海外OJT(職業体験)体験談 ~カッコいいホテルマンのお仕事に潜入取材しました~

2019.10.09
カテゴリ:セブ島留学体験談
タグ: / /
  • Twitter
  • Facebook
  • line

 

海外OJT(職業体験)体験談~カッコいいホテルマンのお仕事に潜入取材しました~

ホテルマンのお仕事ってかっこいいですよね

 

こんにちは!語学学校NILS(ニルス)です。

皆様は、海外で働く事にどんなイメージをお持ちですか?

なんだか難しそう、英語を使ってお仕事をするなんて大変そうだな….。そんな不安も沢山あるかと思います。

今回は、ニルスが提供する海外OJT(職業体験)でホテルのお仕事に挑戦された森山さんにインタビューしてみました。

海外で働いてみたい、留学で英語のお勉強だけでなく現地のお仕事を体験してみたいなとお考えの皆様には必見の記事です!

 

体験者プロフィール

お名前:森山創一さん

性別:男性

職業:大学生

受講概要

コース:OJTコース

期間:3週間

受講時間:英語4コマ、OJT6時間(1日計10時間)

 

海外OJT(職業体験)体験談~カッコいいホテルマンのお仕事に潜入取材しました~

ホテルの仕事ってなんだか難しくて大変そうですよね

海外OJT(職業体験)留学プログラムとは?

OJTとは「On the Job Training」の略の事で、実際の職場で上司や先輩から業務を教えてもらい、自分の興味のある仕事を体験する事ができる職業体験です。

ニルスのOJTプログラムでは幅広い業種の企業と提携しており、現地企業で仕事と英語を同時に学ぶ事ができます。

午前中にはマンツーマンレッスンでの英語の授業を受け、午後からは自分の就業先で実践的な英語を学べるので、効率よく短期間で確実に英語を伸ばされたい生徒様にもピッタリな留学プログラムになります。

 

現地の就業先はマクタン空港やホテル、旅行代理店や教育機関だけでなく、日本食レストランやネイルサロン、IT企業やコールセンターなど多岐にわたってご案内が出来、希望の職種を選んでいただく事ができます。

ニルスのOJTについて詳しく知りたい方はこちらへ!

 

ホテルOJTのお仕事は楽しくて充実しています

 

海外OJT(職業体験)体験談~カッコいいホテルマンのお仕事に潜入取材しました~

今回ホテルOJTプログラムに参加された皆様

 

 

ーーどうしてこのOJTプログラムでフィリピン留学をしようと思いましたか?

大学の先輩のオススメだったんです。「マハキタ」という学生団体があるんですけど、マキハタは留学の紹介をしていただける団体で、説明会に行ったらOJTプログラムがとっても魅力的だなと思ったんです。

もともと長期留学に行くつもりだったんですけど、海外で仕事が出来て英語の勉強もできるって聞いて、自分にぴったりだと思って。

長期留学で学校を休学してまで行っても、英語力が伸びない人って伸びないじゃないですか。

それなら短期でがっつり勉強がしたいなって。日本じゃ絶対できないし、やれるときにやりたいなって思ってきました。

海外OJT(職業体験)体験談~カッコいいホテルマンのお仕事に潜入取材しました~

業務中も全部英語なんて大変そうですよね

 

ーーOJTの仕事はいかがですか?大変じゃないですか?

とっても楽しいです。フィリピン人スタッフがみんな優しいんです。

フレンドリーで良い意味で気を使わなくていいので、日本とは全然違うんですけどそういった文化の違いが学べていいです。

一番楽しかったのはやっぱり自分の英語が通じたときで、英語で話して盛り上がったりするのってすごく楽しいですよね。

休憩中はスタッフの皆に日本の文化や漢字を教えたり、アニメの話で盛り上がったりしました。

特にフィリピンでは日本のアニメが非常に人気で、みんな何でも知ってるんです。

英語で沢山コミュニケーションが出来た事はとってもいい経験だったなと思っています。

 

 

海外OJT(職業体験)体験談~カッコいいホテルマンのお仕事に潜入取材しました~

まずはフロントにて笑顔でお客様をお出迎えします

 

 

ーーホテルのお仕事はどんな事をされるんですか?

