【親子留学体験談】経験が何より大切。吉田親子がセブ島留学で得たものとは

2019.11.27
  • Twitter
  • Facebook
  • line

吉田親子

グローバル化が進む昨今、我が子に将来は英語が使えるようになって欲しい。英語で人生の選択肢を広げて欲しい。そう願う親御様は多いのではないでしょうか?

今回インタビューさせて頂いた吉田様もその内の1人です。言語学習をするには、脳科学的にも幼少期が1番良いと言われています。幼いうちから英語に触れさせ、子供の可能性を広げてあげましょう!

この記事を読む事で、親子留学がどのようなものかイメージして頂けたら幸いです!

体験者プロフィール

お名前:母:吉田 絵利香(えりか)様 子:一輝(かずき)君 

人数:2名

年齢:母:48才 子:4才

受講概要

受講概要 コース:ジェネラルESLコース

期間:1ヶ月

受講時間:4コマ/日

宿泊施設:クラシックキャンパス(1人部屋)

幼少期の経験が何より大事だし、選択肢を広げて欲しい

吉田様親子と先生の3ショット

ーー今回の留学のきっかけを教えて頂けますか?

硬く話すと、英語という世界共通言語を幼いうちからこの子にどう伝えていくかと考えた時、英語が実際に使われている環境にどっぷり浸かろうと思い、留学する事にしました。

小学生になる前から英語の環境を作りたいというのはずっと考えていて、たまたま JAFの広報誌でセブ留学を見つけて、そこから自分で問い合せたという感じですね。

※JAFとはJapan Automobile Federationの略で、自動車に関する様々な業務を取り扱うほか、オーナードライバーの権益を保護する目的で設立された一般社団法人である。

息子の事を思ってが大きなきっかけですが、私自身旅行が大好きで今後も英語力は必要だから、息子と一緒に勉強しよう!といった感じですね。

ーー幼いうちから英語を学ばせる所以はなんですか?

これからの時代に、英語を話せる事は当たり前になって行くと考えていて、そうならなくとも英語を使えたら世界が広がるし、人生の選択肢が大幅に増えますよね。

この子にはどうしても英語を使えるようになって欲しいという思いがあって、6歳ぐらいまでが脳科学的に、言語学習の基礎作りにとても重要な時期と言われているので、今のうちに学ばせようという感じですね。小さいうちに英語のシャワーを浴びさせてあげたくて。

ーーすごく教育熱心ですね。確かに言語学習は幼少期に学ぶと頭に残りやすいし、発音も大人になって学ぶよりナチュラルになると言われていますしね。もし私が吉田様の立場なら、息子を小さい頃から海外に出すのは不安で仕方ありませんが不安などはなかったのですか?

原因は不明なのですが、実はセブ島に来て息子は計5回熱が出ました。その件に関しては少々バタついたものの、対応してくれた生徒対応のインターン生のおかげで大丈夫だったのですが。留学の終盤には免疫がついたのか、全然体調を崩しませんでした。

熱を数回発症したという事実からもわかるように、もちろん小さいうちから海外に出す事は相当なリスクを伴いますが、私はむしろ危ない面もあるからこそ成長できるというか、この状況は危ないよと言葉でダイレクトに教える場にできたのが結果的に良かったです。つまり、不安があるのは大前提で今回留学に来ました。経験が何より大切かなと思っています。

ーー不安な事はあったんですね。では来る前に不安だったけれど、実際に来て見ると全然大丈夫じゃん!と思った事はありましたか?

ニルスの食堂の食事が非常にびっくりしましたね。実は食事に関しては来る前に少し心配でした。料理人はフィリピン人なのに、味付けをこれまでかと思うぐらい日本人に合うようにしてくれていて食べやすいし、本当に美味しい。丁寧に調理法を教えているんだろうなぁと感じました。

週に1回カレーが出るのですが、今週豚肉を使用したなら次の週は鶏肉を使用するなど、飽きさせないように細かな心遣いをしている点にはすごく感心しました。非常に心がこもっていましたね。

ニルスの寮食について詳しく解説されている記事はこちら↓

留学先は迷いなくセブ島だった!

