【旅行代理店OJT留学】セブ島は、刺激の宝庫でした【体験談】

公開日:2019.12.11   更新日:2020.03.31
カテゴリ:セブ島留学体験談
タグ: / /
  • Twitter
  • Facebook
  • line

・何ら変わりないいつもの学生生活に少し飽き飽きしている

・就活が始まるし、何かモチベーションが上がるような刺激が欲しい

・海外の働き方を肌で感じてみたい

そう思う方はおられませんか?

インタビューさせて頂いた今野さんは、来年度に就活を控える大学生。

様々な思いを胸に、彼女は単身セブへ飛び立ちました。

今回はそんな彼女の胸の内に迫りましたので、ぜひお読みください。

体験者プロフィール

お名前:今野 葵(こんの あおい)さん

性別:女性

職業:大学生

受講概要

コース:海外企業OJT留学プラン

期間:3週間

受講時間::専属メンター英語トレーニング(レッスンまたはOJT準備)

 

就活前に刺激を求めセブ島へ 

海外企業OJT留学プラン(OJT留学)とは?

ニルスのOJT留学は、海外企業での職業体験(OJT)専属メンターとの英語トレーニン グによって、生きた英語を身につけることができるプランです。

留学終了後には、就業先企業 ニルス、そしてフィリピン政府から「履修証明」が発行され、履歴書などにも書ける正式な実績として残ること就職先斡旋サービスがあることから、就活前の学生さんや、転職時の 社会人の方に人気のプランです。

※OJTとは「On the Job Training」の略

海外企業での職業体験は、多岐に渡る提携先から希望の業種を選ぶことができます。

(例:空港、ホテル、旅行代理店、教育機関、日本食レストラン、ネイルサロン、IT企業やコ ールセンターなど)

そして英語トレーニングの時間には専属メンターが付き、就業先での仕事やコミュニケーションが円滑に進むようにレッスンや準備を行います。

ニルスのOJT留学について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

 

刺激を求めて留学した

 

ーー今回のOJT留学のきっかけは?

今私は大学3年生なのですが、何ら変わりないいつもの学生生活に少し飽き飽きしていたんです。

いつも通りボーッとインスタグラムのストーリーズを見ていたら、英語で職業体験ができる!という広告が流れてきて、「そんな貴重な体験できるのならやってみたいな。」と思ったのがきっかけです。

それと、来年度から就職活動が始まるのですが、なかなかやる気が起こらなくて(笑)。セブ島で刺激を得たいなぁと思いました。

ーーそうだったんですね。では、通常の留学ではなくOJT留学を選んだ理由はなんですか?

先程も言いましたが、海外で英語を使って職業体験するというのがとても私にとって魅力的だったんですよ。

海外の職場の雰囲気を、身をもって味わいたかったんです。

ーー海外就職を考えているんですか?

海外就職は、あわよくばしたいです!

けれど、現時点で具体的にプランを立てているとかではないですね。

今回OJT留学に参加してみて、「将来海外で働くのは楽しそうだなぁ」と、より強く思うようにはなりました。

ーー旅行代理店を選んだのはなぜですか?

将来、旅行関係の仕事がしたいので選びました。せっかくだから、経験を積んでおこうという感じです。

様々な仕事先から自分の興味があるものを選べるのは、OJT留学の非常に良い点ですよね。

セブ島に2週間いれば、耳慣れはしますよ

英語のリスニングはすごく伸びました

ーー英語に関して、今回伸びた分野は4技能(リスニング、リーディング、リスニング、ライティング)の内、どれですか?伸びたと実感した具体的なエピソード等あれば教えてください。

リスニングですね。

来た時は空港で、本当に職員が何言ってるか分からなくて入国できるかなレベルだったんですけど、2週間経ったいま、スラスラと英語を話せはしませんが、ほぼ聞き取れるようになりましたね。

授業の先生に「調子はどうだい?昨日はどんな日だったの?」とスラッと英語で言われたら聞き取れなくて、毎回のように聞き返してたのですが、今は1発で聞き取れますね。

リスニングに関しては十分成長したのがわかりました。

スピーキング力も多少は向上しました。2週間、英語を喋らざるを得ない環境ですもんね(笑)。嫌でも少しは上達しますよ。

ーー4時間の英語の授業は何をしていたんですか?