一週間目はホテルのフロント対応でした。お客様対応でWi-Fiのパスワードを教えたり、困った事があったときに話をお伺いする役目です。

 

海外OJT(職業体験)体験談~カッコいいホテルマンのお仕事に潜入取材しました~

ドアマンの仕事って憧れますよね。様になっています!

 

2週間目からは、ドアマンとして立たせていただいて、あとお客様とコミュニケーションをとったり、荷物を部屋まで運ぶ仕事をしました。お客様は日本人や韓国人などのアジア人か、もしくは英語圏のアメリカ人やヨーロッパの方が多いので、色々話しかけてくれて。

優しいお客さんだとチップをくれたりするんですけど、日本にはない文化なのでとっても新鮮でした。

 

ーーそれは羨ましいですね!逆に、大変だったな~って思う事はありますか?

方言が大変でした。フィリピン人の方って、タガログ語やビサヤ語など母国語があって、フィリピン人同士だと英語じゃなくて母国語で話すんですよね。最初はちょっと仲間外れだと感じてしまいました。何言われてるのかなあとか考えたり。

でも今は軽く聞き流せばいいやって思えるようになりました(笑)。

最初は全然意思疎通もできなくて、英語力に自信もなかったので単語単語で話してたら何言ってるの?と言われて辛かったんです。

文章で伝える事の大切さを感じて、主語と動詞をつけて考えながら話す癖をつけたら、英語力がいきなり伸びて。

それからは仕事がずっと楽しくなりました。

 

 

海外OJT(職業体験)体験談~カッコいいホテルマンのお仕事に潜入取材しました~

仕事中でも楽しくおしゃべりできる雰囲気の良い職場でした

 

セブ島留学に来て英語を話せるようになりました

海外OJT(職業体験)体験談~カッコいいホテルマンのお仕事に潜入取材しました~

先生たちはフレンドリーで何でも気軽に質問できます

 

ーーニルスの先生やカリキュラムはいかがでしたか?英語力は身につきましたか?

留学に来た当初は聞き取れなかった英語が、ほとんど聞き取れるようになりました 。

先生との会話は楽しいし、一生懸命親身になって教えてくれるし絶対手を抜かないでコミュニケーションを取ってくれます。

スピーキングの授業はとにかく発音を注意されてきついんですが、自分の身についていくのがわかるし、話す力がどんどん増えていきます。

あと最初は聞き返す事が多かったんですけど、最近は早く言われても理解できるくらいのリスニング力もついて。

文章で話す事を意識して話していたら、通じる英語が話せるようになりました。

 

将来の夢はeスポーツを日本に普及させたい

海外OJT(職業体験)体験談~カッコいいホテルマンのお仕事に潜入取材しました~

将来の夢を語る森山さん。自信に満ち溢れています

 

ーー将来の夢はありますか?

実は自分はゲームが好きなんですけど、eスポーツ(※エレクトロニック・スポーツと呼ばれるコンピュータゲームをスポーツ・競技として捉える際の名称である)」を日本に普及させたいなって思っていて。

海外ではとっても発展していて、ゲームで稼ぐのが当たり前なんですけど、日本ではまだまだゲームは趣味だったり娯楽のイメージが強いじゃないですか。

日本人はゲームが上手な人が多いんですけど発達してなくて、プロチームとかも少なくてなりたくてもなれないって人が多くてもったいないんです。

ゲームって実はすごく稼げるんですよね。優勝したら賞金の額ってとんでもないくらい高かったりするし、トップの座に自分の名前が載ったらかっこよくないですか?自分のやりたい事で稼げるって、すごく夢があるなって思います。

 

ーー素晴らしいですね!具体的にはどうやって普及させたいと思ってるんですか?