飛行機からの景色

ーー留学先にセブ島を選んだ理由は何ですか?

理由は結構あります。フィリピンの現大統領ドゥテルテさんが政治をし始めてから、非常に興味深い政治をするなとフィリピンに関心を持っていたのが1つと、今から発展していく国の雰囲気を肌で感じる事ができるのは非常に楽しいだろうなと思いましたし、フィリピンの歴史に昔から関心があった事も1つの理由です。

また、自然環境が豊かなところもすごく魅力的でした。主な理由はそれらですね。

ーーでは、ニルスを選んだ理由は何ですか?

まだ留学する学校を決めていない時に悩みや不安などを相談して、全てに対してニルスさんは丁寧、迅速に対応してくれてすごく気持ちが良かったです。そこが大きな決定打になりましたね。

特に、電話で対応してくれたスタッフには大変お世話になりました。その方は私が何を聞いてもすぐに答えてくれて、非常に助かりました。どの角度から質問しても答えられるのは素晴らしいなと感心しました。

やっぱり人間なので、そういった不安な時に全力でサポートしてくれると嬉しいですし、ここに任せて大丈夫だなと安心感も生まれますよね。即決でした。学校選びに迷いはあまりなかったです。

ーーニルスが良いと思った点は何ですか?

今回は私だけが授業を受ける事になっていて、息子が授業中に邪魔しに来て集中できないだろうなと当初思ったのですが、ニルスの先生はみんな面倒見が良くて、出来るだけ私の元に行かせないように本を読んだり、かけっこをしたりしてあやしてくれていました。いやー、本当に助かりましたね。

もし息子が私の元に来ると、先生方は『今はお母さんの時間だよ』と注意して邪魔をさせないように施してくれました。授業以外にもサービスが充実しているなと感じました。

かずき君の面倒を見てくれています。

それと、ニルスは伝達事項が外国にしてはかなりしっかりしているなと感じました。こちらが要求した事を翌日までにはしっかりこなしてくれていました。仕事のホウレンソウがよく出来ていて素晴らしかったです。

あとは、Skypeの無料レッスンサービスは素晴らしいと思います!留学前から耳慣れする事が出来るし、先生との仲も事前に深まって嬉しかったです。セブに来て、会った時の感動は凄まじかったですね。

留学前に習ったフレーズなどをセブに来て実際に使ってみると通じたので、勉強してて良かったなぁと感じました。メモした事を復習するのにも役立ったし、無料Skypeレッスンは本当に良いサービスだと思います!

無料Skypeレッスンについて詳しく知りたい方はこちらをご参照ください↓

親子留学はお互いに離れているからこそ、成長出来る

吉田様の先生との2ショット

ーー今回の留学で意識していた事はありますか?

私達自身の成長となるようにあらゆる事に負荷をかけるという意味合いで、あえて息子と距離をとるようにしていました。お互い個々に頑張るからこそ、共有があると思うんですよね。お互いに独立した時間を確保することは家族間でもすごく大切なことだと私は考えています。なので、今回はあえて授業中は息子とずっと離れていました。

ーーあえて授業中は距離を取っていたんですね。吉田様の英語の伸びはいかがでしたか?気に入った授業などありましたか?

カランメソッドをものすごく気に入りました。なんというか、考える間をあげないあのスパルタ感。日本人特有の、文法などを考えてしまうクセが無くなりますね。私たちが日本語を話す際に文法など気にしないように、英語もネイティブの方達は文法を気にしませんよね。カランメソッドのおかげで、瞬発的に話す力がものすごく付いたなぁと感じます。

カランについて詳しく知りたい方はこちらをご参照ください↓

 

ーー日本に戻ってからの英語の目標はありますか?

とりあえずは今回留学で勉強した事の復習と、授業の際に使用したまだ途中のテキストを終える事です。せっかく貰ったので、やり切らないと損ですしね。

復習はものすごく勉強になるのでひとまずはそこです。その後の英語の目標は、今の所考えてないですね。

親子留学中は出来事全てをイベントに!

ーー休日はどのように過ごされましたか?

