【体験談】夢は日本語教師!高村さんがセブ島インターンで得たものとは!?

2019.10.17
  • Twitter
  • Facebook
  • line

インタビューを受けてくれている高村さん

・英語力には全然自信がないけど、留学をして見たい

・海外でのインターンをして見たい

・費用を安く抑えたい

今回は主に上記に当てはまる人にぴったりな記事となっています。特に大学生にはものすごくオススメなので、ぜひ読んで見てください!

インタビューを受けてくれた高村さんはまだ大学2年生。若いうちから単身海外に飛び出した彼女が見据えるものとは?

体験者プロフィール

名前:高村 夏樹さん

年齢:20歳

職業:大学生 

受講概要

授業:インターンシップ0円留学 ※(前半3ヵ月:6時間のコール業務、4時間の英語のマンツーマンレッスン 後半2ヵ月:6時間の教室スタッフ、4時間の英語のマンツーマンレッスン)

期間:6ヵ月(24週間)

宿泊施設:クラシックキャンパス(4人部屋)

セブ島にて格安インターン留学したわけ

高村さん 教室スタッフの事務作業中

ーーそもそもなぜセブ島で0円留学に!?

中学生の頃にゴスペル(キリスト教の福音)を習っていて、その活動の集まりで海外の人と交流する機会が多かったんですけど、彼らと話しているうちに海外の人のテンションの高さ、ノリの良さに惹かれて行きました。

また、英語の流れるようなリズムで話す所とかすごく好きで、言語自体大好きになりました。それで、留学したいという気持ちは元々あってアメリカに行きたかったんですけど、アメリカだとものすごい額のお金が必要になるじゃないですか。とても現実的ではなかったので、留学を諦めかけていました。

しかし、たまたまこの0円留学を見つけて、費用の心配もないし英語も学べるから行こう!と思い留学しました。元々留学はしたかったので大きな決心をするとかはなかったですね。よし、行こう!と意外とあっさり来ました(笑)。

ーーインターンシップはどうでしたか?

私は最初はコール業務、その後は語学学校NILS(ニルス)で教室スタッフとして働いた為、2つのインターン業務を経験したのですが、ゼロから異なる仕事を2つもこなすのは本当に大変でした。しかし、2つ経験したが故に私はどんな仕事が向いていて、どんな仕事が向いていないのか今後判断する材料になって良かったと今では思います。

ーー具体的に仕事の内容はどんな事をしたのですか?

前半3ヵ月はコール業務をしていたのですが、コール業務は字の通りですね。ひたすら営業の電話をかけてました。最初は言葉遣いにすごく苦労しました。でも最終的には慣れる事が出来て、今後に活かせる営業スキルも身に付いたので良かったです!

コール業務をしている高村さん

残りの2ヵ月はニルスの教室スタッフとして勤務しました。この部署ではとてもいろんな経験をしました。留学して来た生徒さんが不安に思う事や疑問に思う事を解決してあげたり、ニルスに渡航すると初日にオリエンテーションがあるのでその際の引率、アナウンス業務など多岐に渡ります。

覚える事もたくさんで大変でしたが、ここでは臨機応変に動く力をすごく付けられたと思います。業務では、社会で必要になる力を伸ばせたので本当に良かったと思います!

アナウンス業務をしている高村さん

セブ島での格安インターン(0円留学)は大学生にオススメ!?

ーー実際英語はどれくらい伸びましたか?

正直私の場合は、授業外で英単語を暗記したり長文読解だったり自分で努力しなかった為、リーディングやライティングは微妙な結果に終わってしまいました。その代わり先生達とよく喋っていたので、リスニング、スピーキングに関してはものすごく伸びました!

来た当初は先生達が何を言っているのかほとんどわからなかったのですが、今ではすんなりと理解できます。話すのも以前よりは、考えすぎて話せないとか無くなりました。積極的に話しかけていた成果が見えて良かったです。

しかしながら、語彙力強化を怠った為に留学生活全体としての英語力の伸びは個人的に納得行けませんでした。だからこそみんなには、留学するなら自分でしっかり努力する大切さを噛み締めながらより実りが多い留学にして欲しいです!

授業を受けている高村さん

ーー格安インターン(0円留学)に参加して良かったですか?特に良かった点など聞かせてください。

先ほども言った通り、私の場合は英語力の向上という点だけで今回の留学を評価すれば良くなかったです。しかしながら仕事においては、営業スキルや臨機応変に対応するスキルなど、今後絶対に重要になって来るスキルを培えたのはものすごく良かったですし、プライベートにおいてもいろんな所に出向き充実していたので、総評は『最高』の一言に尽きますね!

そういう訳で私は大学生のうちにセブ島でインターンする事をオススメします!

