NILSのインターン留学でお得に長期滞在しよう!

2016.10.25
カテゴリ:セブ島留学体験談
タグ:
  • Twitter
  • Facebook
  • line

こんにちは〜!ちょみです!

先日、フィリピンのドゥテルテ大統領が米国との決別を宣言しましたね。麻薬撲滅と銘打った法規的殺人を世界中が懸念しているそうです。今後、フィリピンと米国との関係が悪化するとなると、日本にも甚大な影響を及ぼしかねないことは容易に想像できますね。
日本に帰国後、大好きなセブ島にもし旅行に行けなくなったら嫌だな〜(ポイントそこw)

ということで、本日は表題の通り、NILSでインターンをしている私が「NILSのインターン留学」をご紹介します!

インターン留学の概要

about_intern_illust

NILSのインターン留学とは、

  1. 1日4時間のマンツーマンレッスン
  2. 月曜〜金曜の朝食と夕食
  3. 宿泊費と光熱費

上記をすべて0円で提供します!

その代わり、1日6時間NILSのインターンスタッフとして語学学校運営に関わる業務をお手伝いしてくださいね!

という内容です。

フィリピン留学のメリット

まずは何故、これほどまでにフィリピン留学が流行っているのか?ということをご説明します。

みなさんきっと、フィリピン留学についてたくさん調べていらっしゃることと推測します。その理由はとてもシンプルです。

その1:物価が安い

フィリピン人の平均年収は、約48万円です。年収ですよ!?
日本人の平均年収が約408万円なのに対して、フィリピン人はそのおよそ10分の1しかもらっていないのです。

言い換えると、日本人経営の語学学校がフィリピン人の先生たちに払うお給料が激安ということなのです。日本だと、会社を経営する上で一番コストがかかるのが、人件費だと言われています。その人件費の部分が圧倒的に安いというわけなので、通常であればグループレッスンよりもコストがかかってしまうマンツーマンレッスンが激安になるというわけなのです!

その2:日本から一番近い英語圏

日本からフィリピンまでは、飛行機でおよそ4.5時間の距離です。LCC(Low Cost Carrier)という格安航空会社が増えてからは、航空券代もかなり安く抑えることができるようになりました。

私が、成田-セブ間の往復航空券をセブパシフィックで取った時の価格は、約3万円。往復3万円って、東京-福岡間より安いやん!(福岡出身)

海外としては日本からほど近いここ、フィリピンでは、英語が公用語として話されています。レストランのメニューも英語、道路案内板も英語、流行っている歌も英語…。

フィリピンでは「英語を話すこと」はいたって普通のことなので、発音の訛りなどは多少ありますが、ネイティブに近い英語を学ぶことができるのです。

その3:すべての授業がマンツーマンレッスン

物価が安いことから、マンツーマンレッスンが安く受講できることを先述しましたが、NILSでは授業のすべてをマンツーマンレッスンとして受講することができるのです。

グループレッスンとは、2〜30人程度の複数人対、先生1人の授業です。
グループレッスンだと、先生が説明していることがわからなかった場合でも、手を上げて授業を一旦ストップさせて、「わかりません。詳しく教えてください。」というのはとても勇気がいることですよね。日本人の多くは目立つことを嫌うのでなおさらだと思います。私もその一人で、学生だった時も分からないことがあった時は授業中ではなく授業後に聞きに行っていました。しかし、その時ですべてわからなかったことがクリアになるわけでもありません。

マンツーマンレッスンは、生徒1人対、先生1人。分からなくなった時や、もう一回説明してほしい時などはいつでも先生にその場で尋ねることができます。まだ言葉が理解できない赤ちゃんがお母さんに「Mom」という言葉を教える時のように何回も何回も、わかるまで丁寧に教えてくれるのが、マンツーマンレッスンのいいところです。

私がNILSのインターンシップを選んだわけ

ここで、私がNILSのインターンシップを選んだわけを教えます。

まず、私が留学をしたかった理由は、海外で働きたかったから。海外で働くには英語力が必須ですね!しかし、私は英語力はあくまで「ツール」として考えており、それを学ぶために莫大なお金と時間をかけることはあまりしたくないな〜と考えていたんです。

そこで、「留学 格安」などといったワードで検索していたところフィリピン留学が引っかかり、どんどん見ていくとインターンシップとして働くことで、留学費を相殺できるプランが存在するということを知ったんですね。

