短期留学でもビジネス英語がしっかり身につくための心構え!

2019.10.24
  • Twitter
  • Facebook
  • line
ビジネス英語の必要性はますます高まってきていますよね

ビジネス英語の必要性はますます高まってきていますよね

昨今のグローバル化により、会社によっては社内公用語は英語という会社も珍しくない時代になりました。でも、

  • 会社で英語が必要だけど学ぶ為の長期休暇が取れない
  • 短期間でビジネス英語が身に付く方法を知りたい

とお思いの会社員の方は多いのではないでしょうか。今回は、上達方法を示したいと思います。

ニルスの短期留学でのビジネス英語コースを予約する

まずは、セブ島へ渡航する前に日程を決め、次に紹介するビジネスコースに申し込んで下さい。

ビジネスシーンで英語を使えるようになりたい方はこちらのビジネスコースがオススメです。会議でのフォーマルな会話やメールでのやりとりの為の文章力などに特化しているので、実際の現場ですぐに使うことができます。

一日のスケジュール例
9:00~9:50 ビジネス英語
10:00~10:50 ビジネス英語
11:00~11:50 スピーキング
12:00~12:50 ボキャブラリー
昼食  
14:00~14:50 文法学習
15:00~15:50 発音
16:00~16:50 スピーキング
17:00~17:50 ライティング

宿泊先は、個室と教室一体型のニューキャンパス

本校から車で5分程の場所に、学校所有の寮があります。高級住宅街に位置しており、安心してお過ごしいただけます。

こちらの寮では、先生が部屋に訪問して授業をする家庭教師スタイルです。朝・昼・夜の3食付きで、各階にWi-Fi、ウォーターサーバー、冷蔵庫を完備。近くにコンビニもあり、勉強と仕事に集中していただける環境が整っています。

ビジネスコースについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をお読み下さい。

短期留学への渡航前にしっかりと予習する(ニルスの英語無料Skypeレッスン)

無料のスカイプレッスンもマンツーマンです

無料のスカイプレッスンもマンツーマンです

ニルスに留学を申し込んでいただけると、無料のSkypeレッスンが受け放題です。申し込むのが早ければ早い程、受けれる期間も長くなりお得となります。

会社員の方は、残業や上司や先輩等との仕事以外の付き合いに時間を奪われ、自由に使える時間が少ないと思います。そんな方でも、1日のどこかの隙間時間に少しでもSkype授業を受けていただけるだけで、渡航までの期間かなりの時間英語を学ぶ事ができます。

Skypeレッスンでは、留学の時の授業時間50分の半分、1コマ25分のレッスンを受けていただけます。 そしてニルスに来た時に受けていただける授業の中から、特に事前に行なってもらいたいカリキュラムの3種類(話す、発音、会話)のうちから選んでもらえます。現地セブ島の講師によるマンツーマン授業を受ける事で留学までの期間、英語に耳を慣らす事ができます。まずは、渡航前にしっかりと英語の基礎を付けて下さい。

ニルスの渡航前の無料スカイプレッスンについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をお読み下さい。

ニルスの短期留学でのビジネス英語コースを受講する

英語の授業は、個室でのマンツーマンレッスンになります

英語の授業は、個室でのマンツーマンレッスンになります

ついにフィリピンのセブ島へ渡航です。

渡航前に、Skypeレッスンで英語の話す、発音、会話の基礎はできています。

ニルスでは、ビジネス英語の基礎や他のカテゴリーの応用を学ぶ事ができます。

こちらは実際にニルスのビジネスコースを受けられた方の体験談です。合わせてお読み下さい。

英語授業がない時間に、新寮の外へ出て学んだ英語をアウトプットする

無料の英会話教室が広がっています

無料の英会話教室が広がっています

寮や教室を出ると、無料の英会話教室が広がっています。進んで現地の人と接触して会話を積極的にする事で、学んだ英語をリアルな状況の中でアウトプットする事ができます。近くには、ITパークもあり人口も多いので、色々な人と会話をするチャンスがあります。

短期留学への渡航後にしっかりと復習する(ニルスの英語Skype授業)

有料ですが、渡航後もSkypeレッスンを受ける事ができます。渡航前と渡航中に学んだ事が無駄にならない様に、渡航後もSkype授業を受けて下さい。渡航前と同様、時間を見つけるのは大変かと思いますが、コツコツとやる事で復習となり英語が身に付きます。

まとめ

いかがでしたか?短期でビジネス英語を伸ばしたい会社員の方は、渡航前後のニルスのSkypeレッスンを活用してのビジネスコースをオススメしております。

ビジネス英語に興味を持たれた方は、ニルスへお問い合わせ下さい。経験豊富なスタッフがご案内させていただきます。

また、短期留学について詳しく知りたい方は、こちらをお読み下さい。

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称