お申込書のダウンロードはこちら!

お申し込み書 参加条件書 親権者同意書

【体験談】夢は国際保育士!女子高生が単身、フィリピン・セブ島留学に!

公開日:2020.02.25   更新日:2020.03.31
カテゴリ:セブ島留学体験談
タグ: /
  • Twitter
  • Facebook
  • line

こんにちは語学学校NILS(ニルス)です。

グローバル化が進む中、子供の将来を考え留学に行かせたいなと思う親御さんが増えてきています。

この記事では、高校3年生でニルスに6週間留学した、鯉川さんの体験談について紹介します。

 

彼女は国際保育士になるという夢を叶えるため、単身フィリピンにやってきました。

将来のためにお子様を留学に行かせるか悩んでいる保護者様

高校生の内に海外に出てみたいと考えている方 にオススメの記事です。

 

体験者プロフィール

名前:鯉川 萌々香(こいかわ ももか)さん

年齢:17歳

職業:高校生

受講概要

授業:8時間コース

授業数:マンツーマンレッスン・8コマ(1コマ50分)

期間:6週間

宿泊施設:クラシックキャンパス(4人部屋)

 

フィリピン・セブ島がとにかく大好き!

 
今回取材にご協力いただいた鯉川さん

今回取材にご協力いただいた鯉川さん

東南アジアが大好きで挑戦したフィリピン留学

ーー留学に来ようと思ったきっかけについて教えてください。
 
受験が終わって時間のある高校3年生の冬季期間を活かして留学に行きたいなと思ったので、母親に相談しました。
 
私は東南アジアの国が大好きなんですけど、同じように海外志向の母親も大賛成してくれました。
 
セブ島留学で調べたらニルスがすぐに出て、「短期間で英語を習得できる!」を推していたし、1日8時間も勉強したら確実にレベルアップできると思ってニルスを選びました。
 
ーーありがとうございます。東南アジアが好きな理由はどうしてですか?
 
東南アジアの人たちってとにかくみんな優しいんです。
 
多文化で日本と全然違うし、色んな国のルールがあってそれが見えてきた時が楽しいです。
 
治安は少し悪いかもしれないけど、危ないことをしなければ問題ないですし、不安も全くなかったです。
 
気温もあったかいし、今回の6週間の留学じゃ物足りないなって思うくらいフィリピンは楽しいですよ。
 
 
ーー親御さんはフィリピンに行くことに対してどう思っていますか?
 
母親は全く心配していませんでした(笑)。
 
留学に行きたいって言うと、大賛成でいつも背中を押してくれる母親なので、恵まれたなと思います。
 
ゆくゆくはアジアに家を買って住もうかって話もしているくらいなんです。
東南アジアは物価も安いし、夢が広がりますよ。
 

高校生にして既に留学は3カ国目!

お友達とセブ島の遊園地に挑戦!

お友達とセブ島の遊園地に挑戦!



ーー他に留学に行った経験はありますか?
 
実はフィリピンが3ヶ国目で、アメリカのロサンゼルスとマレーシアにも行きました。
 
初めての留学だったアメリカはダンス留学で、英語の勉強をしながらダンスができる最高のプランだったんです。
 
それから英語と留学にハマってしまって、若いうちに色んな国に行きたいなと思うようになりました。
 
 
ーーすごいですね!初めての留学のきっかけは何だったんですか?
 
母親も英語が大好きなんですけど、自分は留学に行けなかったことを凄く後悔しているみたいで。
 
その分娘の私には絶対留学に行って欲しいって思いがあるみたいで、色んなことを挑戦させてもらっています。
 
学校の先生にもいろいろ手助けしてもらって出来た留学なので、周りの大人には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 

友達作りのしやすい環境

ニルスは友達作りにぴったりの環境が整っています

ニルスは友達作りにぴったりの環境が整っています

 
 
ーーフィリピンの生活はいかがですか?
 
とにかく楽しいです。
 
やっぱり高校生が1人で留学に行く時には友達できるのか心配になると思うんですけど、周りの大学生や大人が凄く優しくて直ぐに友達を作る事が出来ました。
 
フィリピンに来ている日本人ってフレンドリーな人が多いんです。
フィリピン人も同じように明るくて元気な人ばかりだし、毎日沢山の人とコミュニケーションをとっています。
日本ではなかなか出会えない人たちと仲良くなれたり、高校生の自分では経験できないような事ばかりで毎日刺激的です。
 
ーー良いですね!フィリピン人の友達はできましたか?
 
