NILS(ニルス)公式ブログ|セブ島・語学留学学校

セブ島情報や留学生の体験談をお届けしています!

6月のイベント『Speech Contest(スピーチコンテスト)』NILSの生徒が英語でスピーチ!

      2018/07/25

NILSではコンテストや大会などのイベントを毎月開催しています!
そして6月は「スピーチコンテスト(Speech Contest)」です!
自分の意見を堂々と発表するスピーチコンテストの様子をご紹介いたします。

1月 Role Play(演技)
2月 Singing Contest Duo(デュエット歌合戦)
3月 Essay Writing Contest(エッセイコンテスト)
4月 Family Day for NILS Staff(スポーツフェスティバル)
5月 Debate(ディベート)
6月 Speech Contest(スピーチコンテスト)
7月 Declamation(演説)
8月 News casting(ニュースキャストコンテスト)
9月 Poster Making Contest(ポスター作製コンテスト)
10月 Halloween Party(ハロウィンパーティー)
11月 Spelling Bee(単語の綴りの正確さを競う競技会)
12月 Christmas Party(クリスマスパーティー)

※イベント内容は変更する場合がございます。

SpeechContestFlyers(1)-1

スピーチコンテストについて

スピーチコンテストのイメージ図

スピーチコンテストのイメージ図

スピーチコンテストではあらかじめ決められたテーマをもとに
一人一人、テーマについてスピーチしていきます。

審査員の先生方

審査員の先生方

今回もディベート大会の時と同じく、3名の先生がスピーチコンテストの点数をつけます。
司会進行も先生が行うので全て英語です!

 

今回のテーマは「男女平等」(Gender Inequality)

男女平等とは

男性と女性が、経済的、政治的、社会的、文化的に平等であり、それぞれに独立した人格である状態をさす。
日本大百科全書(ニッポニカ)引用

日本の世界男女格差指数(ジェンダーギャップ)は2017年、
144か国中、過去最低を更新し114位となっており近年問題となっています。

一方フィリピンは近年トップ10にランクインし続けており
「アジアで最も男女平等な国」です。

男女平等に関して日本と真逆のフィリピン。
果たして日本人生徒のスピーチはフィリピン人の先生方を納得させることができるのか…。

スピーチコンテスト当日

開始直前

開始直前。
緊張している様子で、最後にもう一度原稿を読み直す方もいれば
後は望むだけだ!と雑談している方もいます。

開始直前の様子

開始直前の様子

開始直前の様子

開始直前の様子


スピーチコンテスト開会式

司会の先生が英語でスピーチコンテストの説明を行っています。

司会進行をする先生

司会進行をする先生

今回もたくさんの先生や生徒が見守っています。
授業中ですが気になるようです(笑)

スピーチコンテストが気になる先生方

スピーチコンテストが気になる先生方


英語でのスピーチ!

今回は6名の生徒が参加しました。

4分から6分の間、一人ずつ自分の意見を堂々と発表しています!

気になってきた観客の先生たちや生徒たちも、共感することがあれば
「おぉ!!」と声を出して反応しています。

トップバッターはR.Eさん。

トップバッターR.Eさん

二番目はH.Tさん。

スピーチしている様子

続いてK.Nさん。

スピーチしている様子

四番目はK.Oさん。

スピーチしている様子

続いてM.Kさん。

スピーチをしている様子

ラストはK.Iさん。

スピーチをしている様子

スピーチコンテスト授賞式

頑張ってみんなの前でスピーチをした6名の中から、特にみんなの心に響いた方に賞が送られました!

3位:セカンドスピーチ賞

3番目にいいスピーチをした方には『セカンドスピーチ賞』が贈られました!

IMG_5318セカンドスピーチ賞を受賞したのはH.Tさん。
4週間の留学の最終週。
最初で最後のイベントだからと参加したみたいですが、初めてで賞をもらえるのは素晴らしいですね!

2位:ファーストスピーチ賞

2番目にいいスピーチをした方には『ファーストスピーチ賞』が贈られました!

