【親子留学体験談】子供も安心して住めると感じたフィリピン・セブ島留学

2019.11.06
カテゴリ:セブ島留学体験談
タグ:
  • Twitter
  • Facebook
  • line
親子留学って良いですよね

親子留学って良いですよね

学校が夏休み期間(8~9月)、日本はどこに行っても人が多く混雑していますよね。そこで、

格安で海外留学できる国はないだろうか?

子供達に海外経験を積ませたいけど良い国はないだろうか?

長期休暇の間、住み易い国はないだろうか?

と等々とお思いの親御さんは多いかと思います。

フィリピンのセブ島は、物価が安い、フィリピン人優しい、自然のアクティビティが豊富と全てに当てはまる国です。さらに、フィリピンの一般的な学校の夏休みは、4~5月となります。ですので、日本のように人で混雑する事なく、ゆったりと親子留学をする事ができます。

今回の記事は、夏休みにフィリピンのセブ島にある語学学校NILS(ニルス)に海外留学をされた親子3名の方の体験談です。この親子は、最終的には帰ってからもニルスのSkype(スカイプ)レッスンを受講したい。むしろ、セブ島にまだいたい、住みたいと思う程気に入っていただけました。

セブ島留学をお考えで、お子様をお持ちの親御さんに見ていただきたい記事です。

※Skypeレッスンとは、インターネット回線を利用したビデオ通話アプリ「Skype」でニルスが開催している英語のマンツーマンレッスンのことです。現地セブ島で授業を行なっている先生が、Skypeのビデオ通話を通して英語の授業を行なっています。

体験者プロフィール

お名前:森脇 ことえさん、悠俐(ゆうり)ちゃん、逞(たくま)君 親子

人数:3名

年齢:8才(悠俐ちゃん)、6才(逞君)

職業:主婦

受講概要

受講概要 コース:ことえさん 文法、語彙、TOEFL(書き、読み) 逞君、悠俐ちゃん カランメソッド×2、語彙、読み

期間:1ヶ月

受講時間:4コマ/日

宿泊施設:クラシックキャンパス(3人部屋)

日本の夏休みが暇すぎたので、格安セブ島留学をチョイス

淡々と答えるお母様と悠俐ちゃん、逞君

淡々と答えるお母様と悠俐ちゃん、逞君

ーーセブ島渡航のきっかけは何ですか?

正直に言うと、夏休み期間日本にいたくなかったんですよね。夏休み期間はどこに行くにも人で混雑しているし、良いホテルを予約するにも大変、長島スパーランドとかに行ってもプール等人が多いですからね。子供と一緒に1ヶ月近く日本国内でどこか遊びに行くのにもすごいきついし、それだったら逆に海外に行こうと思いました。

留学先は英語圏の国に行こうかなと考えていただけで、漠然とフィリピンとしか考えていなかったです。

ーーどのような流れでニルスへの語学留学となったのですか?

5月の時点で1週間ぐらいゴールデンウィーク用にどこか行こうかなと探していました。すると「子供と遊び」か「旅行」の検索で親子留学がヒットしました。そこで、ニルスのスタッフさんに遊びメインでの留学をご提案いただきました。結果、ゴールデンウィークにセブ島へ遊びに行くだけのつもりが、夏休みにセブ島で遊びついでに英語の勉強というプランに変わっていきました。

海外に行くなら3ヶ月ぐらい行きたいと思っていたので、夏休みの予約を5月にしようと思いました。

ニルスのスタッフさんの対応がすごく優しかったのを覚えています。

ーー何故、3ヶ月予定が1ヶ月のセブ島留学に変わったのですか?

本当は、娘をセブ島の小学校に息子もセブ島の幼稚園に通わせたかったんですよね。

私は、子供達の学校や幼稚園の夏休みが2ヶ月程度あると思ってたんですよ。夏休み前と夏休み後に2週間づつ休ませたら、3ヶ月海外に行けるのではないかと勘違いしていました。単純に考えていたので、ニルスのスタッフさんと3ヶ月日程のコンドミニアム滞在で見積もりと話を進めていました。でも良く考えると子供達は習い事も休まなければならないから、現地の学校と幼稚園を断念し1ヶ月留学に変更しました。

子供達には夏休みと課外授業の宿題も持って来させています。習い事も、留学前後に振り分けました。1ヶ月だけでもこんなに大変なんで、3ヶ月とか甘く見ていたなと思います。

ーー寮滞在にしたのは何故ですか?

セブ島に着いてすぐの2日間は、ホテル滞在だったんですよね。でもホテル滞在だと子供達は何の経験もできません。なので、1ヶ月丸々ホテル滞在は考えていませんでした。

当初の予定通りのコンドミニアムだとご飯等を調達しなければなりませんし、発展途上国を子供達に見せてあげたいというのもあったので、寮滞在で良かったかなと思います。留学前は右も左も分かりませんでした。

セブ島に親子留学するのに不安は全くなかった

仲の良い森脇ファミリー

仲の良い森脇ファミリー

ーー周囲の人の影響を受けてのセブ島留学ですか?

私の姪っ子が昨年か一昨年にセブ島留学に行ったんですよね。

私の父も仕事で何回もマニラに行っていて、今日も用事でマニラにいます。私の父は、距離感的にフィリピンを海外だと思ってないんですよね。そんな父なので、私達にセブ島に追加であと半月いたらと言ってきました。

あと、1年間フィリピンのセブ島へ小学4年生の娘とホームステイで語学留学(ボランティア、インターン)に行っていた私の友達が、7月に無事日本へ帰ってきました。そして、彼女にフィリピンは全然大丈夫と言われました。

ーー渡航前に不安はありませんでしたか?