授業のカリキュラムは専属のメンターさんが組んでくれるんですけど、主には職場での英語表現などの振り返りです。

振り返りなどを主に行った後は、私の場合はリスニングの教材の勉強に力を入れました。(※OJT留学の授業のカリキュラムは個人のレベルに合わせてメンターさんが組むので、人それぞれです。基本は、職場で使用した英語の振り返りです。)

入国で困ったレベルの乏しいリスニングスキルだったので(笑)。今は違いますよ!

職場でももちろん、会話は英語です

ーー職場では英語をアウトプットできましたか?

はい!周りがフィリピン人ですし、お客さんもほとんどが英語を話すので、アウトプットの環境としては最高です。

また職場がアヤラモールの中だったので、仕事終わりに店員さんに英語で話しかけたりもしました。

ちなみに、今野さんが働いていたアヤラモールは目まぐるしい程いろんなお店があって、留学に来た際はここに行けば何でも揃うのでオススメの場所です!
良ければ足を運んで見てください。

アヤラモールの地図↓

海外の職場の雰囲気を味わえたのが最高の経験

海外の職場の働きやすさに感動

ーー2週間旅行代理店での勤務を経験されましたが、職場の雰囲気などはどうでしたか?

良い意味でも悪い意味でも、本当に仕事がゆるいんですよ(笑)。

日本の職場のように殺伐とした雰囲気がないというか、みんな心に余裕がある感じがして、ストレスフリーに働けました。

仕事中に焦っている感じとか全然なかったですね。

仕事も丁寧に教えてくれましたし、本当に海外の職場は働きやすいなぁと思いました。

任せてもらえた仕事を紹介します

ーーOJT留学ではどんな業務を任されたのですか?

主に私の場合は、フェリーの搭乗券の発行などを仕事の時間にやっていました。

また、2週間ある内の最後の方でしたが、航空券の発行もやりました。

ーー旅行代理店でフェリーも扱っているんですか?

そうなんです。お客様の理想の旅行をプランニングするのも業務の内なので、このお客様にはフェリーのツアーなどを案内したら楽しんでもらえそうだなと思えば、そちらを案内します。

それで、フェリーに乗る為のチケット発行業務を私がやっていました。

ーーそれは難しかったですか?チケット発行のみに限らず、業務中に大変だなと思ったことは何ですか?

チケット発行に関しては全く難しくなかったです(笑)。簡単な作業でした。

注意点は、日付の入力などを間違えないようにするぐらいですね。

業務中に大変だった事は、お客さんの対応をしている時に名前とか記入してもらう事があるんですけど、ほとんどのお客さんが筆記体で書くんですよ。私、筆記体が読めなくて(笑)。

毎回、他のスタッフさんに読み方を聞いてました。そこは大変でしたね。

セブ島留学で学べる事は英語だけじゃない

価値観が違う人がたくさんいるのはすごく楽しい

ーーセブ島に来て良いなと思った点はありますか?

色んな人との出会いがあるのが良いですね。

留学に来る人って、変わってる人が多いので楽しいです(笑)。

大学を休学して来ている人、仕事を辞めて来ている人、定年退職して来ている人が、同じ1つの目標に向かう事って他にありますかね?

留学生という同じ土俵に立つ同志だからこそ、あまり気を使いすぎずに深い話もできるのが良いですよね。

違う価値観が交わる事で、いろんな視点から物事を考えられます。

旅行代理店でも友達増えました

職場で休憩中に同僚と話している内に仲が深まって、今ではメッセージのやり取りをするようになりました。

OJTはこのように、寮だけに限らず職場でも友達をたくさん作れるのが非常に良い点だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
学校生活に飽き飽きして来ているなら、刺激がある事をしてみるのが良いと思います。
留学は英語だけじゃなくて、いろんな価値観に触れられるのでおもしろいですよ!
留学する目的は、何も英語だけじゃなくて良いと思います。
「よし!やってみよう」と気軽に挑戦してみるのも吉です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

OJT留学に関して、詳しくは語学学校ニルスにお問い合わせください。

 

OJT留学が出来るのはNILSだけ!

【TESDA認定特別カリキュラム】

ニルスがご案内しているこの【海外企業OJT留学プラン】は、フィリピン政府機関TESDAが唯一ニルスに認定している、特別なプランです。

海外企業でのOJTの経験と、英語留学のクオリティが高品質であると認められており、ニルスでこのプランをご用意してから毎月平均して20人もの留学生が参加しています。

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