここまで上達できたのも、毎日英語と格闘し続けたおもしろ佐藤さんの努力が実を結んだ結果だと思います。そんな姿を見ていてコツコツ継続する事の大切さを改めて感じました。

 

【動画】【吉本芸人】おもしろ佐藤がフィリピン人アーティストに英語でインタビュー

2ヶ月前は全く英語が話せなかったおもしろ佐藤さん。NILSで2ヶ月間英語漬けの生活を送り、向上した英語力をとくとご覧ください。

 

 

「英語を勉強したいけど、自分なんて…」と思っているあなた。
勉強を始めるのに遅いなんて事はありません!勇気を出して1歩踏み出してみませんか?

 

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称