カリキュラム説明【Callan Method】

2016.12.01
  • Twitter
  • Facebook
  • line

%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e6%b8%88%e3%81%bf-5【英語レベル:全対象】

こんな方にオススメ

「英語で聞かれた時に、すぐに返せるようになりたい」「効率良くインプットとアウトプットをしたい」

レッスンの進め方

カランメソッドはイギリスで生まれた英語脳を鍛える学習法です。
ポイントといたしましては英会話の際に一度英語を日本語に置き換えることなく英語の質問に対してそのまま英語で答えられるようになるための授業です。

授業は次の3つのルールに沿って進めていきます。

①先生が2回質問を繰り返し、生徒が1回答える。

②答えは完璧な文章でなければならない。(×a pen → ○It’s a pen)

③答えは短縮形でないといけない。(×It is a pen →○ It’s a pen)

例)先生:Am I standing? Am I standing?
生徒:No, you aren’t standing, but you’re sitting.

なんとなく授業のイメージが湧きましたでしょうか?
当校の授業は1コマ50分間になります。その中で質問と答えを繰り返し行っていきます。

Callan Methodのポイントはまだまだある!

第一に、先生の質問を正確に聞き取らなければならないのでリスニングの練習になります。
同時に発音やイントネーションも学ぶことが出来ます。
次に質問はある単語にフォーカスしてその単語を使った質問になります。
なので、様々な単語に触れながら授業を進められる点もポイントです。
そして答えを間違えても先生が丁寧に間違いを指摘してくれます。
あやむやなまま授業が進むということもありません。

なんだか難しそうだなと思われる方もいるかもしれませんが、全12ステージで構成されておりますので段階的に進めていくことができます。
レスポンスがとても早くなるのでぜひオススメな授業です。

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称