【体験談】女子大生がフィリピン・セブ島で0円留学に挑戦した理由

2020.01.15
  • Twitter
  • Facebook
  • line

大学を休学して留学に行く事を悩んでいる

海外でのインターンをしてみたい

学生時代に何か将来に活かせる経験を積みたい

今回の記事では、主に上記に当てはまる方にピッタリの記事です。

インタビューを受けてくれたKさんも、以前はなんとなく大学生活を過ごしていた学生の1人でした。
そんな彼女が0円留学を経て得たものとは?

体験者プロフィール

名前:Kさん

年齢:20代

職業:大学生

受講概要

プラン:インターンシップ0円留学 

クラス数:マンツーマンクラス50分×4コマ

期間:6ヵ月(24週間)

宿泊施設:クラシックキャンパス(4人部屋)

語学学校インターン0円留学プランとは?

語学学校インターン0円留学プランとは、1日6時間の語学学校運営の手伝いをしていただく代わり に、留学中のフリーレッスン・宿泊費・平日朝晩の食費を0円で提供するプランです。

フリー レッスンは英語を1日4コマ受講できる英語コースか、IT講義を1日3コマと英語を1日1コマ受 講できるITコースの2コースの中から、希望のコースを選ぶことができます。

「留学したい、時間はある、でもお金がない!」という学生さん、社会人の方にオススメのプラン です。ニルスインターン生として社会経験を積むことができる上、海外での実務経験と英語力、IT スキルは就職・転職にも役立ちます。

ニルスの0円留学について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

※期間は半年間プランのみご用意しています。

※別途、入学金15,000円・海外送金代行手数料2,000円が掛かります。

※渡航費、ビザ代金、SSP(就学許可証)、現地滞在費等の料金は個人負担です。

 

セブ島0円留学に挑戦した理由

【体験談】女子大生がフィリピン・セブ島で0円留学に挑戦した理由

0円インターンシップ留学に挑戦したKさん

もったいない事はしないモットー

ーーどうしてニルスの0円留学に挑戦しようと思ったんですか?

事情があって大学を休学しなきゃいけなくて、時間がたまたま出来てしまったんです。
一年の休学期間に何も成長できないようなもったいない事はしたくないって思っていた時に、たまたま0円留学を見つけたんです。
大学生で海外インターンシップを半年間経験している人って自分の周りにはいなくて、人と違う事がしてみたかったんです。

フィリピンは物価が安いし、大学生の自分でも留学資金を賄えると思ったので迷いも全く無くって。

家族もやりたい事があるなら行きなさいって背中を押してくれたので、即決でした。
人っていつ死ぬかわからないし、やりたい事を後回しにするなんてもったいないじゃないですか。

常に今を大切に生きる事をモットーにしています。

※0円留学についての詳細はこちら!

ーー素敵なモットーですね。留学前はどんな目標を掲げていたんですか?

大学では何も考えず過ごしていた典型的な意識の低い学生で、その頃から色々中途半端な自分が本当に嫌だったんです。
今後の人生を考えた時に、自信を持って言える経験や特技を見つけたくて。

オフィスワークを経験する事はもちろん、英語が話せるようになる事は大前提でした。

挑戦する方が自分の人生には絶対良いし、勇気だして来て本当に良かったです。

 

フィリピン人講師ととにかく話す!

【体験談】女子大生がフィリピン・セブ島で0円留学に挑戦した理由

インターンシップ生もクラスは全てマンツーマンクラスです

日本人が英語を話せない理由

ーー留学に来る前の英語力はどれくらいでしたか?

TOEICの勉強をしていたので、読み書きは出来たんですけど全く話せなくて。
海外旅行に行った時に、簡単な英語でさえも返せなかったんです。
空港での出国手続きや、ホテルのチェックインで何度も聞き返したりして、英語が出来ない自分がとっても恥ずかしかったです。

これから絶対英語が必要な時代になるのに、話せないなんてやばいなって焦りを感じました。
今までスピーキングの練習を怠っていたので、まずはそこから始めようと思いました。

ーーニルスのクラスではどの科目を取っているんですか?

文法とボキャブラリーを2つ、それからリスニングのクラスを取っていました。
でもクラス中はマンツーマンクラスなので、沢山話す事ができます。

日本にいた時は英語の勉強をしても、活用する場がないのですぐに忘れてしまうんです。
だから上達している感覚がわからなくて。
日本で勉強しても、使わないと話せるようにはならないですよね。

フィリピンに来て、30分毎日単語帳を見ているんですけど、会話の中での語彙数が増えたんです。
昨日覚えた単語を、次の日には会話の中で活用できる感覚が新鮮で。
どんどんインプットとアウトプットを繰り返して、英語が上達していくのを肌で感じる事が出来ました。

3ヶ月で日常英会話マスター

ーーしっかり自習されていて素晴らしいですね。他に上達したなと思うポイントはありますか?

