外国人に日本語を教えたい!【ニルスの日本語ボランティアプログラム】

2019.04.12
カテゴリ:NILS情報
  • Twitter
  • Facebook
  • line
日本語を学んでいるフィリピンの生徒さんとニルスの生徒さん

日本語を学んでいるフィリピンの生徒さんとニルスの生徒さん

外国人に日本語を教えたい!そんな思いを持っている方必見です!

フィリピンでも、多くの方に日本語が必要とされています。語学学校NILS(ニルス)に留学すると、「外国人に日本語を教えるボランティア」に参加することができます。

あなたもセブ島にあるニルスで外国人に日本語を教えてみませんか?

日本語学習者が世界で何人いるか知ってますか?

日本語学習者の多い国ってどこ?

現在、日本語学習者が増えています。実際どのくらいの人が勉強しているのでしょうか?
世界の日本語学習者の人口を1位~10位まで発表します!

  1. 中華人民共和国(中国) 約95万人
  2. インドネシア 約74万人
  3. 大韓民国(韓国)約55万人
  4. オーストラリア約35万人
  5. 台湾 約22万人
  6. タイ 約17万人
  7. アメリカ合衆国(米国) 約17万人
  8. ベトナム約6万人
  9. フィリピン 約5万人
  10. マレーシア 約3万人

※順位・ 国・人数

世界の国の数が196か国。フィリピンは9番目に日本語学習者が多い国です!

なぜ外国人は日本語を学ぶの?

次になぜ外国の人が日本語を学ぶのか理由をみていきたいと思います。

  1. 日本語そのものへの興味(62.2%)
  2. 日本語でのコミュニケーション(55. 5%)
  3. マンガ・アニメ・J- POP等が好きだから(54. 0 %)
  4. 歴史・文学等への関心(49.7%)
  5. 将来の就職(42.3%)
  6. 機関の方針(35.3%)
  7. 日本への留学(34.0%)
  8. 国際理解・異文化理解(32.4%)
  9. 日本への観光旅行(28.6%)
  10. 受験の準備(大学等)(26.6%)

(単位:人 出典:国際交流基金「2015年度日本語教育機関調査結果概要」地域別の状況・2015年度学習者数順位)

日本語を学ぶ理由の1位は日本そのものに興味があるという結果になりました。

実際にもしあなたがフィリピンに来たら「私たち日本人に興味を持ってくれているなぁ…。」と実感することが多くあると思います。フィリピンの人たちは、私たち日本人をとても温かく受け入れてくれます。

日本に関心を持ってくれているフィリピン人たちへの日本語学習のサポートを、一緒にしてみませんか?

ニルスの日本語ボランティアプログラムをご紹介!

フィリピン人に人気の「日本語レッスンの先生」になれます!

数字の単位についておしえてます。

数字の単位について教えてます

ニルスでは、フィリピン人に日本語を教える日本語ボランティアに参加することができます。もちろん日本語を教えるには英語力も必要になります。

ニルスを介して日本語を教える体験をするという事のメリットとしては、日本語を教えるにも英語力が必要なため、ニルスで英語の勉強をしながら実際に学んだ英語を使用することができます。

セブ市内の図書館

セブ市内の図書館 24時間空いてます

場所はセブ市内の図書館。希望する市民に抽選で無料の日本語レッスンを開催しています。
5,000人の応募者が募る中、300人しか参加できない人気レッスンです。

図書館のスタッフが利用者の意見を募り、「無料で外国語のレッスンが図書館で受けられたらよいなあ…」と市長の案でこのプログラムの開催が決まりました。

今年からニルスはこのプログラムに参加することになり、市長に会いに行ってきました!

セブ市の市長さんとNILS(ニルス)の生徒さんたち

セブ市の市長さんとニルスの生徒さんたち

ニルスの生徒さんは月水金の夕方5時~夕方7時の2時間、日本語授業を行っています。
では実際に授業の風景を見てみましょう!

授業の風景

授業の内容は、ひらがなの書き方・読み方・挨拶と幅広く教えます。
この日は数字についての授業でした。

これはなんて呼ぶでしょうか

これはなんて呼ぶでしょうか

みんな真剣に考えてます

みんな真剣に考えてます

レッスンを受講する生徒さんは看護師・会社員・学生まで幅広く、授業を参加するのが初日の人もいれば1年間日本で働いていた人まで様々でした。

数字の単位について説明してくれています。わかりやすい説明ですね!

試験です、結構レベルが高いです…

試験です、結構レベルが高いです…

ラスト30分は試験タイムです。なんて読むでしょうか??

真剣にメモを取ってます

真剣にメモを取ってます

なんだろう…これ…んー。

なんだろう…これ…んー。

んー難しい…。みんな協力しあって答えを出します。

コツは3桁ずつ区切って読むことです

コツは3桁ずつ区切って読むことです

説明してくれてます

説明してくれてます

正直日本人の私たちでも少し困惑してしまう桁の数字でしたが、100点満点でした!
どうして彼らは日本語に対してここまで意欲的に取り組んでいるのでしょうか?
参加者の方にインタビューをしてみました。

なぜあなたは日本語を学んでいますか?

日本から届いたよー!

日本から届いたよー!

ーー日本語を学ぼうと思ったきっかけを教えてください。

「子供の頃、近所の人に植物をもらい感動したんです。そこから植物が大好きになりました。盆栽をビジネスとしてやりたいので、いつか日本で盆栽を学びたい!と思い、日本語を学ぶことにしました。」

日本の友達から送ってもらった盆栽グッズを嬉しそうに見せてくれました。素敵ですね。

他にもニルスには様々なプログラムがあります!

今回ご紹介した日本語ボランティア以外にも、ニルスでは様々なOJTプログラムがあります。

OJTとは「On-the-Job Training(オンザジョブトレーニング)」の略で、実務を通して仕事に必要な知識、技術、技能、態度などを習得しトレーニングを行うことです。ニルスが提案するOJTプログラムはグローバルな人材を育てるため、実際にセブの企業で英語を用いて実務を行います。

例えば、セブの都市開発に携わるプログラムや広告代理店、航空会社など幅広くご用意してます。詳しくは下記をご覧ください!

わからない部分があればいつでもニルスまでお問い合わせください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。日本語を学ぶ人が増えていることは、私たち日本という国にとっても意味のあることではないでしょうか?あなたも日本語学習者のサポートに携われる日本語ボランティアにぜひあなたも参加してみませんか。

 

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称