まずはeスポーツの知名度をあげる事ですよね。今のサッカーや野球みたいなチームができて、沢山ファンが出来ればいいんです。

世界と比べると、日本のチームは規模が小さいんです。

中国だと市がeスポーツのチームを支援しているところもあって、いい経済効果だったり、観光客が増えたりしているんですよ。

日本にもプロスポーツとしてeスポーツを残したいなって思っています

その為には世界のeスポーツチームを逆輸入してもいいし、日本のチームを世界に進出させてもいいですし、とにかくその為には英語が必要になるんです。eスポーツの取引をやりとりする架け橋のような存在にゆくゆくはなりたいですね。

 

ーー夢が広がりますね。日本に戻ったらまずどんな事をする予定ですか?

とにかく色んな国に行って色んな文化を知りたいなって思っています。タイとかアメリカとかカナダとかヨーロッパみたいな英語圏にも行きたいですね。

実は今回のOJTプログラムを紹介してくれた学生団体に営業のインターンとして入ろうかと思ってるんです。

留学の引率もできるし、日本語教育プログラムの管轄も出来て楽しそうじゃないですか。

もちろん自分自身で留学にも行きたいので、お金をためて、行きたいと思ったときにすぐ行動できたらいいなと思っています。

 

ーー海外志向なんですね。海外就職も考えていらっしゃいますか?

考えてます。まだ全然明確なビジョンがあるわけではないんですけど、eスポーツに携わる仕事はしたいなって思います。

英語は話せて損するわけじゃないんで、絶対に身につけたいんです。大学は4年間あるので、日本に戻っても空いた時間は英語の勉強に充てたいなって思っています。独学でTOEICの勉強をして、自分のペースでしっかり英語力を習得したいと思います。

 

最後に海外OJT留学を悩んでいる皆様にアドバイス!

海外OJT(職業体験)体験談~カッコいいホテルマンのお仕事に潜入取材しました~

「来て本当に良かったです」と語る森山さん

 

ーーOJTプログラムはどんなところがオススメですか?

まず英語を話す機会が沢山あるので、充実した毎日を過ごす事が出来ると思います。

現地の方と沢山コミュニケーションをとる事ができますし、日本人でつるむだけの留学生活なんてもったいないじゃないですか。

異国の地に一人で来るって決めたので、精神的にも自立できたなと思っています。周りの環境を少し変えてみたいと思っているなら絶対来るべきだと思います。

何だってやりたいと思ったらすぐ行動に移るべきだと自分は思うんですよね。人生って一回きりだし、やりたいと思ってた事でも、チャンスを逃したら次は来ないかもしれない。考える前にまずは行動していきたいですね。

 

ーー本当に行動力がありますよね。いつ頃このOJTプログラムに行く事を決めたんですか?

実はほんの一か月前だったんです。OJTの事を聞いて、すぐに親に相談しました。説得するのも大変だったんですけど、親から独立できるいいチャンスだと思ったんです。

日本にいるだけじゃ環境を変える事ってなかなか難しいし、色んな経験がしたいって思ってたので。

フィリピンはとにかく物価が安くて何でも挑戦する事ができますし、日本との文化の違いを沢山感じる事ができました。

来たら何とかなるんだなって思いました。お金と携帯さえあれば、困った事があれば人に聞けばいいですし、フィリピンの方ってみんな親身になってくれる人ばかりなので。

英語が話せなくても自分自身で物事を解決させる事の出来るアドリブ力が凄く身についたなって思います。

とにかく留学に悩んでる方には、直ぐにでも行動するべきだと伝えたいですね。悩んでいてもしょうがないじゃないですか。来れば何とかなります!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

森山さんは非常に芯の強い方で、自分の将来の夢や志を沢山聞かせていただく事が出来ました。

彼の目標は「eスポーツを日本にもっと浸透させる事」とおっしゃっていましたが、どんな仕事につく事になっても英語力はこれからどんどん必要不可欠な存在になると思います。

将来のご自身の投資の為にも、海外OJT留学で新しい価値観や自分自身を発見してみませんか?

ニルスでは、そんな皆様をいつでもを全力でサポートさせていただきます。

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称