近くのコンビニの店員さんと凄く仲良くなりました。
 
イングリッシュネーム(英語の仇名)が欲しいなって思ってたので、どんな名前がいいか聞いてみたんです。
そうしたら「ジェシカ」って名前を付けてくれて。
 
それからは行くたびに皆んなジェシカって呼んでくれるようになって、毎日会えるのが楽しみになりました。
 
ーー英語で沢山やりとりされてるんですね。良い思い出はできましたか?
 
もちろんです。
 
学校の友達とお出かけしたり、クリスマスパーティでフィリピン人の先生と交流をしたりしました。
 
ニルスは英語を学びながら思い出を作るのにぴったりな環境が揃っています。
 
しっかり英語を勉強することももちろん大事だと思うんですけど、留学先での経験は一生の思い出になると思うんですね。
 
楽しみながら英語を身につけていくのが自分のマイスタイルになっています。
 

おしゃべり大好き!1日8コマの授業

鯉川さんの授業のご様子。いつも楽しくレッスンを受けています

鯉川さんの授業のご様子。いつも楽しくレッスンを受けています

話せる英語を最短で

ーーニルスの授業はいかがですか?お気に入りの授業などはありますか?

文法の授業がお気に入りです。

先生が大好きなこともあるんですけど、今まで正しい文法で話せていなかったので良い勉強になりました。

ニルスの先生は日本語が話せる方が多くて、本当に困ったときは日本語で助けてくれることもあります。

フィリピン留学は「話せる英語を最短で」身に着ける授業に特化しているものばかりなので、たくさん英語を話す授業が多くて楽しいです。

 

過去の経験が活きたフィリピン

ーー今までの英語の学習経験をお伺いしてもよろしいですか?
 
ロサンゼルスへ留学が決まった時に、日本で少しでも基礎を身に付けようと思って英会話教室に通っていたんです。
それでも最初のアメリカ留学は全然話せなくて、何も聞き取れないからすごく辛かった思い出があります。
 
アメリカ留学中も話せないことが悔しくて、ホームステイ先の人と話す練習をたくさんしてもらいました。
 
日本に帰国してからも、英会話教室に通い続けてビジネス英会話レベルにまで英語力を上げました。
 
やっぱりその経験があったので、ニルスの授業では沢山アウトプットするような時間が取れてスピーキング力がさらに上がりました。
 
授業中だけでなく普段の生活も全て英語なので、沢山話す機会がある留学だったなと思います。

将来の夢は国際保育士

英語×保育士=やりたいこと全部叶えます

ーー将来の夢や目標などはありますか?
 
国際保育士になりたいと思っています。
実はもう就職したい保育園も決まっていて、そのために短大に入ってまずは保育の勉強をします。
 
自分はダンスをしていた時に、年下の子の面倒を見るのが凄く好きな事に気づいたんです。
それから保育士になりたいなって思っていた時に、自分の大好きだった英語を諦めたくなくて。
 
そんな時に、国際保育士っていう職業を見つけたんです。
 
朝の”Hello.”から始まって、帰りに”Goodbye.”と言うまで全部英語なんです。
 
そんな保育園で働けるなんて魅力的じゃ無いですか?
 
自分がやりたいことだった「保育士」と、大好きな「英語」が同時に叶う道を発見して凄く幸運だったなと思っています。
 
やりたいことが明確に決まっているので、あとは大学生になるまでの間にぐんと英語力を身につけたいと思います。
 
 

高校生のうちに一回は留学に行って欲しい!

ーー最後に留学にいくか悩んでいる方に向けてメッセージをお願いします

自分も高校生で初めて1人で海外に出て留学に挑戦した時はとても不安で、心配することも沢山ありました。
 
でも来てみたら心配して損したってくらいどうにかなるし、自分でなんとかする力も身につきます。
留学に来てしまったんだからもう気持ちを切り替えて、留学生活を楽しむことにフォーカスして欲しいんです。
 
高校生で一人で留学に長期間行ってる人ってあんまりいないですし、その経験って絶対今後に活かされます。
だからこそ悩んでいる暇があるのなら、特に高校生は今すぐ海外に出て挑戦して欲しいなって思います。
 

まとめ

いかがだったでしょうか?

鯉川さんは非常にフレッシュで活気に満ち溢れており、将来国際保育士としてバリバリ働いている姿が目に浮かぶようでした。

高校生のうちから一人で海外に出ることはとても勇気のいる事かもしれません。

しかし、一歩踏み出した先には必ず新しい世界が広がっています。

その一歩を踏み出す機会を、是非ともここフィリピン・セブ島留学で経験して欲しいなと思います。

 

お気軽に語学学校ニルスにお問い合わせください。

ニルスのスタッフが親身に対応させていただきます。

 

 

カテゴリ:セブ島留学体験談
タグ:10代高校生
  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