【体験談】今後はハリウッドにも挑戦!?北野さんがセブ島留学を選んだ訳

2019.12.05
  • Twitter
  • Facebook
  • line

先生達と共に写る北野さん

・留学するには年齢的にもう遅いんじゃないか?

・留学した事ないけど、してみたい!

・英語を身につけて次のキャリアに繋げたい

この記事は、上記のような思いを持っている方にぴったりです!今回インタビューさせて頂いた北野さんは、以前語学学校NILS(ニルス)に留学していたお笑い芸人、品川裕さんのご紹介で渡航されたようです。ぜひ読んで見て下さい!

※以前留学していた品川さんの体験談記事はこちら↓

体験者プロフィール

名前:北野 由大(きたの ゆうだい)

年齢:36歳

職業:俳優

受講概要

プラン:General ESL Speakingコース

期間:2ヵ月

受講時間:8時間

宿泊施設:クラシックキャンパス(1人部屋)

『ハリウッドに挑戦したい。』その思いが私を駆り立てました

かっこいい北野さん

ーー今回留学しようと思ったきっかけは何ですか?

ずばり言うと、自分の将来的な目標がハリウッドで芝居をしていく事なんですね。その為には英語が必須条件になってきます。どの募集要項を見ても、英語は必須なんです。そこで、日本にいる時からSkypeにてオンライン英会話をしていたんですけど、これでは間に合わないなと思っていました。

英語の伸びに関する、自分が思い描いているプランと現実とのギャップに思い悩みました。どうしても今後、英語は必要になってくる。何かしらアクションを起こさないといけないなと思っていたタイミングで、とある海外の監督が手掛ける演劇ワークショップに参加し、品川裕さんと出会いました。品川さんから、ニルスに留学した際の話を聞いてすごく良いなと思い、よし!自分も留学して見ようと思い留学しました。

演劇ワークショップとは、主催する講師の考え方、演技の訓練法、実践法を紹介し、参加者は、それを通して自分で気付き、深めていく短期、中期の演技レッスンのこと

ーー留学前に治安なども含め、不安だった事はありますか?

ありますねぇ。僕的に治安に関しては、ニルスはITパーク内にあるのであまり不安じゃなかったですね。ただ、勉強についていけるかがとても不安でした。ニルスに来る生徒はみんな最初からレベルが高くて、自分なんかが行くと浮いて仕方ないんじゃないかなと。

しかし実際に渡航してみると、予想外に遊ぶ人もいれば、ものすごい勉強量の人もいました。結局勉強するかしないかは自分次第なんだなと感じました。

ーー北野さんはそのように感じて、実際に留学をどう過ごされていましたか?

熱く話してくれている北野さん

もうめちゃめちゃ、遊びたいという気持ちと戦いましたよ(笑)。常に誘惑に負けそうでした。自分は1度たがを外すと、なかなか切り替えて勉強できないという自分の性格を重々理解していたので、授業を終えて寮に戻っても基本遊びは断り、ひたすら勉強しました。

集中できない時は気分転換に近くのカフェに出向いたりして、なんとか継続して勉強し続けましたね。英語は継続が肝だという事を、日本で勉強している時からものすごく感じていたので頑張りました。

ーー留学生活、基本は勉強をして過ごしたとの事ですが、週末には特別どこか行かれましたか?

行きました行きました!時には息抜きしないとやってられないですよ(笑)。おかげさまでダイビングのライセンスを取得できました!しかも破格の安さで。

ライセンスを取得した北野さん

人生初ダイビングで、初日は耳抜きが上手くできずにライセンス取得できるか不安でしたが、指導者の丁寧なコーチングのおかげでしっかり取得できました。これで世界中どこでも潜れるので最高です!新たな趣味の発見かもですね。

いやー。本当に、セブ島の海は透き通っていてキレイでしたね!たくさんの魚とキレイなサンゴ礁、本当に感動しました。

ちなみに、今回北野さんがライセンスを取得した場所を過去に紹介しているので良ければこちらの記事もお読み下さい↓

マンツーマン授業だからこそ急成長できる

ーー英語の伸びはいかがでしたか?

文法、リスニング、ライティング、ボキャブラリーに関して言えば来た時より明らかに伸びているはずだけど、それがスピーキングに直結しないのが悔しいですね。授業、自習の時にインプットした事がいざ話すとなると、出て来ない。話す時に文法がゴチャっとなってしまう時もありますし、まだまだですね。

ーー日本にいる時からオンライン英会話をしていたとの事ですが、セブ島で授業を受けるのとどのような差がありますか?

