【体験談】セブ島留学が子供の英語学習に最適な理由を山口さん親子に教えてもらいました!

2019.01.18
  • Twitter
  • Facebook
  • line

サムネイル

2020年からセンター試験の英語の出題方法がマークシートから記述式へと変わるように、これからは今までと違う英語力が求められるようになります。何となくそういった流れになるのは知っているけど、子供に対してどのような英語学習が最適なのか悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか?今回、1週間という短期間ですが、17年・18年と2年連続で語学学校NILS(ニルス)の年末年始プランを利用してセブ島留学した山口さん親子。子供の英語学習にセブ島留学が最適な理由をお聞きしました。

体験者プロフィール

体験者:山口りひと君 お母さん:山口惠子さん 
(実際にレッスンを受けたのはりひと君のみ)

年齢:14歳

性別:男性

職業:中学生

受講概要

●1回目

コース:マンツーマン6時間コース

期間:1週間

受講時間:英語6コマ(1日計6時間)

宿泊施設:クラシックキャンパス(2人部屋)

●2回目

コース:通学7時間コース

期間:1週間

受講時間:英検(IELTS)2時間、TOEIC3時間、Callan2時間(1日計7時間)

宿泊施設:ホテル

これからは「学ぶ」の意味が変わってくる

山口惠子さん

山口惠子さん

ーーお子様の英語教育について普段からどのような事を考えているのですか?

お母さん:これからの子供たちにとって「学ぶ」という意味が変わってくると思っていて、今までみたいに予備校で勉強するっていう形ではなくなるんだろうなと漠然と思っていたんです。英語学習のあり方も変わるので、リゾート地でネイティブに英語を教わるというアプローチはどうかな?と思っていたんです。

ーー2020年からセンター試験の英語も出題方式が変わってきますよね?

お母さんそうですね。これまではリーディングとリスニングが重視される方式でしたが、今後はスピーキングやライティングも加わり4技能万遍なくできる能力が求められるようになりますね。

ニルスを選んだ「決め手」は?

ーーなぜセブで留学しようと思ったのですか?
お母さん日本でリーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの4技能が学べる場所を探していたんですが、対応している場所と人材が圧倒的に少なく、高額だった事もあったのでそれなら海外でネイティブに教えてもらった方がいいじゃん!って思ったんですよね。セブ島は物価も安いし、日本からも近いので最適な場所でした。

ーーそんな中、ニルスを選んだのはなぜですか?

お母さん細かいニーズに答えてくれたからですね。最初はTOEICの勉強ができる学校を探していたんですが、子供が当時は中学2年生という事もあっていきなりTOEICはハードル高いかな〜と思っていたので、ダメ元でニルスさんに「英検の授業してもらえませんか?」って問い合わせしてみたんです。そうしたら「いいですよ!」ってすぐ返事がもらえたので思わず即決しました(笑)。

ーーありがとうございます(笑)。

お母さん:ネイティブの方に1日6コマぐらい自分の学びたい内容の英語を教えてもらえて、値段もリーズナブルなので、ほんとに文句なかったです(笑)。英検の対策をやってくれる学校他にないので、本当に助かりました。

 

※ニルスではこの他にTOEIC、IELTSに特化したコースもあります。英検にも対応したカリキュラムをご用意する事もできますので、お気軽にお問い合わせください。

 

2度のセブ留学を振り返って

ーー実際にニルスで学んでみていかがでしたか?

お母さんセブ島に行ってみて思った事は、ライティングとスピーキングの勉強をみてもらえる事がありがたかったですね。

ーーライティングですか?

お母さん:そうなんです。今の英語検定はライティングの問題があって、エッセイを書いたりするんですよ。

ーーエ、エッセイ!?

