NILSブログTOP

フィリピン留学とマルタ留学を経験した私が2つの利点を徹底比較

      2018/09/04

yes-3100993_1920

初めまして!語学学校NILSインターンのミナミです。

私は、マルタとセブの両方の留学を経験しています。
マルタは一か月間セブは現在3か月目の目下留学中となります。 
他にも結構幼いころから海外旅行を中心に経験しており、2週間のアメリカのカリフォルニアでホームステイしたことがあるんです。

そんな私が、本日はフィリピンとマルタで留学するメリットをお話しさせていただきます!

  • マンツーマン(フィリピン)とグループレッスン(マルタ)
  • マルタとフィリピンの物価

この2点を比較していきたいと思います。なぜこの2点かというと、海外留学という点で最もメリットとなる点と考えたためです。

フィリピン留学:マンツーマンレッスンのメリット

フィリピン留学はほぼすべての学校で、マンツーマンレッスンを取り入れています。
また、フィリピン人はとっても明るい性格の方が多く、面倒見がいいんです。

マンツーマンレッスン = 家庭教師と思ってもらえれば分かりやすいかと思います。
そりゃ、家庭教師の方が、個々のレベルに合わせてもらえるからいいですよね。
ただ、海外においてのマンツーマンレッスンは、個々のレベルに合わせられるだけでなく、
更にメリットがあります。それを以下(日本の英語教育、スピーキング)に述べさせていただきます。

P_20180306_171053

フィリピン留学での授業風景(個別授業)


日本の英語教育はダメ?

半分嘘で半分本当です。

☞ 私たちが学校で習う文法は、本当にしっかりしています。

留学してESLコース・文法の授業をとれば、日本の英語の授業で学ぶ内容と全く同じことを英語で説明されます。
他国の英語学習者が結構必死に理解しようとしている文法事項も、日本人には一度は聞いたことあるものだったりします。

マルタ留学で多くの国々とあったのですが、彼らの話している文法はめちゃくちゃです。
中には受動態ですら、先生に質問している生徒もいました。

☞ 足りないのはスピーキングとリスニング!

そのうち、リスニングは留学する時点でクリアできます。
授業も買い物も、みんな英語で会話します。

つまり、我々が考えるべきなのはスピーキングの方です。

マンツーマンとスピーキング

☞ マンツーマンレッスンですと、生徒が1人しかいないので、自然と自分が話す機会が多くなります。

シャイな日本人には、この特色は合っています。
もしかしたら「自分はシャイじゃない」と思っている人もいるでしょう。

しかし、海外を基準に考えればまだまだ慎ましいです。
勿論どうにかなる人もいますが、
少しでも不安がある人はマンツーマンから始めた方がスピーキングの上達が早くなると思います。

もちろん、スピーキングだけでなくマンツーマンを生かして自分が苦手な部分を徹底的に攻略したり、得意な部分をさらに伸ばしたりもできます。

マルタ留学:グループレッスンのメリット

マルタでの基本的に全てグループレッスン。

最大のメリットは多国籍の人と触れ合える = 多国籍の文化に触れ合える事です。
私の学校では、ブラジル、コロンビア、スペイン、トルコが特に多かったです。
次いでイタリアと言った比率で、日本人比率10%以下でした。
つまりは、海外志向の強い方には持って来いの環境です。

IMG_20170719_182834

マルタ留学での授業風景(集団授業)


グループレッスンの雰囲気は?

☞ まず、みんなガンガン間違えます。

日本の教育は悪くないという話をしましたがどうもほかの国の人たちは文法事項は適当か、もしくはきちんと覚えていません。

アルファベットユーザー※たちは母国語に似たところがあるから、とても早く喋ります。
さらに、間違いを恐れないので我先にと口を開きます。
※アルファベットユーザー:アルファベット文字を基本とする言語を母国語とする国の人たち。文法も英語に似ている。

質問することにためらいがないので、どんどん疑問点を解決していくエネルギーがあります
グループレッスンでも皆に後れを取ることはなさそうだなと見ていて思いました。

そしてがっつり先生に訂正されます。その様子を見ていると、
自分も間違いを犯すのが怖くなくなります。赤信号、みんなで渡れば怖くない!

☞ また、レッスン中の話題が増えます。

自分にはない発想を持った人の意見からどんどん話題が膨らんでいって、
自分一人では思いつかなかった内容について話す機会ができるのもグループレッスンの醍醐味ですね

他にも、他の人が自分の知らない単語知ってたりします。語彙力を高めるチャンスが沢山あります。

ただ・・・日本人の英語初心者には合っていない

☞ これを理解するのは非常に困難でした。

分からない単語があったらガンガン母国語読みするので、いわゆる「訛り」がかなりきつく感じます。
生徒が早く喋るので、先生も「そんなもんか」と思って早く話します。

分からないことがあったらその時にすぐ聞かないと、どんどん先に進んでしまいます。
慎ましい我々日本人には、質問する隙を見つけるのは結構大変です。

私は、高校生の時に英検2級をとっており、日本では一般的に初級者ではない方と思いますが、これにはかなり苦労しました。

両国とも物価が安い!?

マルタとフィリピンの滞在費を比較

☞ マルタでの滞在費

ヨーロッパの中では比較的物価が安いと言われています。
しかし、それでも1か月約45かかりました。勿論、結構外に出て遊んでいました。

マルタのカラフルな船 引用:https://pixabay.comマルタのカラフルな船 引用:https://pixabay.com

☞ フィリピンでの滞在費

最初の1カ月は、SSP(学生ビザ)などを含めて63,537円の出費でした。
私の場合、0円留学を利用しているので、通常とは違いますが、
航空券や授業料・滞在費を考えると、22万で1か月間留学できることになりますね。
フィリピンでは全く遊んでないかというとそうでもなくて、オスロブに行ってジンベイザメと泳いだり、友達とショッピングを楽しんだりしていました。

フィリピンの海

フィリピンの海


フィリピンとマルタの物価を比較

フィリピンの物価

フィリピンの物価が安いのは、既知の事と思う方もいらっしゃるでしょうが、以下に例を記述していきたいと思います。

  • 慣れてくると、1食100ペソ(約220円)以上の食事はちょっと良い食事に思える
  • バナナシェイクが30ペソ(約66円)
  • ドライヤーが199ペソ(約440円)
  • 土日の朝ご飯は7ペソ(約14円)のパンケーキ

7ペソのパンケーキ

7ペソ(約14円)のパンケーキ


マルタの物価

  • 水2L×6本が€2.5(約325円)しないくらい
  • €5(約650円)までが普通のワイン、€5-10(約650~1300円)がちょっと良いワイン、€10〜(約1300円~)は良いワイン
  • 具体的には忘れてしまいましたが、パンは60円ぐらいから食べれていました。

malta-821191_1280

マルタの代表的なお菓子 引用:https://pixabay.com


結論

ある程度、基礎英語ができている中級者以上、海外志向の強い方はマルタ
初めて or 初心者の留学は、セブがおすすめ!

せっかく留学するのに、思うように話せなかったら勿体ないですよね。
また、留学がどんなもかよく分からないのに大金を使うのは誰もが嫌なはずです。

セブ島は、そんなビギナーにやさしい環境が揃っています。
留学を躊躇している方、お問い合わせいただければ、あなたのレベルにあった内容をご案内できるかもしれません。
どうぞ、お気軽にお問合せください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

 - 英語勉強法 , , ,

  関連記事