何と言っても英語力が向上すれば海外旅行の際にもっと楽しめますし、海外経験を積むと他の大学生と差別化できます。しかし、大学生にとってネックになるのは費用ですよね。私もそうでした。でもニルスの0円留学なら寮の滞在費と食費(朝食、夕食)が掛からない為、充分自分のお金で賄えます。興味があるのなら飛び出しちゃいましょう!

ーープライベートでもいろんな所に出向いたとの事ですが、どこに行かれたのですか?今後留学する人の為にオススメの場所などあれば聞かせて下さい。

主にいろんな島を巡りました。特に印象に残っているのがボラカイ島ですね。美味しいレストランもたくさんありましたし、仕事の同僚と共にお泊まり会をしたので本当に楽しかったです!ボラカイ島は整備されていて周りやすいですし、海が本当に美しいです。留学中に機会があれば、ぜひ行って欲しいです。

食事もいろんな所に行ったのですが、1番のオススメはニルスのAVC寮から徒歩約30秒のPopoy’sSizzlersという鉄板料理がたくさんあるお店です。オススメのメニューはフィリピンのローカルフード、シシグです。お手頃価格ですし、とても美味しいです。

近い、安い、美味い!ぜひとも行ってみて欲しいですね。ちなみに、場所はこちら↓

ニルスのインターンについて解説されている記事はこちら↓

ITインターンについて解説されている記事はこちら↓

帰国後は、練習あるのみですね!

ーー日本に帰ってからの、何か英語に関する目標は出来ましたか?

私は留学に来る前、大阪にあるアメリカ村という所でアルバイトをしていて、外国人と関わる機会はものすごく多く、英語を使う機会はちょいちょいあったものの、いつもノリでやり過ごしてしまっていました。そこが私の悪い癖です。なんでも勢いでいってしまうというか(笑)。

日本に戻ってからは適当なノリの英語を話すのではなくて、しっかり正しい文法で話せるように頑張ります!あとは、今回の反省点でもある語彙力強化を意識して勉強していきます。

高村さん 先生との2ショット

ーー高村さんの夢はなんですか?英語の勉強を頑張っていますが、何か関係性があるのでしょうか?

自分で言うのもなんですが、私はまだ若いので限定はしたくないですが今の所、日本語教師になりたいです!子供って無知ですよね。まだ真っ白なキャンバスに色を塗ってあげるというか、教師という職業って、その人の力で生徒の人生に良い影響を与えてあげられるじゃないですか。良い意味でも悪い意味でも、子供は影響を受けやすいです。私は、たくさんの子供達に良い影響を与えられる人になりたいなと思っています。

英語を学んでいるのは、本当に言語自体大好きなのも1つの理由ですが、海外で将来的に働いてみたいというのもあって。また先程言ったように、教師という職業に魅力を感じています。そうなると日本人である事を活かして、日本語教師になるのが良いなと思いました。その為、英語の勉強を頑張らなくちゃ!という感じです。

ーー留学したいけど、なかなか1歩が踏み出せない人はたくさんおられると思います。その方達にメッセージを頂けますか?

留学したいけど、なかなか1歩が踏み出せない。私は今回躊躇なくピョンと来ちゃった人なので、1歩が踏み出せないというのはあまり共感出来ませんが、1つ言える事は、何事もやってみなきゃ始まらないよ!という事ですね。私も今回の留学で良かった事もあれば、悪かった事もたくさんあります。

しかし留学したからこそ、課題が見えましたし、そこを補えればまた1つ成長ですよね。何においてもです。やってみたからこそ、わかる事がたくさんあるはずです。迷う時間があるなら飛び出しちゃった方が良いと思います。だだ絶対に自分の軸というか、留学における目標は持ち、そこに向けて努力する事を忘れないで欲しいと思います。私の今回の反省が、今後留学する人のお役に立てれば幸いです!

ニルスの0円留学なら費用の心配もないですから、あとは自分の気持ちだけです。留学したいという気持ちがあるのなら、ぜひ留学して、頑張ってみて下さい。私は先輩としてあなたの挑戦を応援していますよ!(笑)

まとめ

高村さん 大好きなテレ先生との2ショット

いかがでしたでしょうか?

高村さんは今回の留学で、自分の良い所も悪い所もたくさん発見したようですね。日本に戻ってからも彼女は自分の弱点を克服する為に、日々精進していく事かと思われます。『やってみたからこそ、わかる事がたくさんある』彼女の言葉には情熱と説得力を感じますね。行動力が何より大切だと、筆者も感じます。

留学に興味があるのなら、迷わずすべきだと思います!ニルスはいつでも、あなたの挑戦をお待ちしています!気になった事、わからない事、何でも構いません。お気軽にニルスにお問い合わせ下さい。

また、インターン生の留学体験談は過去にも投稿しています。良ければお読み下さい!

合わせて読みたい

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称