お母さん:テーマがあって、それについて賛同するかor賛同しないで意見を書いたりするんですよ。

りひと君:回答には縛りがあって、指定された単語を全て使わなくてはならないパターンや4つの中から3つを使わなくてはならないパターンとか色々あります。

ライティングの問題

ライティングの問題

ーー難しそうですね。

お母さん:エッセイに関しては、日本で教えてくれる塾も人材も中々ないので、毎日ライティングを教えてくれるのは本当に良かったです。あとは発音のチェックをしてもらえたのが良かったです。1回目の留学後、英検2級に合格できましたし、校内のスピーチコンテストでも入賞する事が出来ました。

ーーおお!それはおめでとうございます。

お母さん:こういう目に見える結果も出たし、本人も英語を楽しそうに学ぶので、今度は英検準1級とTOEICに挑戦しようと思ってまたニルスさんに留学する事にしたんですよ。

ーー本当にありがとうございます。山口さんがまた来てくれて担当スタッフも喜んでいました。

お母さん:ニルスさんはこちらの要望に沿ってカリキュラムを組んでもらえるので、助かりますよ。

1日6時間から1日7時間へ

ーー2回目の留学は授業時間を1時間増やしましたね。何か理由はありますか?

お母さん:英検準1級とTOEIC対策という事でカリキュラムを組んでいただいたんですけど、スピーキングがちょっと少ないと感じたので、追加してもらいました。やはり、スピーキングは海外でないと出来ない事ですからね。逆に子供は大変だったかも知れませんが(笑)。

※りひと君は18/12/26〜12/30の間、1日7時間(英検2時間、TOEIC3時間、カラン2時間)の年末年始プランを受講しました。

2018年の年末年始プランはこちら

時間が過ぎるのが早かった授業時間

授業

マンツーマンの授業

ーー実際に授業はどうでしたか?

りひと君:カランの授業が楽しかったです!最初はスピードについていくのが大変でしたけど(笑)。
お母さん:簡単な英語でも即答したり、テンポ良く返答できた方がコミュニケーション的にも良いと思うので、カランメソッドはとても良いメソッドだと思いますね。

りひと君:フィリピン人の先生も楽しい人ばかりで話しやすかったですし、授業中は時間が過ぎるのが早かったです。

お母さん:ネイティブの人と会話慣れできるのもいいですよね。海外の人と会話する機会はある日突然やって来るので。事前に準備できるっていうのもセブ島留学の良い点だと思います。

ーー確かに、日本への観光客も増えてますし、そういった機会はますます多くなりそうですね。

英語+αが学べるセブ留学

ーーセブ島に留学してみて良かった点は他にありますか?

マゼランクロス

セブの観光名所:マゼランクロス

お母さん:世界の歴史に生で触れる事ができた点ですね。セブ島は大航海時代の重要なポイントとなる場所。そういった歴史的な場所に直接足を運べるので、ただ教科書で読むだけとは感じ方が違いますよね。それに日本とフィリピンの歴史についても学べるので、英語以外の教育という面でもセブ島留学は凄くいいと思ってます。

※フィリピン・セブ島は1521年に探検家・マゼランによって発見されました。

セブ留学にはこれからの英語学習に必要な事が揃っている

ーーこれから子供にどんな英語教育をさせたらいいか不安に思っている親御さんも多いと思います。

お母さん:これから求められる英語の4技能(スピーキング・リスニング・ライティング・リーディング)を日本で補うのは場所、人材的にも厳しいと思います。しかし、セブ島だとネイティブがマンツーマンでとてもリーズナブルな価格で教えてくれるので、例え短期間でも行く価値はありますね。

ーーセブ島に留学する際に気を付ける事はありますか?

お母さん:セブ島は暖かいし、食事も美味しいので基本的には過ごしやすいです。ただ、シャワーの水圧が弱かったりと全てが日本と同じクオリティではないので、あまり期待値を高くしない方がいいかもですね。よく治安の事を心配される方もいらっしゃると思いますが、セブ島は他の地域と比べて、安全な場所なので安心して生活できますよ。

ーーありがとうございました。これからも英語学習頑張ってください!また来年もお待ちしております。

 

いかがでしたでしょうか?

英語学習が変わるこれからの時代、リスニング・スピーキング・ライティング・リーディングの全てがリーズナブルに学べるセブ島に来てみませんか?ニルスではご希望の内容に合わせてカリキュラムを変更する事もできますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称