【セブ島家族留学体験談】午前は子供だけ英語学習!午後は家族でセブ島散策!

2019.08.21
カテゴリ:セブ島留学体験談
タグ:
  • Twitter
  • Facebook
  • line
皆さん憧れの家族留学

皆さん憧れの家族留学

お子様の留学をお考えの親御さんは多いかと思います。そして、親子ともに英語の授業を受ける親子留学は主流となっている留学スタイルです。

 

そうではなく、子供の付き添いだけしたいという親御さんもいらっしゃるかと思います。しかし、情報がない為に

 

  • 子供を留学させたいけど、親の付き添いって可能なの?
  • 家族で人数多いけど、部屋ってあるの?

 

と疑問をお持ちの親御さんは多いかと思います。

 

こちらの記事では、フィリピンのセブ島にある語学学校NILS(ニルス)に子供の留学と付き添いをされた木村家族の体験談を紹介します。

 

 

体験者プロフィール

お名前:木村 剛(ごう)さん、智子(ともこ)さん、聡太(そうた)君、直緒(なお)ちゃん、環太(かんた)君 親子

(実際にレッスンを受けたのは、聡太君、直緒ちゃんのみです)

人数:5名

年齢:10才(聡太君)、8才(直緒ちゃん)、4才(環太君)

職業:自営業

受講概要

受講概要 コース:スピーキングコース 期間:1週間

受講時間:4コマ/日

宿泊施設:クラシックキャンパス(4人部屋※別にマットや布団等がご用意できます。5人でご宿泊されています。)

 

 

家族5人でセブ島に行きたかった

家族5人、仲の良い木村ファミリー

家族5人、仲の良い木村ファミリー

ーー家族全員での渡航にこだわった理由は何ですか?

お母様:例えば長男と長女だけセブ島留学に行って、日本に帰って来てから、私達と留学話をするとするじゃないですか。その場合、私と主人と次男は同じ景色を見て、同じ食べ物を食べていないので、実際の空気感って分からないですよね。

なので、どうしても家族全員でセブ島に来たかったんです。

ーー長男と長女以外が、英語の授業を受けなかった理由は何ですか?

お母様:私は、中高一貫校で進学校の英語教員なので、英語学習はもういいかなという感じでした。留学よりはどちらかというと、街を練り歩いて景色を見たり、地元の方と触れ合いたい、という願望の方が強かったんですよね。

次男に関しては、1限あたり50分は集中力がもたないから、英語学習にはまだ早いかなと思っちゃいました。

 

お父様:私は、セブ島でリラックスしたかったんですよ。

実際にニルスに来て教室を見学すると、小さい子も結構授業を受けてますよね。私は正直、次男も授業を受けれたかなと思いました(笑)。

ーーホテル滞在ではなく、寮滞在にしたのはどうしてですか?

お母様:他の生徒達やスタッフとの触れ合いが、子供達にとって大事だと思ったからです。

私たちの寮の部屋は、貸し切りで他人の目がないので快適ですよ。

フィリピンのセブ島での語学留学に関して、迷いや不安は無かった

インタビュー中も和気あいあいとしたお父様、お母様、環太君

インタビュー中も和気あいあいとしたお父様、お母様、環太君

ーー今までに留学されたご経験はありますか?

お母様:学生の時に、個人的にカナダへ留学した事がありますね。

ーーカナダに留学された際に、セブ島留学はありましたか?

お母様:何10年も前の話なので、その時にセブ島留学等の選択肢があったのかどうかは、分かんないです。

ーー留学地として、フィリピンのセブ島に決めた理由は何ですか?

お母様:子供に英語を学ばせたいとなった場合、セブ島はお値段的に安く手が届く範囲じゃないですか。小学生のできる英語は本当に知れているのに、セブ島以外だとすごく高いですからね。

日本人の方で、イギリス英語やアメリカ英語でなければならないと思っている方は、多いと思います。でも私は英語を学ぶ上で、イギリス英語やアメリカ英語でなければならないという思いは、私には無かったんですよ。

ーー留学地として、フィリピンのセブ島に決めた理由は他にはありますか?

