【体験談】フィリピン留学で世界感が変わった。元不登校大学生が海外インターンで得たものとは

2019.11.20
  • Twitter
  • Facebook
  • line

こんにちは語学学校NILS(ニルス)です。

今回の記事は

  • 海外生活にずっと興味あるけどなかなか一歩が踏み出せない。
  • 英語ができないから不安。
  • お金の問題が…。

という悩みを抱えている方必見の記事です。

今回インタビューを受けてくれた岡本さんは今では20歳にしてセブ島渡航6回目という経歴を持っていますが最初の頃は全く英語が話せなかったそうです。

常に行動しながら成長し続ける岡本さんのインタビューはなかなか初めの一歩が踏み出せないあなたの背中を押してくれます。

 

体験者プロフィール

名前:岡本賢さん

年齢:20歳

職業:大学生

受講概要

授業:0円留学コース(お仕事6時間+英語の授業4時間)

授業数:マンツーマンレッスン・4コマ(1コマ50分)

期間:6ヶ月(24週間)

宿泊施設:クラシックキャンパス(4人部屋)

 

 

高3の時のフィリピン留学で世界観が一気に変わった

ーー岡本さんが海外での生活に興味を持ったきっかけはありますか?

はい。僕が海外生活に興味を持ち始めたきっかけは高校3年生の時に行ったフィリピン留学がきっかけでした。

実は僕、小学生高学年と中学生の時不登校だったんです。

ただ親には学校に行かないならせめて好きな教科の教科書を読みなさいと言われ僕はずっと地理の教科書を読んでいました。

その中でも特にお気に入りだったのが東南アジアのページです。

その後高校に入り、3年生の時に初めてフィリピンに留学する機会がありました。

初めてフィリピンに到着し、いつも教科書で見ていたあの景色を目にした時の感動は今でも覚えています。

ーー初めてのフィリピンでは何かカルチャーショックなどはありましたか?

いい意味で驚くことはありました。

フィリピンに行く前に不安に思っていた事が不登校だったという過去なのですが、フィリピンで出会った人たちは誰もそんな事を気にはしません。

みんな幸せそうで他人の過去なんて気にしない、そんな雰囲気が僕にとってはとても心地よかったです。

この時「周りを気にして引きこもっていたあの頃の自分はなんだったんだ、世界に飛び出したらそんなもの関係ない」

と気づき、すぐに海外の魅力に引き込まれていきました。

この体験がきっかけとなり高校3年生の夏終わりというギリギリの時期に地元で留学率No1の大学へ進学する事も決めました。

 

海外インターンシップの決め手はフィリピン留学で出会ったニルスの先生たちだった

初めてのニルス留学で参加したボランティア

ーー留学や旅行などに積極的な生活をする中で今回はなぜインターンシップを選んだのですか?

一番のきっかけは留学斡旋会社で働いている海外経験豊富なおじの存在です。

おじと海外生活の話をしている時にフィリピンなら安くインターンシップができるという事を聞き、フィリピンでのインターンシップに興味を持ちはじめました。

そんな時にセブ島に旅行で訪れる機会があり、大学1年生の時にニルスで留学した時に出会ったバン先生にインターンの事を聞きました。

ニルスでは0円でインターンシップができるという事とすでに仲の良い先生がたくさんいるという事もありすぐにインターンシップに申し込む事を決めました。

ーーインターンシップは半年間とお伺いしましたが大学の授業はどうされてますか?

ニルスのインターンシップは大学のプログラムではないので通常はインターンシップ参加のために休学せざるを得ません。

しかし大学側に交渉したところ特別に月2回のレポート提出、TOEICスコアアップなどを条件に半年のインターンシップが終わったら単位がもらえる事になり、休学せずにインターンシップに参加できる事になりました。

快く「行っておいで」と背中を押してくれた教授の方々には感謝しています。

 

海外インターンシップの仕事は大変だけどやりがいも十分

教室でのアナウンス業務の様子

ーー自分から行動して獲得した海外インターンシップだったんですね。インターン生として仕事は何をされてるんですか?

僕は主に生徒さんと講師を繋ぐパイプ役の教室スタッフとして働いています。

生徒さんは英語に慣れるために留学に来ていてまだうまく先生とコミュニケーションが取れない時があります。

そんな時に僕が間に入り、悩みや相談内容を翻訳し講師と共に生徒さんの悩みを解決しています。

他にも教室でのアナウンス業務や生徒さんのピックアップ業務などもやっています。

仕事自体は忙しいですがやりがいがあり、僕の業務は英語を話す機会も多くあるので英語力アップにもつながります

ーー英語を伸ばしたい岡本さんにはぴったりの仕事内容ですね。

はい。それと日々の業務とは関係ないのですが、セブ島のツアーガイドもやった事があります。

これはもともとニルスの社員さんがツアーガイドを探していて、たまたま英語が話せて現地に詳しい僕がやる事になりました。

ガイドの経験はなかったのですが、自分がオススメする場所に連れて行って感動してくれるとやっぱり嬉しいですね。

その時のお客さんは「また来るね」と言って帰られたので満足していただけたと思います。

これもなかなか普段体験する事のできない貴重な経験でしたね。

ーー英語の授業はどうですか?渡航前と比べて変わりましたか?

