自分に足りないものは何かと考えたときに『私に足りないのは英語力だ』と思いました。 1日8時間英語に向き合うのは大変だけど、自分の中で英語力が伸びているのはよくわかります。

2016.04.14
カテゴリ:セブ島留学体験談
タグ: / /
  • Twitter
  • Facebook
  • line

_1000_500umaokaDSC00175お名前:馬岡 靖歩さん
年齢:20歳
プラン:8時間コース
寮タイプ:2人部屋
留学時期:4週間

セブ島とNILSを選んだ理由

⇒セブ島留学に至ったきっかけを教えてください。
来年から就活が始まるにあたり、自分に足りないものは何かと考えたときに『私に足りないのは英語力だ』と思いました。それが留学の動機です。

⇒NILSを選んだきっかけは?
いろいろなHPを見て、
経営者が日本人
アクティビティツアーを開催している
ことが分かったからです。アクティビティツアーに参加したら、いろいろな方と仲良くなれて楽しいかなと思いました。

セブ島での過ごし方について

一日の過ごし方を教えてください。
1日8時間も英語に向き合うのは、正直いうとちょっと辛いのですが、自分の中で英語力が伸びているのはよくわかります。 授業が終わったら、ITパークの中のお店へ遊びにいったり、土日は海や山へいったりしています。海がとてもきれいですね。

セブでの生活はどうですか?
最初は不安でしたが、来てみたらとても楽しくて充実しています。

学校の満足度について

⇒学校の満足度はどうですか?
すべてにおいて満足しています。

スタッフとのコミュニケーションはどうですか?
日本人スタッフもフィリピン人スタッフもすごくフレンドリーでとても楽しいです。

⇒この留学で意識していることはなんですか?
『とにかく英語がしゃべれるようになりたい』この点を意識しています。カランメソッドを6時間取っています。0022_002_300_240

留学を検討している方に一言

では最後に、セブ島留学を検討している方へアドバイスをお願いします。
こちらに来る前は本当に不安でしたが、来てみたらみんな同じ気持ちだったようです。
今はすごく楽しくて帰りたくないです。
不安はあると思いますが、迷っているのだったら絶対に来たほうがいいと思います。
一緒に勉強して、一緒に大きな素晴らしい人生を歩みましょう。

本日はありがとうございました!

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称