【体験談】私のIELTSスコアアップ勉強法教えます!2度目の語学留学に挑戦中

2018.11.23
  • Twitter
  • Facebook
  • line

さくらちゃんプロフィール

体験者プロフィール

お名前:山本さくらさん
年齢:10代 
性別:女性 
職業:高校生

受講概要

コース:IELTSコース 
期間:12週間 
宿泊施設:コンドミニアム 

語学学校NILS(ニルス)に2度目の留学にやって来た山本さくらさん。 1度目の留学では英検2級にしていた彼女は、今回英検準1級と『IELTS』の勉強を頑張っています。
前回から約半年ほどでメキメキと語学力を伸ばしているさくらさんが
「なぜ、英検と『IELTS』に挑戦しようと思ったのか?」そして「日々どんな勉強をしているのか??」インタビューをしてきました。

 

なんで『IELTS』を受けることに?

ー 前回は英検2級取得のためにニルスへ3ヶ月間、語学留学に来てくれましたね。次は英検準1級かな?と思っていたら、「IELTS」コースを受講していると聞きました!どういった経緯があったんですか?

sakura-3

1回目のセブ留学が終わって日本に帰った時に、海外の大学受験も視野に入れて英語の勉強をしたいなと思ったんです。英検だと国内の大学しか優遇制度がなくて。でもIELTSのスコアを持っていたら海外の大学受験時に証明書として使えるそうです。

『IELTS』とは?

International English Language Testing SystemIELTS:アイエルツ)は、海外留学や研修のために英語力を証明する必要のある方、およびイギリス、オーストラリア、カナダなどへの海外移住申請に最適なテストです。また、英語で授業を行う大学や大学院に入学できるレベルに達しているかどうかを評価するものでもあります。

イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼ全ての高等教育機関で認められており、アメリカでも TOEFLに代わる試験として入学審査の際に採用する教育機関が3,000を超え、英語力証明のグローバルスタンダードテストとして世界中で受験者が増え続けています。

公益財団法人 日本英語検定協会HPより引用:

海外の受験に『IELTS』のスコアが使える!

海外の大学や専門学校の多くは「書類審査」が入試の中心で、日本の「センター試験」や「個別試験」にあたる一斉テストはあまり実施されていません。

海外への進学で必要になる主な書類としては

  • 願書・エッセイ(志望理由書)
  • 先生からの推薦状・高校の成績証明書・高校の卒業証明書
  • 語学力の証明書等
  • 財政能力証明書等

出願大学やカレッジによりますが、上記証明書の中の語学力を証明するのに『IELTS』受験で取得したスコアが使えます。
大学・コースによって入学条件となるスコアは異なりますので、必要なスコアと条件は出願大学のHPなどでご確認ください。また証明書等も詳細に関しては出願大学にご確認ください。

ニルスの「IELTS」の授業内容は?

ー 海外の大学も視野に入れて、受験に備えようと思ったんですね!英検準1級の勉強を始めたならIELTS受験も合わせて行い、スコアを持っていれば、国内でも海外でも使えるから、受験の準備としてはいいですね!では、日々どんな勉強をしているのか、さくらさんが受講しているIELTSコースのカリキュラムについて教えていただけますか?

sakura-3

1日のスケジュールは、朝8時から15時までの6コマ(1コマ50分 + 休憩10分)です。

IELTSコースのスケジュール

このスケジュールで、平日は毎日授業を受けていて、家に帰ってからは2時間半くらい勉強の時間をとっています。あと、単語は1日に200語覚えるようにしています。

勉強風景の写真

ー 授業で2つリーディングの授業がありますが、勉強していていかがですか?

sakura-3

リーディングは「IELTS」の中で一番難しい科目で、ボキャブラリーやグラマーの要素が入っていて、他の3技能と共通する部分が多いので総合的に勉強になります。

セブにきて勉強することのメリットってありますか?

sakura-3

間違っている部分があったら細かくその場ですぐ指摘してくれるんです! 日本で勉強していたら間違っていても気づかないところを直してくれるので、そこが語学留学のいいところだと思います。

マンツーマンのメリットですね。

sakura-3

あと、英語で授業を受けていると、よく英語特有のニュアンスが出て来るんですが、英語の先生が英語で説明してくれるので、理解がしやすいんです!

英語を日本語に訳して考えると日本語にない表現でうまく訳せなかったりするので、英語の表現を英語で理解できるようになると、テストの時も時間短縮になっていいですね。

 

先生とツーショット

“リーディングの先生と”

英語の勉強を日々こなしているさくらさん。2回目の語学留学に来て2ヶ月がたった今、リーディングとライティングがすごく伸びているようです。毎日の小テストで、平均して30%の正解率だったのが、今では75%まで上がっています!

sakura-3

英語の勉強を続けていると、どんどん英語がわかるようになるので純粋に今勉強することが楽しいです!

 興味を持って楽しみながら勉強できると吸収できる量が変わりますよね!

生活も今回はグレードアップ!

前回は最初の留学だったこともあり、寮に3ヶ月滞在していたさくらさん。今回は2度目ということもありすっかりセブの生活にも慣れて、ITパーク内のコンドミニアムを借りて、そこから毎日通学しています!学校から自宅までは徒歩5分という好立地!移動時間も短縮できて勉強の時間が確保できますね!

帰宅途中

 ITパークの治安について

ITパーク区域にはガードマンが立っていて常に出入りする人をチェックしているので、ITパーク内はとても安全です。スマートフォンや財布を手に持って歩いている人をちょくちょく見かけるほど!セブ市内では一番治安がいい場所と言えます。

今後の目標は?

 IELTSコースを3ヶ月受講したあと帰国したら、1月に英検受験とIELTS受験の2つを控えているんですよね。ズバリ目標を教えてください!

sakura-3

 

英検準1級合格!
IELTSスコア6! 
が目標です!   

いいスコアが取れることを心から祈っています!今日はありがとうございました!

セブに来て、ニルスで勉強を始めてからどんどん英語力が伸びているさくらさん。今後もニルスは応援していきます!

留学生活を楽しみながら、語学力UPを目指してみませんか?

ニルスのIELTSコースでは、IELTS試験を知り尽くした先生マンツーマンでIELTS攻略授業を行ってくれます。 先生たちは長年の経験で日本人がつまずきやすい問題や、IELTS攻略のコツなどを理解しているので、1人ひとりに合ったスコアアップサポートをしてくれます。

また、初めて留学する人も安心の8つのサポートもご用意しています。

これらのサポート体制の元、ニルスでは自分の目標に合った留学期間・1日のコマ数・とりたい授業などをヒアリングし、希望に沿ったカリキュラムをご提案します。お気軽に相談ください 。

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称