前よりリスニングが出来るようになりました。
リスニングって凄く大事なんですよね。まず聞き取れなきゃ、話す事も出来ないじゃないですか。

初めはフィリピン人講師の言っていることが全然わからなかったんですけど、3ヶ月目が過ぎた時、こんなに聞き取れるようになったんだってとにかく感動したんです。
店員さんや、周りのフィリピン人の会話が聞こえてきた時、どんな話をしているのかわかるようになったんです。

やっぱりどれだけ単語を知っていてもそれを使えなきゃ意味ないし、読み書きより聞く話すが大事だなと思いました。

 

ーーおっしゃる通りです。勉強法などあれば教えて頂けますか?

スピーキングって、準備が凄く大事だと思うんです。
いつも日本語で話してる言葉を英語で調べてみて、それを常にメモ帳に入れておくんです。
すごい!って言いたいときに”Awesome!”とか、その通りだね!は”Exactly!”とか、反応する言葉のストックを沢山持っておくと会話が凄くスムーズになります。

やっぱり会話は人と人とのコミュニケーションなので、相手が話してくれた言葉に反応できる力は最低限必要だと思ったんです。
さすがに反応する英語も知らなかったら講師も困っちゃいますよね。

それからはどんどん話せるフレーズや単語を増やしていって、自分で考えて会話をしていく道を見つけられたので良かったです。

将来の為のインターンシップ経験

【体験談】女子大生がフィリピン・セブ島で0円留学に挑戦した理由

普段はパソコンを使って仕事をしています

女子大生がオフィスワークに挑戦!

ーーインターンシップのお仕事はいかがですか?

充実しています。就職活動に役立つ経験が出来ればいいと思ってきたんですけど、期待以上でした。
自分がいる部署は大学生が多くて、失敗しても良いというか、それも経験だと言ってもらえる環境です。

自分は入金関係や請求書の作成、航空券の依頼や保険の依頼、メールの返信作業などニルスに渡航が決まった方の手配関係を担当しています。

お客様に一番に関わるお仕事なので、責任を持って取り組んでいます。

初めてのビジネス敬語

ーー色んな業務を任されているんですね。特に大変だった事はありますか?

社会に出て働く事がまず初めてだったので、ビジネス敬語が全く分からなくて大変でした。
謙譲語と丁寧語の違いもわからないところからのスタートだったので、周りの方には沢山迷惑をかけてしまって。

でも敬語も慣れてしまえば使えるようになりますし、今後の人生にも活かせる経験になりました。
出来ない事が出来るになる成功体験があると、自己肯定感も上がると思うんですよね。
オフィスワークを経験することによって、自分自身の自信にも凄く繋がりました。

やりがいは上司からのありがとう

ーーでは、逆に仕事中に嬉しかった事はありましたか?

私の仕事は基本お客様のお顔が見えないので、地道な作業というか目に見えて成果がわかりやすい部署ではないんです。

ただその分、上司に褒められた時は凄く嬉しいです。
やっぱり一番身近にいる人に褒められるって凄く誇らしい気持ちになるし、認められた気持ちになりますよね。

やりがいにもつながるし、いい上司に恵まれたなって思っています。

将来の夢はキャリアウーマン!

0円留学はお金持ちになるための挑戦

ーーでは、将来の目標などあれば教えてください。

実は、めちゃくちゃお金持ちになりたいなって思ってて(笑)。
自分でお金を稼げるキャリアウーマンになりたいと思っています。
その為にできるだけ確率をあげる努力をする時期だと今は考えていて。

だから海外インターンシップにも挑戦したし、TOEICもまずは700点以上を目指して勉強中です。
就職活動の為に努力する時期が終わったら、次はキャリア形成に力を入れていきたいです。

とりあえず20歳は0円留学に来てインターンシップに挑戦ができたので、21歳では違う国に留学に行きたいと考えています。
自分の中の世界をとにかく広げて、視野の広いカッコいい女性になりたいです。

0円留学を悩んでいる方へアドバイス

今すぐ来て!

ーー最後に、0円留学に行くか悩んでいる方にアドバイスをお願いします。

なかなか勇気が出ないかもしれないんですけど、とくに学生さんに来てほしいなって思います。
仕事は大変だとは思いますが、結局何事も慣れだし努力したら絶対できるようになります。
学べる事も沢山あるし、特に将来について悩んでいる学生にはぜひ挑戦してほしいんです。

社会人経験が出来るだけじゃなくて、英語もしっかり勉強できて0円なんですよ。(※授業料、宿泊費と平日朝晩の食費が0円)
損が無さ過ぎてもう早くみんな来てほしいって思います(笑)。

0円留学のシステムには本当に感謝しているし、若い人には特に活用してほしい場だなって思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

向上心があって常に前向きなKさん。
謙虚で柔和な雰囲気とは裏腹に、芯のある明確な人生のビジョンを0円留学中に固めていらっしゃいました。

大学を休学することは凄く勇気がいることかもしれませんが、休学期間中に自分の人生について考える機会や経験を積む事が出来ます。

留学に行くか悩んでいる皆様も、フィリピン・セブ島で素敵な経験をしてみませんか?

その他の0円留学体験談記事はこちら↓

 

  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧

フィリピン教育機関TESDAの認定校
TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称