私は結構1人で留学や海外旅行に行っていました。

小学校4年生の時に韓国にあるインターナショナルスクールに通ったのが、最初の留学でした。

海外旅行は、20歳ぐらいの時にイギリスへ1人旅に行きました。あと、タイ、中国、アメリカにも行きました。

正直中国に行った事があるし、マニラ経由でプーケットにも行ってるので、フィリピンも全然行けるかなと思っていました。一緒に行っていた友達はお腹を壊したけれども、私は大丈夫でしたし。もし体調を壊した時の為に、薬局で買った薬ではなく一応病院から処方していただいた薬をもらっていました。

ーーセブ島親子留学に対する周りの反応はどうでしたか?

ニルスに申し込みしてから1ヶ月程度経過後、夏休みに1ヶ月セブ島留学に行く事を学校の先生等へ言わなければなりませんでした。

出発も1学期の終業式の日にしました。その方が、セブ島に長く居られると思ったからです。

息子は幼稚園の年長さんなので、幼稚園の先生等へお泊り保育等も休みますと言わなければなりませんでした。急に前日には連絡できませんからね。

同様に友達に言っていくと、息子の年齢が年齢の為か「えーっ」と言われドン引きされました。友達は、英語学習には娘の年齢の8歳程度が最適だと思っているようでした。でもセブ島に来ると、息子の年齢の6歳でも遅いぐらいだというイメージに変わりましたね。

授業(渡航前の無料Skypeレッスン含む)が楽しい

日本でのSkype以来の再会

日本でのSkype以来の再会

ーー渡航前の無料Skype授業はどうでしたか?

3月に申し込んでからずっと受けていました。

セブ島に来る前に英語の基礎力を上げたかったので、良いシステムですよね。

子供達3人の中で、私は1番時間が自由で融通がききます。なので11時から14時ぐらいまでいつでも受けれて、予約したらほとんど100%受講できました。私は、20年ぶりに英語を本気で勉強する事になりました。

ーーSkypeの先生はどうでしたか?

Skypeの先生達は、子供達にすごく馴染んでくれました。あと彼らは、私達をさらにセブ島に行きたいという気持ちにさせてくれました。楽しかったので、留学終了後日本に帰国してからもSkype授業を受講する予定ですよ(笑)。

ーー授業の感想はどうですか?

私自身は、レベルが高い英語の授業は希望していませんでしたし、みっちり勉強しようとも思っていませんでした。英語授業のレベルを少し落として、本を読んで、先生と話しながらでないと飽きてしまうかなと思いました。

娘に関しては、彼女のレベルに合った先生と教材にしてもらえたなと横で聞いていて思いました。なので、彼女には最適な授業だったと思います。

息子の方は、ピアノ等を少し聞いた場合さっと弾けたりします。なので、実践的なカランメソッドは彼に合ってると思い選びました。でも彼は授業中に落ち着いてじっと座れていなかったので、英語が耳に入らず結果頭に残りませんでした。彼には無理やりにでもリピートさせたり、話させないと後に残らないのかなと思いました。

6時間/日だと息子の集中力が持たないと思ったから、4時間/日にしたんですよね。でも少ないから、もうちょっと授業を受講しても良かったかなと思いました。

ニルス主催のアクティビティにはほとんど参加した

参加して良かったチャリティー

参加して良かったチャリティー

ーープライベートはどこに行きましたか? 

セブ島では毎週、遊びに行っています。昨日と一昨日も休日だったので、シラオ庭園とトップスとレイヤー寺院に行きました。サントニーニョ教会や何ヶ所かのプールも行きました。子供達は元気だからストレス発散の為に、午後はプールで午前は英語の授業にしました。同じ日本から来ているたくさんの人達から情報を得て、ちょこちょこ近くのプールを利用しました。

私がいつもだったら料理や掃除している時間が自由だし、日本だと体力的にも毎日プールには行けませんからね。

ーーニルス主催のアクティビティやツアーはどうでしたか?

アイランドホッピングツアーやSMシーサイドモールツアーやチャリティー等、ほとんど参加しました。これらのイベントは、ニルスに留学で来ていた他の4つの家族と仲良くなるきっかけとなりました。彼らとはいまだにラインで繋がっていますよ(笑)。

4つの家族の内1つの家族は地元が同じなので、帰ってからも会う予定です。

ーー特にチャリティーに関してどうでしたか?

現地の子供達に日本語を教えるっていうイベントがありましたね。現地の子供達と直に触れ合えるから、娘と息子の為にも良かったと思います。

正直もっと貧困の強い所に行くと思っていたので、現地の子供達に関してはまだまだ裕福な家庭の子供達だなとは思いました。

セブ島にまだいたい、住みたい

フィリピンが肌に合った悠俐ちゃんと逞君

フィリピンが肌に合った悠俐ちゃんと逞君

ーートータルの感想はどうですか?

子供達は、フィリピンが大好きになりました。初めての海外留学は成功ですね。

冬休みにまたフィリピンに戻ってくるのであれば、諸事情で留学できるかは分からないけど遊びには来たいなと思いました。

父が昨日と一昨日セブ島に来ていたので、子供達はフィリピンで家を買って欲しいと父にねだっていました(笑)。

ニルスなら夏休みを満喫できます

ニルスなら、午前中に親子で英語授業、午後は親子でプールで遊ぶといった事が可能です!お子様と親御さんが一緒に留学される事は、お子様にとって親御さんが近くにいて安心できる環境で、英語が学べる留学です。ニルスなら、午前中だけ英語授業で午後から親子でプールで遊ぶといったカスタマイズができます。

もし困ったことが起こったら、ニルスのスタッフにご相談ください。森脇親子と同じように、セブ島親子留学をカスタマイズされたご家族の記事です。こちらも合わせて読んでみてください。 

カテゴリ:セブ島留学体験談
タグ:親子留学
  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称