休日はプールプールプールでした(笑)。ウォーターフロントホテル、モンテベロホテルなどのプールにデイユースで行きました。セブ島に来て、計8回行きました(笑)。

私的には有名なオスロブにいるジンベイザメを間近で見たかったのですが、長い時間息子を待たせたりするわけにはいかないので。プールなら目が届いて面倒が見やすいし、この子がすごく楽しでいるので、休日はほぼプールで遊んで過ごしましたね。それほど値段も高くないので、留学に来てる方へオススメですよ!

それと休日に意識していた事があって、授業後は実戦の場で、出来事全てをイベントにして楽しんでいました。

例えばまな板や包丁を買うという小さな出来事1つもイベントで、アヤラモールに出かけてその時間を息子と楽しむ。本当に11つを大きなイベントだと思うと、出来事全てが楽しく感じますよ!

補足

※ウォーターフロントホテルは、セブ島のランドマークと言えるほどの大規模なホテルで圧倒される事間違いなしです。プール以外にもカジノやレストランなど複合施設も充実しているので興味のある方はぜひ遊びに行ってみてください。

ウォーターフロントホテルの行き方はこちら↓

※モンテベロホテルはプールはもちろん、他にも設備、サービスが非常に充実しているホテルです。 モンテベロホテルのあたたかいおもてなしと心地よい雰囲気は、あなたのセブ島ライフをより良いものにしてくれます。

モンテベロホテルの行き方はこちら↓

ーーセブ島留学を終えて、何か印象的な事はありますか?

アヤラモールに行った際に、『かずき~』と言って1人の女性が遠くから走って来てすごくびっくりしました。誰だろうかと思ったら、Skypeレッスンを受けていた時からお世話になっていたサム先生でした。本当に人懐っこくて可愛いんですよ彼女(笑)。

モールでご飯を食べようと、ジョリビーというファストフード店で注文する際のタッチパネル操作に戸惑っていたのですが、サム先生が1から教えてくれて本当に助かりました。サム先生に限らずすごく実感したのが、フィリピン人は心が広いというか、見返りを求めない素の優しさが滲み出ているんですよね。

もちろん人にもよるんですが、平均的に優しいですし、日本人にはあまりない温かい心を持っています。印象的だったのは心の温かさですね。彼らから見習うべき所はすごく多いです。

Skypeレッスンをするとても可愛らしいサム先生

ニルスなら家族のように迎え入れてくれます!何の心配もありません。  

インタビューを受けてくれている吉田様

ーー今後の人生の目標はありますか?

日本人特有の受け身な姿勢ではなくて、こちらから発信していく事をどこの国でも意識していきたいです。息子に限らず、私自身もボーダーレスに生きていきたいです。もう英語が話せて当たり前な時代は近づいているので、英語を身につける事で可能性を広げていきたいです。

今回の留学で、日本でインターナショナルスクールに行くだけが幼児の英語習得の近道ではないなと思いました。ダイレクトに外国に小さい時から出向いて、興味を持たせるというのも1つの手なのかなと思いました!こういった親子での留学が、今後もっと浸透していっても良いのかなと思いました。

ーー最後に親子留学を考えている方へメッセージやアドバイスいただけますでしょうか?

ニルスは本当に家族のように迎え入れてくれるので、私から言わせれば留学しようよと言うよりは、一緒に生活しようよ!という感じですね。

食事やら授業やら、非常に細かな所まで気を使ってくれるので、海外慣れしていない方にとっても居心地が良く成長できる場なのかなと思いました。留学したい気持ちがあるなら、迷わず飛び込む事をオススメします!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
『親と子、あえて互いに独立する』吉田様の子供に対する愛情はとても深いですね。子供の将来の事を思うと、幼いうちから英語に触れさせてあげるのも1つの愛情なのではないでしょうか?

親子留学は不安という方もいらっしゃると思いますが、ニルスなら全力でサポートする体制が整っているので大丈夫です。家族の一員として迎え入れる準備は出来ています。あと必要なのは、勇気ある1歩だけです。さぁ、我が子と共に留学で成長しましょう!

わからない事、不安な事、気になった事など何でも構いません。お気軽にニルスにお問い合わせください!

他にも親子留学の体験談があるので、合わせてお読みください

 

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称