娘には海外で自由に育って欲しい、将来の為にセブ島で親子留学【体験談】

2019.12.04
  • Twitter
  • Facebook
  • line
フィリピン人の先生とも仲良くなっていただけたようです

フィリピン人の先生ともすっかり仲良しキララちゃんと友香さん

お子様が小さいうちから英語教育をされるご家族はどんどん増えています。

親子留学される方も多くなっている中で、ご家族はどんな思いでお子様に英語教育をされていますか?

今回、お話を伺った大浦さん親子は、初めての留学でセブ島に2週間の親子留学をされました。

お母さんの友香さんは、お子様のキララちゃんに海外で自由に育って欲しい、個性を伸ばしてのびのび育って欲しいという思いを人一倍強く思っていらっしゃ方でした。

キララちゃんは日本でインターナショナルの幼稚園に通っているので一見して、日本で十分な英語教育を受けていますが、キララちゃんが小さいうちにセブ島の親子留学に行かせられて、てとてもよかったと言っていただけました。

そんな大浦親子に今回のセブ島親子留学ではどういったところが小さいうちに親子留学してよかったのかを伺いました。

大浦さん親子のセブ島留学での体験談をご覧ください。

体験者プロフィール

名前:大浦 友香さん/綺星ちゃん(キララちゃん)

年齢:28才と6才

職業:個人事業主

受講概要

授業:リーディング、スピーキング、リスニング/キッズアクティビティ 計4時間

期間:2週間

宿泊施設:ホテル滞在(2人部屋・ウォーターフロントホテル)

英語教育から離れる前に、セブ島留学で海外に興味を持たせておきたかった

先生と楽しみながら英語の授業

先生と楽しみながら英語の授業

――お子様のキララちゃんはインターナショナルスクールに通っているそうですが、インターナショナルスクールに通わせた理由は何ですか?

幾つかあるんですけど、正しい発音で英語をしゃべれるようになって欲しかったからです。

住んでいる所が訛りが強くて、学校の先生でも訛ってるんですよ。生活の中で訛りを覚えてくるのはしょうがないんですけど、先生の日本語が訛ってると英語も正しい発音にはならなそうだったのでインターナショナルスクールに行かせました。

――幼い頃からネイティブの英語に触れられるのは素晴らしいですね。他にも理由があったんですか?

住んでいる所の近くに英語をちゃんと習えるところがホントに少なくてその中でも一番いいのがインターナショナルスクールだと思って通わせていました。

でも、インターナショナルの小学校が近くにはないので卒園後は普通の小学校に行くしかなくて困っています。卒園後には塾や英会話に行かせると思うんですけど、やっぱり、ちゃんとした英語が身につくのか不安です。

――せっかく身に着けた英語なのに忘れてしまうともったいないですからね。

今回の留学を決めたのも、インターナショナルスクールから離れる前に一度海外を体験して留学に興味を持ってもらおうと思ったからです。

セブ島親子留学で分かった、英語の理解と外国人への慣れ

娘には小さいころから海外に慣れたいてほしい

娘には小さいころから海外に慣れたいてほしい

セブ島親子留学で外国人に慣れていることがはっきり分かった

――キララちゃんはインターナショナルスクールに通っているとはいえ、初めてのフィリピン人の先生に緊張はしてなかったですか?

緊張してなかったですね。

元々、人懐っこいんですけど、さすがに初めてのフィリピン人の先生だと緊張するのかと思ったんですが、全く緊張しなかったみたいでした。

――それはすごいですね!知らない人に英語で話しかけられても怖がらないなんですね!

やっぱり外国人に慣れてるんだと思います。

あと相手が外国人だから接し辛いという日本人ぽい苦手意識がないんだと思います、そこは留学にきて分かったところですね。

インターナショナルスクールで外国人の先生と話しているだけだと、結局は慣れた人、話しやすい人と話しているだけで外国人に慣れていることにはならないですからね。

――キララちゃんは先生の言ってることは理解できてるんですか?

娘に「フィリピン人の先生の言ってることで、分からないことある?」って聞いたら、「ない!」って言ってたんで、ちゃんとわかってるみたいです。

(もちろん、ニルスの先生はお子様にも英語で話しています)

――すごいですね。相手が英語で話していることもわかっているんですか?

そうみたいです。たまに家にいるときに英語で話かけると「なんで英語なの?英語使わないで。」と怒られるので。

一人で留学させる為には小さい頃から海外に慣れさせておきたい

生徒、一人一人に卒業式では卒業証書が授与されます

生徒、一人一人に卒業式では卒業証書が授与されます

――友香さんはどうしてそこまで熱心にキララちゃんに、英語教育をされるんですか?

早いうちに一人で留学に、できれば、中学生くらいから留学に行って欲しいと思っているからです。

――一人での留学時期としては、かなり早い留学時期かと思いますが、なにか特別な思いがあるんですか?

海外で自由に、のびのび育って欲しいと思っています。

日本の学校の、みんな一緒じゃないといけないっていう考え方が好きじゃないんです。決まり事が多くて、学校も皆と同じでことしなさいっていう教え方が私は良いとは思わないので。だから、キララには海外で自由に育って欲しいと思っています。

――キララちゃんに海外で育って欲しいという思いが強いようですが、日本の学校に不満をもたれてるんですか

日本の学校は周りと同じことをするように教えられる教育が好きじゃないです。

皆と同じことをしていないと変な人と思われる、私がそう見られていたからです。私は学生の頃に周りと同じことをしていなかったことで嫌な思いをしてたからキララには私と同じ思いをして欲しくないという思いが強くあります。

――キララちゃんの初の海外体験として、セブ島留学はどうでしたか?

とても勉強になりました!

今回の留学も小さいうちから海外の自由な文化や自由に表現しても受け入れられる人柄を知って欲しいと思ってセブ島の留学に来ました、やっぱりセブ島でも色んな人がいて、子供も自由に育っている様子も感じとれました。

インターナショナルスクールもセブ島留学も、キララ自身が留学したいと思ってもらう為の準備と思ってこれからも英語の教育を続けていきます。

まとめ

いかがでしたか。

今回お話しを伺った友香さんは、キララちゃんに海外で育って欲しいという思いから英語教育とセブ島留学をされた方でした。

留学をすることで、本人が外国に興味を持つことができて、外国の文化を知ってもらえます。

いずれは外国に渡って成長や活躍して欲しいと思っている親御様には、お子様に日本で英語学習する環境を与えていても、小さい頃からお子様にも留学をする価値が十分にあります。

是非、日本での英語学習だけではなく、お子様の成長の為にもセブ島親子留学を一度体験してください。

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称