私の場合特殊で、発展途上国を子供に見せたいという願望がありました。

仮に子供達に、アメリカやイギリスやオーストラリア等の先進国に留学へ、行かせたとしますよね。子供達は、先進国って素敵だなと思うだろうけど、それは大人になってからも行けるし、友達が行くのに付いていく事もできますからね。

日本が当たり前ではない、どちらかというと大多数を占めているであろうその生活に関して、子供達には言葉では伝えてきていました。でも、どうしても子供達に本当の世界を、見せてあげたかったんです。

なので、セブ島以外は検討しませんでしたよ。

ーー周りで留学している人はいますか?

お母様:私の同僚の先生で、英語のスピーキングを勉強し直したいという意味で、昨年4週間セブ島に行ったという方がいましたね。

私とは考え方が違うから、治安が不安でセブ島を外したという人もいました。セブ島を外した人は、値段が高くてもカナダやイギリス等に留学すると、言ってたんですよね。

あと、私の年齢だと、親子留学を考える友達が多いです。他校はリゾートホテルだったり、子供だけ預ける事ができたり、卒業後に現地を見て周る等のツアー付きだったりします。

お金を払って連れて行ってくれるのは楽だけれども、私は地元の人に聞いて自分で見つけた方が楽しいと思う方なんで。

ーーフィリピンのセブ島に関して治安は不安ではなかった?

お母様:セブ島に来てすぐに寮にこもるのではなく、どんどん街中を散策する程に、敢えて発展途上国を選んだから、全く不安は無かったです。ジプニーや徒歩で、寮からTGUビルに来るだけでも、街の様子をリアルに見る事ができますしね。

子供達に危ない事はさせたくないけど、知るという事はさせたかったんですよ。

細かい気配りをしてもらえたから、ニルスに決めた

環太君が家族のムードメーカー

環太君が家族のムードメーカー

ーーセブ島の語学学校をいくつか紹介された中で、何故ニルスにしたのですか?

お母様:日本にいる時に、パンフレット等でセブ島の学校はたくさん検討しました。その中でもニルスさんは、積極的に細かく、丁寧な電話やメールをしてくれたからです。

ーー具体的に、ニルスはどういった対応でした?

ニルスさんは初めてだったので、年始に定員の空きがあるかどうかの、お問い合わせをしました。私も主人も仕事をしているので、早め早めに日程を決めないといけないと思ったからです。ただ事情があって、正確な日程を決めれなかったんですよね。

ゴールデンウィーク後ぐらいまでは、予約日程の変更が1回だけ可能でした。そういったニルスさんの思いやりがなければ、全部キャンセルになっていましたよ。

あと、ニルスさんはセブ島への渡航前に、色々な要望を聞いていただけました。

まず、2週間留学の予定を、1週間留学に変える事ができました。

それと、家族が5 人なんですけど、ニルスさんの寮は4人部屋しかなかったんですよ。でも、マットや布団等を、別で用意していただけると言われました。4人しか受け入れてもらえなかったら、家族5人でセブ島に行けなくなるところでした。結局、次男は私と添い寝にしてもらったんですけどね(笑)。

加えて、授業時間を6時間や4時間等選ぶ事ができました。授業時間が4時間だと、子供達は午前中に授業を終わらせる事ができます。そして、家族皆で午後からご飯を一緒に食べれるし、街を歩けますからね。

そういった細かい気配りをしてもらえたから、語学学校をニルスに決めました。

ーーニルスは他にも色々な対応ができます。 

託児所やキッズルームの紹介記事です。こちらも合わせて読んでみてください。 

渡航前の無料スカイプレッスンは、ありがたかった

渡航前の無料スカイプレッスン後に、ニルスで授業を受ける直緒ちゃん(手前)と聡太君(奥)

渡航前の無料スカイプレッスン後に、ニルスで授業を受ける直緒ちゃん(手前)と聡太君(奥)

ーー英語教師の観点から、フィリピン人の話す英語をどう思いますか?

