セブで博物館?カーサ・ゴロルド博物館

2017.05.31
カテゴリ:観光紹介
タグ: /
  • Twitter
  • Facebook
  • line

みなさん、こんにちは。NILSスタッフのMです。

突然ですが、私の趣味は、博物館めぐりです!
日本だけでなく、中国、韓国、台湾、インド、ヨーロッパなど・・・
いろいろな国を旅行した私ですが、その国の歴史や文化を知るには、
やっぱり博物館にいくのがおすすめです!

セブは首都のマニラに比べると田舎の印象があるので、「セブに博物館なんてあるの?」
と思う方もいるかもしれないです。。。
が、あるんです、博物館!

今日は、セブのダウンタウンエリアに近いカーサ・ゴロルド博物館】ご紹介します。

2
この博物館は、ファン・ゴロルドという人の邸宅を博物館として公開しているもので、
(ファン・ゴロルドって誰だって気になった方、私も思いました(笑)
どうやら、セブ最初のフィリピン人司教、だそうです。)
石とタイルを使用した1860年代のスペイン風建築様式が再現されています。

5
広い屋敷に、緑の芝生の庭。

1階部分は石造りで、家畜や倉庫スペース。
2階部分は木造りになっており、一家の居住スペースになっています。

フィリピンの気候スペインの建物様式うまく融合している様式です。

中は、と言いますと、
こんな感じです!!!

6
7
3
IMG_6037
4
部屋がいくつもあり、リビング、ダイニング、寝室、古い家具、中国やスペイン様式の食器。
まるで、1800年代にタイムスリップをしたような印象を受けます。

ちなみに、1階のレセプションで入場料を支払うと、専用のガイドさんがついてくれます。
セブ市の街の成り立ちや歴史を、映像付きで説明してくれます。

セブ島というと、美しいビーチ、マリンスポーツ。
マッサージや、ネイルサロンなどのリラクゼーション。
または、近年発展が著しいコールセンターや、ビジネスプロセスアウトソーシングなど、
外資系企業の進出に目が向けられがちです・・・・

でも!!
このセブ島の発展も、中国やスペイン、その他の国の文化を寛大に受け入れて、
ミックスし、新しいフィリピン文化が発展してきたことを、肌で感じることができます。

ぜひカーサ・ゴロルド博物館に足を運んでみてください。

位置情報なども載せておきます(^^♪

名前  カーサ・ゴロルド博物館(casa gorordo museum)
電話番号  +63 63 329 4576

営業時間

毎日 10:00~18:00

 

 

↓セブ島留学やNILSの事が気になったらLINEにてお気軽にお問合せください!(^^)!Friends Added

banner_nakazawar

カテゴリ:観光紹介
  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称