セブ島留学するなら知っておきたい海外保険【4つの加入方法と長所&短所】

2019.06.26
カテゴリ:留学のいろは
タグ: /
  • Twitter
  • Facebook
  • line
海外保険の加入方法について悩む女性

海外保険の加入方法について、良く知らない人は多い

セブ島に語学留学に行こうと思っても、海外保険の種類を知らない人が多いと思います。この記事では、様々な海外保険の種類そして方法をご紹介したいと思います。

海外保険加入の4つの方法

海外に留学したいけど海外保険はどうしたら良いのか、値段はいくらで補償内容はどうだろうと情報を欲している人は多いかと思います。

仮に期間を1年と設定すると、その方法とは現在4つあります。それぞれ、長所&短所があるので自分に合う保険を選びましょう。

保険

方法1

方法2 方法3 方法4
概算費用 15~44万円 0~4万円 11~19万円 5~10万円
補償内容 ☆☆☆   ☆☆

次で、方法1~4のセブ島に1年間海外留学した際の保険概算費用と補償内容を紹介していきます。

各保険の長所&短所

方法1:海外旅行保険や海外留学保険に加入する

海外旅行保険や海外留学保険

方法1で、1年間セブ島に留学した場合

日本の大型ショッピングモールや街中にある、保険代理店、旅行代理店、空港に出向き対面でお申し込みいただけます。

もしくは、日本出国前に、インターネットで海外旅行保険のサイトにて申し込むことが可能です。

・長所

  • 補償範囲が広く、補償金額が手厚い

 

・短所

  • 価格が高い
  • 日本を出国してから旅行途中では、加入不可

 

・注意点

  • 保険会社によっては、保険の値段が高額になる可能性があります。
  • 基本的に、年齢が上がると金額も高くなります。

方法2:海外旅行保険付きクレジットカードの自動付帯と利用付帯を併用する

自動付帯保険付カードと利用付帯保険付カードの併用

方法2で、セブ島に1年間留学した場合

自動付帯保険付カードとは、「日本を出国した時点から最長90日間補償が受けられる。」というクレジットカードです。

そして、利用付帯保険付カードとは、「海外で公共交通機関の料金を払った場合、その日から最長90日間補償が受けられる。」という条件があるクレジットカードです。

海外旅行保険付帯付クレジットカードをお持ちでない人は、クレジットカード審査にはインターネットを通じて申込みいただくか、商業施設・銀行等窓口での申込みやその他書類郵送により申込みいただけます。

・長所

  • 4つの方法の中では、一番安く済ませる事ができる

 

・短所

  • 補償金額が低い
  • 所有しているクレジットカードの会社に依存する

 

・注意点

  • 場合によっては、カード会社の審査に落ちる可能性があります。
  • 海外保険が付帯していないクレジットカードもあります。

 

オススメ

  • 三井住友VISAクラシック(利用付帯)
  • リクルートカード(利用付帯)

方法3:海外旅行保険付きクレジットカード(自動付帯と利用付帯)とSuMi TRUST CLUBカード会員だけ加入できる継ぎ足し保険

自動付帯保険付カードと利用付帯保険付カードとSuMi TRUST CLUBカードの併用

方法3で、セブ島に1年間留学した場合

SuMi TRUST CLUBカード(旧シティカード)を持つカード会員だけが加入できる海外旅行保険『海外旅行保険プラス』です。

方法4で紹介する保険と同じように、カード付帯保険の90日間のあとに継ぎ足すことができるという、日本唯一の保険です。

インターネットでSuMi TRUST CLUBカードのホームページから、お申込みいただけます。

・長所

  • 海外に行ってからも加入可能
  •  カード付帯保険のあとに日数を継ぎ足す形で利用できる(日本の保険として唯一)
  •  最長2年間まで契約が可能

 

・短所

  • 年齢と年収の制限がSuMi TRUST CLUBカードにある
  • 補償金額が低い(クレジットカード付帯保険期間)
  • 所有しているクレジットカードの会社に依存する(クレジットカード付帯保険期間)

 

・注意点

  • 日本出国から無保険の期間があると、加入できません」また、カード付帯保険が3ヶ月で切れた後に無保険の期間があった場合も、加入できません
  • 基本的に、年齢が上がると金額も高くなります。
  • 場合によっては、カード会社の審査に落ちる可能性があります。
  • 海外保険が付帯していないクレジットカードもあります。

方法4:海外旅行保険付きクレジットカード(自動付帯と利用付帯)と海外にある保険会社の保険を併用する

自動付帯保険付カードと利用付帯保険付カードと海外の保険会社保険の併用

方法4で、セブ島に1年間留学した場合

最大の特徴は、カード付帯保険のカバー期間(90日)のあとに、日数を継ぎ足して利用ができることです。(もちろん、利用付帯保険付カードを使ったあと、90日以降や180日目以降での利用もできます。)

インターネットでグローブパートナー等のホームページにてお申込みいただけます。

・長所

  • 付帯保険付カードのあとに日数を継ぎ足す形で利用できる
  • 出国してから、旅行途中でもインターネット上でカード払いで申し込み加入可能

 

・短所

  • 補償範囲が広くない
  • 途中解約不可、返金不可
  • 補償金額が低い(クレジットカード付帯保険期間)
  • 所有しているクレジットカードの会社に依存する(クレジットカード付帯保険期間)

 

・注意点

  • 日本出国から無保険の期間があると、加入できません」また、カード付帯保険が3ヶ月で切れた後に無保険の期間があった場合も、加入できません
  • 基本的に、年齢が上がると金額も高くなります。
  • レートにより概算費用5~10万円を下回るもしくは上回る可能性があります。
  • 場合によっては、カード会社の審査に落ちる可能性があります。
  • 海外保険が付帯していないクレジットカードもあります。

 

オススメ

  • グローブパートナー(日本語対応有り)

結論

お子さんのご留学等をお考えの親御さんは、海外旅行保険や海外留学保険(方法1)に入っていれば万が一があっても、間違いない保障を得られるでしょう。

海外に留学して、病気、事故、トラブルに極力巻き込まれないという自信のある人は、クレジットカードに付帯している保険のみを併用(方法2)で良いかもしれません。

期間を定めずに留学をお考えの人は、継ぎ足し保険(方法3、方法4)のように日本出国後にも加入可能な保険が便利かもしれません。

結局は、どのような留学にしたいか?その為にはどのような事が必要か?と考え、準備する事が大切です。このブログを参考にしていただき充実した留学生活を送っていただければと思います。

※無保険はかなりリスクがありますで、何らかの保険に入られる事をお勧めいたします。

ニルスにお問い合わせいただくと経験豊富な現地在住スタッフが相談に乗りますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリ:留学のいろは
  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称