お母様:渡航前から、フィリピン英語は安定して、キレイだと知っていました。実際に分かり易い、すごくシンプルで発音もキレイですよね。

イギリス英語もアメリカ英語も、もう少しくずれた形になります。フィリピン英語には、くずれた形はないです。そして、キレイだからこそ、日本人には分かり易いのかなと思います。

フィリピンは日本と同じで、英語は母国語ではないです。日本とフィリピンで英語の扱いが母国語ではない、つまり第二言語同士だから、分かり易いのかなと思います。

ーー無料スカイプレッスンを受けてみてのお子様の感想は?

小さい子供相手なのに、どの先生もすごく丁寧で良いですよ。

普通にスカイプ授業を申し込むと高いと思うので、ありがたかったです。

ニルスの対応は早かった

真剣な表情でマンツーマンレッスンに挑む聡太君

真剣な表情でマンツーマンレッスンに挑む聡太君

ーー長男と長女で大きな性格の違いはありますか?

長男は分からない事が当然だと思って、全然平気で何でも受け入れています。

長女はかなり真面目で、英語を分からない自分が嫌なのだと思います。なので、先生に対して、1時間ずっとI don’t know.(分かりません。)ばかり言い続けていると、言っていました。あのにこやかでフレンドリーなフィリピン人の先生方が、困っていたぐらいです。

私は英語を勉強していない人は、分からないに決まっていると思っているけど、長女は英語をそういう物だと思えない性格なんですよね。

ーー長男と長女で先生を一人にした理由は何ですか?

初め私は兄妹で助け合えるから良いかなと思って、兄妹2人に対して1人の先生だけ付けてたんですよ。でも先生の言っている事は分からないのに、長男はニコニコしているだけといった状況が起きました。そして、ニコニコしているだけの長男を見て、長女は不安になりました。

お互いの性格が違うので、途中から兄妹それぞれに1人づつ先生を付ける事に変えました。

先生を1人から2人に変えたけど、追加料金になりませんでしたし、スタッフさんにすぐに対応していただけましたよ。

ーー留学してみてお子様の感想はどうですか?

長男は、先生の表情も無いし、つまらない日本の学習塾より、ニルスの方が楽しいし、先生の表情から会話の内容等が分かるので、ニルスの方が面白いと言っています。

長女も、ゆっくり何回も英語を聞けるから良いペースでできて、ニルスは良いと言っていましたね。

次男も、Are you busy?(忙しいですか?)だけ覚えました(笑)。

ーーまた、ニルスで家族留学したいと思いますか?

セブ島で行きたい所は残っているし、週末に休みが取れればまた来たいです。

長男は、楽しいからもっとセブ島にいたいし、できれば住みたいと言ってました(笑)。知らない事を楽しめる性格だから、ワクワクするんだと思います。絶対に良い経験だと、私は思います。

海外で生活する免疫があれば、後々どこの国に行っても、独自の習慣等がその国の普通だと思えるようになると、私は思ってます。

ニルスなら、家族留学をカスタマイズできる

ニルスなら、午前中は子供だけ英語授業、午後は家族皆でセブ島散策といった事が可能です!お子様の留学に親御さんが付き添う事は、お子様にとって親御さんが近くにいて安心できる環境で、英語が学べる留学です。ニルスなら、親御さんは付き添いだけで、お子様だけ英語学習といったカスタマイズができます。

もし困ったことが起こったら、ニルスのスタッフにご相談ください。

木村親子と同じように、セブ島親子留学をカスタマイズされたご家族の記事です。こちらも合わせて読んでみてください。 

カテゴリ:セブ島留学体験談
タグ:親子留学
  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称