IMG_5352

ファーストスピーチ賞を受賞したのはK.Nさん。
5月のイベント「ディベート大会」でも『ベストスピーチ賞』を受賞したK.Nさん。
安定しているスマートな英語で今回も賞を受賞されました!
ちなみにK.Nさん、NILSではIT留学をされています。英語もITも頑張っていてすごい!

1位:ベストスピーチ賞

最もいいスピーチをされた方には『ベストスピーチ賞』が贈られました!

IMG_5357

ベストスピーチ賞を受賞したのはK.Oさん。
イベントに参加したのは初めてですが、
先生たちを魅了するスピーチをしていて歓声が一番大きかったです!

コンテスト参加者と参加者をサポートした先生たち

コンテスト参加者と参加者をサポートした先生たち

惜しくも賞は受賞できなかった参加者も
自分の意見を堂々と英語でスピーチする姿がとても格好良かったです!

スピーチコンテストに参加した生徒の声

H.Tさん(21歳)

H.Tさんのスピーチメモの一部

H.Tさんのスピーチメモの一部



 スピーチで何を話すか、先生にアドバイスをもらいながら3日前から準備を始めました。
当日は少し緊張しましたが案外楽しかったです。
今回のスピーチコンテストでengageという単語を使いながらスピーチをしたのでengageを覚えました!

今回のスピーチコンテストでセカンドスピーチ賞を受賞したH.Tさん。
大学生ですが就職先も決まり、時間に余裕が出来たので、
母親のすすめでセブ留学に来たそうです。

R.Eさん(32歳)

R.Eさんのスピーチメモの一部

R.Eさんのスピーチメモの一部



日本人にとってはレズビアンやゲイはあまり身近に感じられないので、
あえて外して男性と女性についてスピーチを書いて先生に見てもらいました。
ですが「フィリピン人相手に喋るのであればレズ・ゲイ・LGBTなどの単語も入れた方がいいよ」とアドバイスをもらったので、アドバイスを踏まえながらもう1度スピーチを考えました。
当日はアクセントや発音に気を付けながら喋りました!

大学卒業後、東京の商社で約9年間働いていたという元商社マンR.Eさん。
高校生の頃英検準1級を取得したものの、10年以上英語を使っていなかったので
英語力ほぼ0からセブ留学をスタートさせたそうです。
今回のスピーチコンテストに出たことによって発音が向上したと言っていました。

K.Oさん(20歳)

K.Oさんのスピーチメモの一部

K.Oさんのスピーチメモの一部



今回の題材が難しく分からないことだらけだったので先生に助けてもらいながらスピーチを考えました。
男女平等の話だと女性が虐げられられてる話が多いですが、
自分は¨男性も男性でいろんな苦労をしているんだよ¨という事を言うのは意識しました。
授業で発音をとっているのでそこで習ったことを意識しながらスピーチしました。
フィリピン人はおぉ!イェス!などすごくリアクションをとってくれるので、皆が自分の声を聴いてくれてる感じが楽しかったです。

 

 

今回のスピーチコンテストでベストスピーチ賞を受賞したK.Oさん。
喋るときに抑揚を付けた方が伝わる事、英語の方が日本語より間を大事にして喋る事に気づき、
スピーチするのは日本語より英語の方が伝えられる!と言っていました。

ーさて、6月のイベントは「スピーチコンテスト」でしたが、毎月様々なイベントを開催しています。
参加している生徒は授業では習わないであろう新たな単語を知ることができたり、
英語について気づける部分があります。

7月のNILSイベントは「Declamation(演説)」です。
先生がサポートしてくれて一緒に文章を作っていくので、英語そこまで喋れないよ…という方も
イベントに出ることによってきっと自信がつくはず!
7月のイベントにも出てみようかな。と今回の参加者の中で意欲を見せる方もいらっしゃいましたよ。

英語をもっと身につけたい方、演説に興味がある方は参加してみてくださいね!

資料請求はこちら

 - NILSイベント , , ,

  関連記事