ここでレッスンを受ける1番のメリットは、先生の事を深く知れるという所ですね。オンライン英会話って、1回の授業が25分しかないんですよ。25分って予想以上にあっという間に終わってしまうので、表面的にしかその先生の事を知れないんですよね。英語だろうが、人間やっぱりface to faceで話すのが1番ですよ。その人の事を知り、惹きつけられるからこそ授業も楽しくなります。

ここなら授業が50分あり、先生も自分が変更依頼をしない限りはずっと同じなので、ちょっと疲れた時にお互いの家族の事を話したり、恋愛の話をしたりして、特別な友情が得られます。元々の性格上、その人の事を深く知るのが大好きなので、マンツーマンでの授業は最高でしたね。

北野さん、エリー先生との2ショット

ーー気に入った授業は何ですか?

授業を受けている北野さん

全部授業は楽しいですが、強いて言えばカランメソッドですね!間違ってもいいから英語をどんどん話すというのがこのコースの醍醐味で、受講し始めてから細かい事は気にせずに、とにかく英語を声に出してみる大切さに気づきましたね。話す事に抵抗があるというのは日本人共通の弱点だと思うので、このコースは個人的に非常にオススメですね!英語脳を効率よく手に入れられます。

カランメソッドについて詳しく解説されている記事はこちら↓

セブ島は留学初心者にもってこい!?

ーーセブ島留学してみて、どうですか?良いと思った点など、お聞かせください。

留学先にフィリピンを選ぶ1番のメリットとしては、フィリピン人の性格の良さですよね。これはみんな感じていると思います。とにかく優しいんですよ彼ら。英語を教える時も、僕達と同じく第2言語として英語を学んでいるからか、こっちが言いたい事を汲み取ってくれるし、どこがわかってなさそうかも表情で理解したりするんですよ。驚きですよね。

よく聞く話として、日本人がいきなりアメリカとかオーストラリアとか英語のネイティヴ環境に飛び込むと、英語のレベルの低さで舐められるらしいですよね。いきなり行って、自信をへし折られたらたまったもんじゃないですよね。

ワーホリとか行くにも、まずはセブ島にて英語の基礎力、自信を付けてネイティヴ環境に行くのをオススメしますね。フィリピンはステップアップの国としてオススメだと思います。

また、費用が安いというのが最高ですね!留学費用はトータルで、他の英語圏の約3分の1くらいで済みます。敷居が低いので、挑戦もしやすいです!英語を学びたい人にはもってこいです。

迷ってる時間が無駄だから、飛び出しちゃえ!

ーー最後に留学を考えている方にメッセージ、アドバイスいただけますか?

メッセージ、アドバイスをくれている北野さん

アドバイスとしては、英語の基礎(文法、単語)は日本で固めてから来た方が良いのと、目標を持つ事ですね!ここで目標がないと、はっきり言ってキツイですよ。人間なんで、やっぱり楽な方に行こうとするんですよ。

僕も今回非常に、遊びたい欲と戦いました。僕が継続して勉強できたのは、留学行ったのに、何も変わってないじゃんと思われる事が嫌だったし、今後ハリウッドに挑戦したいという明確な目標があったからです。みなさんも留学するなら、絶対に明確な目標を持つべきですよ!

あとはー、留学に来る事自体が不安な方もおられると思います。気持ちはものすごくわかります。僕もそうでした。生活していけるかなとか、治安大丈夫かなとか、友達できるかなとか。

しかし1つ言える事としては、僕は行動だけが現実だと思っているので、あれこれ考えずに留学したいという気持ちがあるのなら飛び出しちゃうのが良いと思います。不安という壁を超えない限り、魂も成長しないと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?自分の芯がある方の発言はものすごくかっこいいですよね。『行動だけが現実』本当にその通りだと思います。行動しない限り結果は何も生まれません。良い結果にしろ、悪い結果にしろ、結果が出たら次のステップが踏めます。

ニルスは、北野さんの今後のご活躍を心から祈念しております!

また北野さんのおっしゃる通り、セブ島はフィリピンの中でも比較的安全ですし、彼らのオープンな性格から日本人の最初の留学先としては非常に適しています。

不安な事、わからない事、何でも構いません。気になった事があれば、お気軽にニルスにお問い合わせください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称