インターン生は4コマ英語クラスがあるのですが、僕の場合は文法、ボキャブラリー×2TOEIC4つを取っています。

先ほども言いましたが、仕事柄講師たちと英語でやりとりをする機会が多いのですが、どうしても言いたい単語が出てこない事があります。

そういった事がないようにボキャブラリーの授業を2つ取っています。

TOEICに関してはリスニングはいい感じで伸びてきているので、今はリーディングを強化してスコアアップを目指しています。

基本的には苦手な科目を克服できるように授業を組んでいます。

 

教室の外でこそフィリピンを感じられる

フィリピン人の友人達が日本まで遊びに来てくれた時の様子

ーー平日は忙しい毎日を送っていますが、休みの日は何をされてますか?

休みの日は基本的に現地の友人と遊ぶ事が多いですね。

今週末はフィリピン人の友達とインスタ映えスポットを巡るツアーに参加する予定です。

僕は半年という限られた時間でどれだけ英語を話せるかという事を常に考えていて、英語が伸びる理由は教室外でどれだけ英語を話すかだと思っています。

このような理由もあり休みの日にはなるべく日本人だけで固まらないようにしています。

過去にはフィリピン人の友人達が日本に遊びにきてくれたこともあります。

どうやって現地の友人が作ればいいかわからない人はHello Talkなどのお互いの言語を学びたい人を繋げるアプリを利用するのも一つの手段です。

ーー すでに色々な場所へ出かけてるんですね。セブ島でどこかオススメの場所はありますか?

はい。最近ではマッサージにハマっているので、一人でマッサージを受けに行くこともよくあります。

特に僕のお気に入りの場所はフィリピン人の友人に紹介してもらったAloha Mana Spa&Cafe

ここではたったの450ペソ(約900)でマッサージが受けられるだけでなく、5回行ったら20%オフ、10回で無料になります!

オーナーも優しくwi-fiもあるのでとてもオススメです。

 

岡本さんオススメのAloha Mana Spa&Cafeはこちら↓

 

 

将来的には海外での就職にも興味があります

ーー半年感のインターンシップが終わった後に何かやりたい事はありますか?

インターンシップが終わったら大学に戻るので、まずはTOEICのスコアアップと大学卒業がインターンシップ直後の目標です。

ただ大学卒業後には外資系企業、フィリピンにある日系起業、海外での就職、特にフィリピン以外だと一度留学に行った事があるオーストラリアでの就職にも興味があります。

僕の大学では卒業後にオーストラリア就職した前例はないので僕が第一人者になってやろうと密かに目論んでいます笑。

ーー最後に留学に迷っている人へアドバイスをお願いします。

まずは自分でなんでもやってみる事が大事だと思います。

僕も最初は荷物の準備すら親に手伝ってもらいましたが今では当たり前のように自分で飛行機のチケットを取り、全ての手続きを自分でやっています。

英語に関してはisとamの区別すらわからなかったのに今ではフィリピンで現地の友人と遊びに行けるようにもなりました。

それともう一つ、留学する上で何か目標を持つ事が大切だと思います。

ただ英語を勉強したいだけだと漠然としすぎてるので、海外で友達を作りたいとか海外で起業したいとかとにかくなんでもいいので目標を持つと英語の伸びも早いと思います。

僕の場合は好きな子と同じ英語のクラスになりたくてがむしゃらに英語を勉強しました。

今では僕の方が高いレベルのクラスにいます笑。

ーー勉強のモチベーションって人それぞれありますよね笑。

そうなんです。英語を勉強する理由なんて本当になんでもいいんです笑。

繰り返しになりますが、最初は何もかも不安だと思いますがまずは自分でなんでもやってみてください。

挑戦を繰り返すうちに必ずできるようになります。

 

 

 

岡本さんの体験談はいかがだったでしょうか?

今は何もできない状態だったとしても諦めずに行動し続ければ必ずできるようになるという事を岡本さんが身をもって教えてくれています。

ニルスでは「とにかく行動する」というそんな方をいつでも応援しています。

お困りの事や聞きたい事がありましたら些細な事でも構いませんので是非ニルスにご相談ください!

 

 

過去のインターン生インタビュー記事はこちら↓

 

 

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称