【シニア留学体験談】何歳からでも遅くない!定年退職し、時間のあるシニアこそ英語留学しよう!

2019.08.22
  • Twitter
  • Facebook
  • line

先生との2ショット

海外旅行で英語を不自由なく使いたい。定年退職して、時間に余裕ができたし、何か新しいことに挑戦してみたい。

英語を学びたいけど、もう歳だし…と諦めかけているそこのあなた!

全然遅くありません!実際に挑戦している人はいます!

今回は語学学校NILS(ニルス)に留学している佐藤さんに、インタビューに答えて頂きました。

この記事を読んで、少しでも多くの人が挑戦する勇気を持って頂けたら幸いです。それでは参りましょう!

体験者プロフィール

体験者: 佐藤 喜久美(さとう きくみ)

年齢:63歳

性別:男性

受講概要

コース:シニアプラン・General ESLコース

期間:24週間

受講時間:8コマ/日

宿泊施設:ニューキャンパス(1人部屋)

定年退職して留学を決意したアメリカでの悔しい経験

インタビューに答えてくれている佐藤さん

ーー今回なぜ留学しようと思ったのですか?

実は以前、アメリカのサンフランシスコに3ヶ月滞在していたのですが、語学力がネックでバスや地下鉄に乗るのもままならず、出かけて移動することすら不安な毎日でした。あの時は悔しかったです。

もう1つエピソードがあります。これは日本にいる時に何度かあった事なのですが、出かけた際に外国人に道を聞かれ、NO!NO!と言い、断ってしまいました。これは悔しいというより申し訳ないという気持ちが大きいですね。本当は丁寧に教えてあげたいのに、言語の壁がありダメでしたね。

もっと語学力を上げて親切にしてあげたいし、海外旅行に行っても困らないようにしたいと思ったのがきっかけです。

ーー他にも何か留学しようと思ったきっかけはありますか?

定年退職して時間に余裕ができた事ですよね。社会人だとどうしても長期で休みを取るのは難しいですから。時間があるというのは、シニア世代の特権ですよね。

シニア世代にセブ島での留学がオススメな訳

先生との2ショット

ーー今回なぜセブ島での留学を決めたのですか?

気候と費用面が決め手です。まず、他の地域だと結構気候の変動が激しくて体調を崩しやすいですが、

セブ島は1年を通して温暖な地域なので、非常に過ごしやすいのが魅力でしたね。

また、セブ島に来て驚くのは物価の安さです。何を買うにも食べるにもとにかく安い。生活費を抑えられるのはすごくありがたいです。

※ちなみにセブ島の物価の目安を表にしましたので、参考にしてください。

(1ペソ=約2円)

商品 フィリピン価格 日本価格
ミネラルウォーター(500ml) 20ペソ 100円
ビール(330ml) 45ペソ 200円
焼き肉食べ放題 400ペソ 3,000円
マッサージ 500ペソ 3,000円
タクシー(初乗り) 40ペソ 730円

ーー数ある語学学校の中からニルスを選ばれたのはなぜですか?

ニルスは全てマンツーマンで授業を行なっているので、個人のペースで授業を進められるというのが主な理由です。

やはり集団での授業だと、仮にわからない所が出てきた時、先生に質問すると全体を止めることになるので、どうしても質問しづらい部分があります。

でもそれって、もしそのわからない部分が授業の中で鍵となることだったら、理解が深まらず、ものすごくもったいないですよね。

しかしマンツーマンだと、その都度質問出来るので、自分のペースで質の高い勉強が出来ます。そこは大きなメリットですね。

また、食事が3食しっかり付いているというのは、非常に助かります。ニルスが提供している食事は日本人に合うように味付けされているので美味しいですし、ありがたいです。

異文化を知れるのは楽しい

ーー休日は何をされているんですか?

あんまり遠出はしないですね。海に1度行ったぐらいで、基本は寮の周りを散歩しています。

多くの留学生は観光地に出かける事が多いと思いますが、私は寮の周りなどを散歩する方が、むしろローカルな生活の雰囲気を味わえて楽しいです。

あとは、趣味のギターを日本から持ってきているので、それを弾いています。パソコンを使って、授業の予習をしたりもしますね。

英語学習は継続が鍵

授業を受ける佐藤さん

ーー1日8時間の授業をこなしているとの事ですが、英語の伸びはいかがですか?

だいぶ聞き取れるようにはなってきましたが、話すとなるとやはりまだ厳しいですね。

これは何においても言えることですが、積み重ねが大事ですよね。まだまだ継続して勉強していかないといけないなと感じている所です。

ーー特に難しいと感じる授業などはありましたか?

カランコースは難しいと感じますね。やはり英語を話すことに慣れていないため、聞かれたことに間髪入れず答えるというのは大変です。

でもこのカランメソッドでは、話すことへの抵抗はなくなるなと感じます。

※ちなみにカランコースの説明はこちらの過去の記事をご覧ください。

留学後、外国人交流会に再挑戦する

先生との3ショット

ーーこのセブ島留学を終えた後、何か挑戦してみたいことはありますか?

地元の外国人交流会に参加したいですね。以前、参加したんですけど、もう全く歯が立たなかったんです。

周りは海外経験豊富な方達で、付いていけなかったんですよ。あの時は悔しかったです。

セブ島留学を終えたら、力試しにもう1度挑戦したいですね。

また、奥さんを海外旅行に連れて行きたいです。そこで英語に困らないよう、今頑張ろうと思います。

ーー最後に、留学に興味はあるけど一歩が踏み出せない同年代の方々に何かメッセージやアドバイスをいただけますか?

留学するのは、何も若い人の特権ではないと思います。英語を学んで洋楽を聞いたり映画を英語で見たりすると異文化に触れられるので、いろんな価値観を知ることが出来、視野が広がり楽しいですよ!

英語を学ぶのに遅いなんてことはありません。

興味があるのなら、勇気を振り絞って飛び出してみるのが良いと思います。不安もあると思いますが、意外とやってみると出来るもんですよ。

まとめ

いかがでしたか?

佐藤さんのように定年を迎えてから、留学に挑戦する人はいます。英語を学ぶことで見える世界が広がるはずです。

英語を学ぶのに遅いなんてことはありません。興味があれば今すぐ挑戦してみましょう。

ニルスは、あなたの挑戦をお待ちしております。

まずは相談やお見積もりなど、小さなことからでも構いません。気になったことやわからないことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

またニルスでは、シニア向けのプランも用意しております。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称