お申込書のダウンロードはこちら!

お申し込み書 参加条件書 親権者同意書

1ヶ月のフィリピン留学って効果はあるの?体験談を元に検証!

公開日:2020.02.18   更新日:2020.03.31
カテゴリ:英語の習得
タグ: /
  • Twitter
  • Facebook
  • line

こんにちは語学学校NILS(ニルス)です!

最近若者の海外離れがたびたび話題になりますが実は語学留学やワーキングホリデーに行く若者の数は毎年増加傾向だということを知っていましたか?

そんなこともあり、大学生の方は夏休みなどの長期休暇で留学を検討されている方も多いのではないでしょうか?

しかし、1ヶ月とはいえ高い費用と時間を使って留学に行くのだから簡単には決断できないですよね。

そして渡航前に一番気になることが

たった1ヶ月の留学で効果はあるのかということだと思います。

そこで今回の記事では自分も含めた留学体験者の実際の声を元に「1ヶ月の留学の効果はあるのか」というテーマに対するみんなの意見をまとめてみました!

留学に行こうか悩んでる方はぜひ参考にしてみてください。

 

結論:1ヶ月の留学で英語はペラペラにはならないが、英語に慣れることは可能

実際に1ヶ月留学をした人の話を聞いてほとんどの人が口を揃えて言うことがあります。

それは「満足するレベルの英語力は手に入れられなかった」ということです。

しかし、悲観することはありません。

赤ちゃんが言語を習得するのに何ヶ月もかかるように、大人がもっと時間を必要とするのは当たり前のことです。

最初に多くの人が満足していないと言いましたが、それと同時に英語力の向上を感じたと言っていることも事実です。

そしてこの「英語力の向上を感じた」という経験をきっかけに英語学習に対するモチベーションが上がった生徒もたくさんいます。

1ヶ月という短い期間で考えると、目標の英語力までは届かなかったという方が多いですが、

英語学習を長期的な目で考えたときに1ヶ月の留学は大いに効果があると多くの人が答えています。

 

1ヶ月の留学ではリスニングとスピーキングを伸ばそう!

1ヶ月という短い留学期間で少しでも英語力を伸ばしたい方は留学先で伸ばしやすいスキルを重点的に勉強しましょう。

そのスキルというのがリスニングスピーキングです。

留学生活のように1日の生活のほとんどで英語を使う機会は日本にいるとなかなか手に入れられません。

そんな環境があるのに机に向かってずっと勉強をしているのは勿体無いです。

留学をしたらまず話すことに重点を置いて過ごしてみましょう。

意識してたくさん話すようにしているとそれに伴ってリスニング力もついてきます。

 

留学の効果をあげるためにやってはいけないたった1つのこと

1ヶ月の留学の効果を最大限に大きくするためにやってはいけないことが日本人だけで固まることです。

留学をして英語が伸びなかった人達は日本人で固まっていたというパターンがとても多いです。

どんなに学校で英語を勉強してもそれ以外の時間に日本語をしゃべってたら留学の効果は薄れてしまいます。

ただ、日本人の友達を作らないというのはせっかく留学に来たのに少し寂しいような気がしますよね。

留学に来るような人は同じような価値観を持っているのですぐに打ち解けやすく仲良くなる可能性が高いです。

日本語を話す機会を減らすためには、他の国籍の生徒とも仲良くなり、自然と英語を話さなければならない環境を作るようにするといいでしょう。

1ヶ月の留学で英語を伸ばすための3つのコツ

①渡航前に事前学習しておく

留学の前に日本で勉強しておくことは1ヶ月の留学で効果が出るかにおいて1番重要です。

もし渡航前に勉強をしておかないと渡航先で日本でもできるような文法や単語の勉強をする羽目になります。

逆に、留学する前に基本的な文法と単語の勉強をしておけば渡航先でしっかりアウトプットに集中することができます。

渡航前にしっかり基礎の勉強をするかしないかで留学の成果が変わってくると言っても過言ではありません。

 

留学前の事前学習にはNILSの無料スカイプレッスンがオススメです!

 

②ミスを怖がらない

英語を始めたばかりの頃は誰でも間違うことを恐れてなかなか上手く喋れないと思います。

ましてや「失敗=悪」という文化が強い日本で過ごしているとミスを犯すのが怖いと感じるのも無理はありません。

でもフィリピンではそんなことはありません。

彼らも英語を第2言語として習得しているので英語を勉強している人の気持ちを理解してくれます。

恥ずかしがって黙っているだけではいつまでたっても英語を話せるようにはなりません。

留学をしたら間違いを気にせず、ミスを恐れずにどんどん話していきましょう。

最初から完璧に英語を話せる人はいません。

 

③渡航中は英語しか話さないつもりで過ごす

まず前提として言葉は使わなければ話せるようにはなりません。

日頃から日本語を話さないつもりで生活してみましょう。

スマホの設定を英語に変えてみたり、日本語でYoutubeを見るのをやめてみるのもいいかもしれません。

もし渡航期間中英語だけで過ごせば、1ヶ月後には「知らないうちに結構話せるようになってる!」となること間違いなしです。

 

まとめ 1ヶ月の留学の効果はあなた次第!

最初にも言いましたが、しっかりと勉強すれば1ヶ月の留学でも効果を感じることはできます

しかし、あまり効果がなかったという人が0ではないのも事実です。

結局はやったかやらないかで1ヶ月の留学の結果は変わってきます。

どれだけ効果を感じられるかは自分次第でいくらでも変わってくるので、この記事を参考にして後悔のない留学生活を送ってみてください。

 

 

最後にNILSで実際に短期留学されていた方々の体験談を紹介します!

 

1ヵ月の留学を経験して「もっと英語を勉強したい!」と思えるようになった北野さんの体験談は必見!

 

1日10時間授業というハードなスケジュールをこなしていた宮崎さんはなんと2日で耳が慣れてきたそうです!(笑)

 

OJT(職業体験)でホテルのお仕事に挑戦された森山さんは留学当初には聞き取れなかった英語が3週間後にはほとんど聞き取れるようになり、話す力がどんどん付いているのも実感できたとお話しされています。

カテゴリ:英語の習得
  • Twitter
  • Facebook
  • line

新着記事

カテゴリ一覧

タグ一覧