また、留学している間もWebデザイナーとしてのキャリアにブランクを空けるのを避けたいという気持ちがあったので、NILSのホームページ内のインターン生の業務の中に「ホームページの作成・更新」があった時は「これだ!!!」と思ったんです。

私はすぐにNILS宛にメールを送り、自分のこれまでの実績とスキルを伝えWeb制作の部署でインターンとして働きたいという意思を伝えると、ちょうどその時にWeb制作の技術者を探していた時だったということで、面接を受けて合格となりました。

NILSのインターンを経験して思ったこと

あと約1ヶ月でこのインターン留学生活も終わりを迎えますが、私はこの留学でたくさんのことを得られたと思っています。

本当に格安で留学できた

こっちに来て一番びっくりしたのは圧倒的な物価の安さですね!

留学費用は0円。食事も宿も付いてるし、1日4時間の英語の授業も付いています。
お金がかかることといえば、月曜〜金曜の昼食(1回約100円〜200円)、週末の食費くらいでしたので、ダイビングのライセンスを取得したり(これもなんとたったの14,000円程度!)、世界一美しい島といわれるパラワン島に旅行に行ったり、高級ホテルのデイユースでリッチな気分を満喫したり、勉強以外の生活も非常に充実していました。

本当に英語力が上がった

NILSでは、入学オリエンテーションの後に今の英語力を測るために簡単な実力テストがあるのですが、私はそのテスト結果を見て驚愕。そこには、しっかりと「Beginner」の文字が!つまり、お前は初心者レベルだ!と言われてしまったわけです。

それもそうでしょう。マンツーマンレッスンが始まった最初の頃は先生の言っていることを理解するのにたくさんの時間を要しましたし、自分の言いたいことがなかなか英語で出てきませんでした。

その後、私は自分自身を分析して、自分に足りない部分だと思った英文法の復習と、発音の練習、スピーキングの練習、ボキャブラリーの習得を授業を通して集中的に取り組んできました。

その結果、今となっては授業中に先生が話していることは90%以上わかるようになりました。自分が言いたいことも、最初の頃に比べるとスラスラ出てくるようになりました。まだ、難しいことを言おうとすると言葉に詰まることもありますが、前回のマンスリーテストでは同期留学生の中で1位のスコアを取ることもできました。

仲良い友達がたくさんできた

NILSに来てびっくりしたこと2つ目、若い人が多い!私は1991年生まれで今年で25歳。前の会社で働いていた時も、若手扱いで自分より年下が多い環境ではなかったのでこっちに来て、まずルームメイトが19歳なことにとりあえずびっくり!笑
インターンとして働いているみんなも、20歳、22歳…などなど、年下が多い多い!最初は、うまくやっていけるかな、と不安に思っていましたが、さすが留学に来るだけあって、みんな年下とは思えないほど自分の将来についてしっかり考えるという姿勢を持っていて話が合うな〜と感じました。同じ志を持った仲間であれば、年齢なんて関係ないんだな!と強く感じました!
特にいつも一緒にいるナッツは大人びた顔をしているくせに、私より一個下で、性格もしっかりしているので、私はよくナッツに怒られます…。笑 この前ナッツから「年上と思ってないもん」って言われたことを密かに根に持っているので、いつか年上の威厳を見せてやろうと影で意気込んでいるのですが、あまり言うと建築現場の元現場監督のナッツからコンクリート詰めにされるのが怖くてできそうにありません。笑

安く留学したい!でも長期滞在したい人は絶対NILSでインターン!

まとめになりますが、NILSのインターン留学には上記のようにたくさんのメリットがあります。しかも、NILSのインターン留学は24週間(約半年間)の留学以上〜受け入れが可能なので、

ほぼ0円で半年以上も海外に滞在できる

ということになります。

留学費用を安く抑えたいけど、確実に英語力を上げたい方は、ぜひ、NILSのインターン留学を利用してセブ島に長期滞在してみてください!

0円で語学留学!?
??そんな夢のようなインターン留学の詳細はコチラ??
mig

 

↓セブ島留学やNILSの事が気になったらLINEにてお気軽にお問合せください!(^^)!Friends Added

banner_nakazawar

カテゴリ:セブ島留学体験談
タグ:
  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称